生存確認用ページ

旧称:闘病日記 ( いや今もじゅうぶん心身ともに病気なんだが社会復帰の準備中 また遠のいた気がする 気がするじゃなくて本当に遠のいた)

2009年09月16日 移設。
随時更新。過去の内容は思いついた時に黒歴史化。

コラムへ 修行ページへ トップページへ

※新しいエントリは下にぶら下がります。過去ログは「このページ、でかくなったなー」と思ったら適当に倉庫にぶち込みます。
Old contents exists under "log file warehouse". See this page's last.

※基本的には独り言ですが、twitter(@diagraph01)は 消極的使い方しかしない ほとんど使っていない のでここで書きます。いないとは思いますが、気になるっつー方はweb更新チェックツールか何か使って下さい。

(最新のページというかページの終わり付近への移動はこちらをクリックして下さい(半分は俺用。俺用リンク .

2017.01.06 - 風邪気味 → 悪化 → 風邪気味 ←いまここ

01.01~01.03ぐらい

 三が日ぐらいはきっちり休もうという名目の下、Watch_Dogs2の元を取るべく日本語版のエンディングを見て「えっこれで終わりなの」とびっくりしました。平たく言うと、感情を揺さぶられるようなシーンがありませんでした。具体的に書きたいところですが、絶対にネタバレになるので書きません。ただ、前作でもキーマンだった年配(*1)のサイバーテロリスト、レイモンド・ケニーことTボーンは健在でした。

*1 前作やセリフの断片を振り返る限りでは、年齢層が俺と同じぐらいのはず。ベトナム戦争に反対していたヒッピーほどには歳をとっておらず、VisualBasicやウェブ系の言語が少々使えるぐらいでプログラマを自称するほど若くもなければ莫迦でもない、という歳。

 前作の主人公の動機は、私憤と(自前の)正義感、Vigilante ビジランテでした。日本語に該当する単語がないので強いて言うなら「自警団(員・長)」ぐらいになるでしょうか。ただし一匹狼を貫き通して、必要な時だけ Fixer フィクサーを雇うという点では、筋だけは通っていたと言えます。ストーリーだけで何人殺したんだか分かりませんが、筋を通さず自分の信念で殺しまくったのなら、サイコパス(正確にはソシオパス)と何ら変わりありません。

 しかし、本作のマーカス君は基本的にノリで行動しており、そのノリがヘリウムぐらい軽く、少なくともその立ち位置に共感するといったこと自体がそもそも無理です。公の正義感にとらわれずにシステムを壊して回る「クラッカー」と 表面上は (ここは非常に重要なので強調しておいた)あまり差がありません。警備員に何のためらいもなく銃をぶっ放すとなれば、もう単なる犯罪者です。

 さらに言えば、前作だと悪名ポイント制度がありました。市民にとって良いことをするとビジランテ評価になり、悪いこと(意味のない、あるいは過剰な殺傷など)を行うと厄介者評価になります。私は本当にGTAシリーズを買ってもおらず遊んでもおらず、この先も遊ぶつもりは一切ないのですが、GTA気分でプレイした場合、あっという間に厄介者になれるはずです。

 しかし本作には、その評価基準がなくなり、代わりにフォロワー数を競うようになりました。前作のように「市民にとって悪いこと」をしても、別段フォロワー数が減る訳ではありません。なので暴れたい放題暴れることが(少なくともシステム上は)できます。この点は重大なので、UBIに対して星一つ引かせていただきたいと思います。ま、本当に暴れたら重装備の警察官がわらわらやってきて、更にオンライン侵入をオンにしていたらバウンティ・ハンター(賞金稼ぎ Bounty hunter)がやって来て警察と共闘する、といった具合に、ミッションを進めるどころの騒ぎではなくなります。

 おとなしくプレイしていると、coopでミッションを双方ともに敢えて何も選ばないということもできます。この場合は単にデジタル・ミニ・サンフランシスコを観光して回ることも(相手次第で)できます。残念ながら、まだそういう相手には出会っていませんが、誰か初心者がフレンドになれば、観光案内をすることすら可能です、っていうかしたいんですけど相手がいない。

 いかん、純粋なゲームのレビューになりつつある。本当はまず英語版で始めました。で、まず主人公が早口な上、ラップを歌うかのようにリズミカルにしゃべるので、聴き取りが難しい。なので話の本筋を押さえるため、日本語版でシナリオのエンディングを見ることを目標にしました。これを、記憶が正しければ1月2日の早い段階で達成。

 次に、英語字幕付きの英語版で始めました。日本語版のセーブポイント塗りつぶしは(前作同様)非常に痛いものがありましたが、そう思っていたらセーブスロットに相当するものが別にあるじゃないですか。なので英語版で再プレイ。いちど通った道な上、色々な操作にも慣れたので、かなりスムースに遊ぶことができました。

01.04~01.05ぐらい

 でプレイ中は良いんですが、プレイを休んでご飯を食べたり、ほか必要なことをしていると、頭痛が酷くなってきました。01.05が最高潮でした。塗るタイプのサロンパス的なものも、効果が限定的になっていたぐらいです(痛みの原因の1/4ぐらいはカフェイン切れでしたが)。で01.05は間違い電話で起こされたので、そのまま薬局に行き、風邪薬も含めて必要なものを買い直しました。

 あまり汚いことを書きたくないんですが、まあ数年前にそういうことを書かざるを得ない事態にしてくれたド阿呆もいたので良いかー。新しく飲み始めた薬の副作用として、詰まり気味を通り越して完全に詰まっていました。これが結構深刻な事態で、無理に食べるとリバースするという、普通に生活するのが難しい状況になっていました。01.05の夜になって、流れなくて焦るぐらい出てしまい、これは解消されました(*2)。そうすると今度は、遠き雷鳴に似ていなくもない音と共にゆるめのものが止まらないという、極端に逆の現象が発生してしまって困っておりました。

*2 詰まったまま過ごすと最悪の場合は死ぬけど、この件で検索すると極めてグロいものがヒットするので(google検索でセーフサーチがoffになっている場合の話)、しない方がいい。

 これで01.05の夜はほとんど潰れた形になりました。要するに、去年から体調がぶち崩れたままなのが、ほとんど立と直せていないままの状態です。こういう時はPCに向かっても効率云々以前の話になってしまうので、読書しているほかありません。古書店で買ってきたバックナンバー等の読み込みをして、海上自衛隊と海上保安庁が保有する艦艇および船舶についての理解を新たにしていました。あとソ連時代のロシアの艦艇についても。こちらはこちらで興味深いですな、なんならソブレメンヌイII型とか中国が中古で買ったりしているので、理解を深めても損をすることは全くありません。3Dモデルにするかどうかは全く別の話ですが。

01.06ぐらい

 12月29日のお昼過ぎぐらいまでやっていた隣の建築作業が、早くも今日から再開されて起こされた形になりました。「もう少し休んでくれてもいいのに」と思っていたらドアチャイム。「他の月は良いんですが10月分のガス代が未済みです」と集金にお出で頂きました。本当にすみませんでした。無事支払い終えて、エンドロールで気になったフランス系の人の人名について色々調べて(*3)ある程度納得してから、ウェブサイトの再編を進めようと軟弱ツール(hpb20)を開いて、現在に至るという状況です。

*3 英語で検索してしまったけど、たぶん正確なところを調べるにはフランス語で検索した方が良いのであろう。でもフランス語は基本的に挨拶以外わからん。

 スマホ対応もしてないけれども、少なくとも容量上は問題がなくなったので、その作業も着手したいのですが、少ないなどとは口が裂けても言えないページ数があります。要するに手数がかかります。気が遠くなりそうなので延期することにしても、刷新は放置するわけにもいきません。しかし気力が戻らないまま現在に至っています。

 ちゃんと休めたと考えて、3Dモデリングにも戻りたいと考えましたが、インタラプトが入るまで脱線的な作業(具体的には、陸自のある車両のうち難しい部品)の作業で終わりました。このままではまずいという自省の念を込めて、ここまで駄文を書いております。いや言うほど脱線でもないか。

【追記】このページの過去ログ追い出し作業を2四半期ぶん実施しました。これも結構面倒くさい作業ではあります。

2017.01.06その2 - ウソだろお前

 さきほど見てしまったところによると、BF1が日本円で4,600円(私はインサイダーなので他の人も同じ価格で手に入るか分かりません)。こうなると分かっていれば予算の配分も少しは考えたのだけれども。ただ、買ってしまったら時間がゴリゴリ削られるのも間違いないので、「いま」買わなくても良かったのかもしれない。それにしても2016年クリスマス商戦は本当にビッグタイトルの潰し合いになってしまい、大手パブリッシャーですら焦りが見え隠れしているように見えるのは気のせいだろうか。

 CoD:IWは通常価格でご奉仕だが、steamのフレンドのうち一人が買ってしまった模様、しかし1月3日だか4日だかまでの総プレイ時間が6時間、今までの総プレイ時間が計8.7時間というのを見ても、内容がどうだったか窺い知れる。どっぷりハマっていたら、そんな時間数では済まないはずだ。レビューを斜め読みした限りでは (1) 既に過疎っている (2) TDM(チームデスマッチ)以外がマッチングしない (3) 少なくとも3人が返金申請している という惨状で、穏やかに言っても酷評だった。

 TDMは部屋に入ったら紅白に分けられ、時間が来るかチケットがなくなるかするまでひたすら相手チームの誰かを殺すという、脳細胞がそれほどなくても遊べるルール。陣取り合戦ですらなく、占拠するとリスポーン位置が変わる仕様だったと思うが、それ故に逆ギレする奴も出るぐらい。もう、こうなると理解不能としか言いようがない。陣取りの系統なら、陣の裏で火力のある人(例えばLMG)が制圧ないし抑止してくれると非常に良いし、罠をしかけておく、定番ルートにマークスマン・ロールな奴(精度と威力が高いがリロードが遅い、など)がアンブッシュをかける、等々、色々と工夫したら勝てる率が上がる。しかし、それも嫌だという奴がいるようだ。まあ、勝手にしたら良いんじゃないだろうか。決して感心はしないが。

2017.01.08 - よし切り替えていこう。いや本当に

 昨日今日の話ではなく、ここ数年のことだけれども、本当に睡眠サイクルの崩れが酷い。記録シートをスキャンして晒したいぐらいなのだが、流石にこれを不特定第三者に晒すのは不味かろう。医師によると、5分刻みで睡眠の状態を記録(*1)する奴は他にいないらしい。とにかく7日は、起きていたのが合計8時間ぐらい、あとは睡眠状態か横になって読書していた時間という惨状で、生産性のあることは全くできなかった。我ながら本当に厄介だと思う。決して、なりたくて病気になっている訳ではないのだが。

*1 あくまで自己申告だし、「自分がいつ寝たか」なんて、専用の装置でもなきゃ自分でビデオ撮影でもしていない限り知る由はないのだが、そこは「だいたい」で良い。この点においても、仮に徹底した厳密主義を貫くと、余計な手間だけ増えて本来の目的を見失う。何もいいことはない。

 偶然にもほどがあるきっかけで、Civ6が出ていたことを知った次第。発売日を見たら、やっぱり2016年クリスマス商戦にぶつかっている。基本的なユーザー層は違うと思うけど、「ビッグタイトルの潰し合い」というのは思い過ごしでもなんでもないと実感。Civ5の後の作品(Beyond Earth、宇宙が舞台)は、英語レビューを読んだ限りでは地雷臭がすごかったので買っていない。どのぐらい萎えているかというと、デモ版をダウンロードしたままインストールしていないぐらい。基本的にストラテジー系は、じっくり腰を据えてやる分、時間泥棒の傾向が非常に強いので、いま手を出してしまうと「モデリングしよう」という決意が吹き飛びかねない。あとCiv5が端緒だったように思いますが、発売直後のいまの段階ではバランスがちょっと問題の模様。(Civ5がそうだったように)大型DLCが発売される頃には改善されるであろう、という見方もあるぐらい。

 さて積もっている作業に着手しよう。しかし、どこから手を着けていいものやら。

2017.01.16 - 積もっている作業の解消中

 まだまだ細かい作業が残っていますが、なんとなくE-767に見えなくもないところまで来ました。撮影してきた写真から特徴のいくつかを見いだすのに失敗していることがバレたとはいえ、デルタ1さんと真風さんには感謝しきりです。

【修正】ぼけーっとしていてサムネイルだけ貼っていたので、リンクに修正。

 膨大なチェック作業を、多分ですけど1/3ほど終わらせたので、とりあえず X-Plane 10 でも起動しようかと思います。まあ多分767のコクピットに座るんですけどね、このままだと。

【追記】うち1件は「細かい」作業ではあるものの、見た目が大失敗というもの。ある一方向からしか見ていなかったので自分では気付かなかった訳です。チェックの目は多ければ多いほどいいので、リリース前の検査はあとお二方かお三方ぐらいにお願いしたいところですが、こちらからはお願いしにくいし、さてどうしたものか。

2017.01.20 - モデリングは最後の10%が最難関

 ことMMDモデリングにおいては、メッシュすなわち頂点と面の組み合わせでモノを作ること自体は、恐ろしく手間はかかりますが、別段難しいことではありません。

 いちばん大変なのは、骨を入れて表情を入れて、動作を確認しつつ、材質やテクスチャ(正確にはUV設定)が崩れないか、あるいは表示を崩さないか気をつけることです。工程的にも気力的にも最後の10%になりますが、不思議なことに私の場合、かかる時間は10%どころか90%近くを占めます。

 「UVを最初に決めておいて、作業の間じゅう意識しておけ」というプロの人もいますが、私はぶっちゃけムダだと思っています。だって、どうやったって最後には崩れるんだから、だったらUV設定の手順だけシステマティック気味にしておいて「あたり」を付けておいて、最後にえいやっと片付けてしまうことで、途中のカット&トライの部分を大幅に節約できる気がするからです。どのみち手間はかかるのだから。

 そういう訳でいま七転八倒中です。なお体調は崩れたままです。

2017.01.22 - ちょっと心配でした

 米陸軍が次期拳銃 MHS (Modular Handgun System) をSIG P320にすると選定しましたが、個人的にはセイフティーがオモテに出ていないストライカー式の拳銃を軍制式にする動きについては、一貫して反対の構えです。もっと言えば、ハンマーが見えない拳銃の採用にも反対の構えですが、時代の流れから言うと、そっちは仕方がないのかな、と思います。ただ、ハンマーが見えていないと、なかなか信用する気になれません。

 イギリス陸軍がグロック(Glock 17 Gen 4)を選定した時も「あちゃー、やっちゃったか」と思ったものです。非公式に伝えられるところでは、ブローニング・ハイパワーを廃止する理由の一つに「外部セイフティーがあるから」とあるようで(これ裏を取りたいんですが)、本当であれば「選定責任者バカじゃねえの」と思います。

 と思っていましたが、SIG P320のMHSつまり米軍版、XM17(*1)では、親指で操作できるセイフティーが追加されるとのこと。そうじゃなきゃ教える側も危なくてしょうがないという話になると思います。素人じゃないんですから。

*1 制式の時にはM17になる予定。2018年デリバリ開始

 米陸軍がM9(つまりベレッタ92F)に不満を抱いていたのは
(1) モジュラー式にするには設計が古い
(2) 人間によって手のサイズが違うが、共通に扱えない(大きすぎる)
というものです。M9A1で改善される予定でしたが、結局は選定ということになりました。私は右利き、(日本人としては)手が大きい方だと思いますが、右手の親指でセイフティーを動かすには少し辛いものがあります。

2017.01.25(仮) - PC環境の移転に伴う更新テスト

 ※更新テストです

2017.01.25 - PC復旧で2日潰れた(もう1日潰れる予定)

 HDDがクラッシュしました。ハードウェア的なものではなかったのが救いで、データはサルベージできますし、そもそも3D関連やモデリング資料は別ドライブに分けてありますので被害はなかったんですが(まあ、油断してると、そっちもいつ飛ぶか知れたものじゃないんですが)、システム的なものも含め、いま裏でファイルのコピーが大量に走っています。さすがに年単位とかはありませんが、「2日以上」とかいう項目が少なくとも2つあるので、まあ、時間はかかるんでしょう。しかも頻繁に(しかも超くっだらねえ項目で)「管理者権限が必要です」とか「アクセスが拒否されました」とか表示されて中断してくれやがります。ふだん何の役にも立たないくせに、こんな時だけセキュリティ機能をアピールされても腹が立つだけです。

 いつだったか忘れましたが(ざっと自分が書いたものを読み返してみたものの、特に思い当たることは書いてなかった)、この前 Windows10 の「アニバーサリーなんとか」とかいう巨大なパッチ(確か1608とか言ったと思う バージョン1607)が降ってきて、それが地雷だと知らずにモロに踏みました。スマホで有効な対策がありそうか英語で(←ここ重要)調べて、ありがとうAndroidという感じでした。使っていない機器をばんばん外していったら、プリンタかサウンドカード(SoundBlaster)か箱コンか外付けHDD箱かのどれかが原因だったようです。慌てて旧バージョンに戻し、今のところ1607は踏まないことにしています。

 何がアニバーサリーだったのかよく分かりませんが、まあサウンド回りはそろそろ限界なのかも知れずというのも否めない話です。何しろ2007年製ですから、よく保ったなという感じはしますが、代わりになる製品がない、もう少し言えばフロントに両方のサイズでパネルが出せるサウンドカードが知る限りではコレしかないという点があります。困った話です。いまは諦めて元に戻していますが、特に問題はありません。ただ、1607パッチは敢えて当てていません。

 で、既に慌て済みだったのですが、そちらは半日潰した程度で済み、ちょうど落ちていた時だったので特に慌てもしませんでした。別に「起動しない」ということでもなく、とにかく水玉(か、白玉団子)みたいなものが延々とくるくる回る、というものでした。そうそう、「高速起動」を入れている人は切りましょう。諸悪の根源です。私は不覚にも入れっぱなしでした。それも原因かもしれませんが、もう一度1607を試す気はないです。


 ところが今回の場合、だんだん正常に動く時間が短くなるという、これで慌てるなという方がおかしい壊れ方でした。ハード的に壊れるとこんな感じか、いきなり全部動かなくなるかのどちらかですが、とにかく「これはハード的に逝ったか」と思いました。

 とにかく全体的にトラブルが多すぎます。これなら Windows7 のままで良かったでしょ、なんで電話機からサーバまで統合しようとしたのかな? まるで「戦術用の戦闘機と艦載機と垂直離着陸機をひとまとめにして開発しよう」みたいな乱暴な考え方で、そんなもんプロジェクトが炎上するに決まってますが、コストが浮くと思ったのかな? どっちのケースも却って手間が酷いことになっているように見えますが。

 ぼやいていても仕方が無いので、とうとう超重い腰を上げてクリーンインストールを走らせています。何度でも書きますがバックアップを取っていた自分を偉いと思いました。これがなければ終わってました。いや、バックアップがあってすら一時は「一人で山手線と京浜東北線を最長の時間で停めるにはどう死ねばいいか」と考えてましたので、まあそれぐらい慌てていた訳です。

 なんでしたら数年単位でアクセスしていないファイルどころかツール類もありましたので、この際(年は越してしまったものの)大掃除も悪くない、と思ったのも一因です。趣味や(お手伝い程度の)仕事・お手伝い等で、開発環境やらSDK(ハードウェア関連のものも含む)やら、システムが超重くなっていたことは否定しません。その時は必要だったので自分が悪いとも思っていません。何のためにデスクトップPCを維持しているかという話です。たぶん、今でもその気になればEEPROMからワンチップマイコンまで焼けますが、今はその代わりに3Dモデリングを趣味にしている、というだけの話です。

 いま一番イライラしているのは CTRLキーと CAPSキーを(レジストリを書き換えて)入れ替えても、次の再起動のタイミングで戻ってしまうという点で、セキュリティ的な事なのか何なのかまだ切り分けが出来ていません。常駐型は勘弁被ります。CTRLをそのままにしておく人も多数いるようですが、私としてはゲームで遊ぶ時のキーバインドの兼ね合いがあるので困ります。

 あとは、とにかく時間がひたすらかかる作業の繰り返しです。もう立体把握用のスケールモデル組立が捗ること山のごとしです。「あきづき」が完成してまだ時間が空いてますので、これからSH-60Bの「折り畳み」を1/72で大雑把に再現する作業に入ります。

 ゲームで遊んだりした日にはファイルのコピーが確実に遅くなるので、これも仕方がありません。かといって3D関連の作業を再開できるほど、画面が空いている訳でもなければ環境が復旧している訳でもありません。「非効率な効率厨」を標榜する私としては、今までなかなかプラを切断したりとかいった作業に着手できておりませんでしたが、今日はもうこのために一日中座りっぱなしという不健康極まる状態になること間違いなしです。復旧に必要とはいえ、「113,582件の項目を移動中」とか「24,450件の項目を移動中」とかいう画面を黙って見ているほどアホでもないつもりです。

 しかし、他人様のPC復旧のお手伝いをさんざんしてきた甲斐が、自分にはさほど効かないというのは笑えませんな。いや待て、一歩間違うと詰んでいた手順も結構あるから、そうでもないか。

2017.01.25その2 - いろいろ復旧

 skypeが復旧。 メールアドレス(diagraph01@ab.auone-net.jp)で探して下さい。アカウント名はdiagraph01ではなく、saitamaか何かになっているはずですが、埼玉県民ではありません。

 メタセコが復旧。 ついでに言うとバージョン4も復旧したものの、あまりにもバージョン3(のkeynote)に慣れすぎてバージョン3も復旧させる始末。まあ使い慣れたものが一番ということで

 ただし、まだMMD本体、MMM本体、PMXEditorが復旧していません。色々とライブラリが足りなかったりとかそういうアレです。しかし……「dll地獄」とか言っていた時代から何年経ちましたか。ソフト資産が活きないなら、マイクロソフトを選ぶ理由なんて、罰ゲームじゃなきゃ超マゾヒストぐらいしかないでしょ。ちなみに、私はどっちも嫌です。

2017.01.25その3 - 意外と早く終わりそう

 MMD本体よし。MMM本体よし。Pmxeditorよし。あとSketchupとBlenderも動いている。なんだか早めに終わりそうです。

 まだまだ通しで作業をするところまではいきません。後ろで「あと22万ファイル、2日」みたいな数字のまま変わらないのが怖かったりしますが、捻出したHDDがそこそこ速いやつだったので良しとしましょう。来月に入り次第、本当の代替え品を買ってきて、サブマシンでイメージコピー(HDDをセクタ単位でまるごとコピー)をかけるつもりです。

 まあ、それは後で私が悩めば良い話なので置いとくとしても、さきほどちょっと休憩と思って Steam はともかく Origin を起動したら、BF3が起動しませんでした。ちょっと空母から飛び立って空戦したあと空爆してこようと思ったんですが。きちんとお金を払って、つまり正当な権利を持ってて、でも起動できないというのは寂しいものがあり、検索したところでは「ロケールを英語・北米に書き換えろ」とか(悪いけど、そこまでして動かそうとは思わない)、あとはバイナリを書き換えろとあるのだけど、書き換えたらマルチが遊べなくなるっぽい。売った後のサポートという点ではUBIとどっこいどっこいの酷さだと思います。日本法人にはエンジニアが一人もいないのか? いや本当に冗談じゃないですよ。

 戦闘してる時間は長いものの、セリフ量はさほど多くなかったと記憶しています。なにより、BF3のキャンペーン(シナリオ)は通しでプレイして録画が残っているはずです。なので、あとで俺翻訳の字幕を付けて自分用に投稿するかもしれません。気が向いたらの話ですし、その前にMMDモデルを頒布まで漕ぎ着けたいところ。

2017.01.25その4 - 前言すこし撤回

 冷静に考えたら動画編集と音声編集と音楽編集関連のツールが一切入っていない。この中では動画編集ソフトが一番重い訳ですが、バージョンアップ版なので(費用削減のためには当然の措置ですが)、最初に買ったスタンドアロン版からバージョン3回分(多分2回で済む)のインクリメンタルなインストールになるはずです。他のツールは.net framework 3.5(4.0ではなく)を要求される始末です。dll地獄かと思ったら.net地獄だったでござりますが、一体どうしてくれようと思いながら、それぞれインストールをかけています。

 いやもうファイルコピーとインストールの連続で、HDDのアクセスランプが点きっぱなしで心臓に悪いったらありゃしません。デパスを全部飲んでしまったので、化学的な逃げも打てません。まいった。

2017.01.25その5 あけて 2017.01.26 - hell over the hell

 待っていても仕方ないかなあと思っていましたが、割とどうしようもない脳みそ連続稼働が続いたせいか、落ちていました。意識が。無理もないです、手元の記録によれば22時間ぶっ続けです。

 そうしたら、超くっだらねえ理由で、一つのファイルコピーが停まってました。正確には、3つのシンボリックリンクなファイルがコピーできなくて停まってました。具体的には java.exe と javaw.exe と javaws.exe です。迷わずゴミ箱に放り込みましたが、何がどうするとこうなるか理解できない人は絶対に真似しないで下さい。私は「必要なファイルの拾い出し」が目的なので、これ要らないと判断しただけです。

 逆に言えば、パソコンが本当にパーソナルなコンピュータとして発売されだした時節から、具体的にはコマンドラインの頃どころかMS-DOS以前、BASICとマシン語しかなかった時代から触っている訳で、知りませんでは通用しない訳です。フロッピーなんて超高級品はドライブが16万とか20万(円)とかザラで、記録媒体はカセットテープ。そういう頃です。

 その時代を知っているからこそ言いますが、いま現在は未来にいる訳で、こんなゴミみたいな未来が来るとは当時は露ほども思っていませんでした。一体どれだけのクソみたいなコードが、一体どれだけの時間と電力と人的労力を無駄にしているのか、考えるだけでくらくらしてきます。java なんざ、個人的には私のいうクソの筆頭にして良いと思ってます。根拠はありますが、説明を始めると1日じゃ終わらないので止めておきますが、短く言えばポインタが理解できない人向けに「ポインタを理解しなくてもプログラムが組めるように あ、これやっぱり短くならねえ

2017.01.26その2だと思う - 思ったより疲れている模様

 大量のファイルコピーとツールやアプリ、ソフト類の逐次復旧は、やはり時間だけかかって仕方がなく、1/72のSH-60のテール折り畳みを写真見ながら作業しようと思ってもレスポンスの関係でなかなかうまくいかなかったりという状態が続いておりました、が。

 さんざん書いたWindows10のアニバーサリーなんとか、バージョン1607ですね。間違えて書いていたので、混乱を防ぐため、上のいくつかの箇所を修正しておきます。うん、やっぱり思ったよりは疲れているな。

 Windows10の評判というキーワードでこんな辺鄙なところに来た方も1名いらっしゃるようなので書いておきます。1607を当てる時、あるいは、大きな『バージョンアップ』とかその類、まあ名前はなんでも良いですが、解決することよりも発生する問題の方が深刻です。世界中で起きているので間違いありません。買ったらWindows10だったという人も多いでしょう(いま店でメーカー製PCを買うと、嫌でもこうなっているはず)、であれば1607は待った方がいいです。もし入れざるを得ないのなら、次のことは最低限やっておいて下さい。

(1) システムのイメージコピーを作る。Windows10にはWindows7のバックアップ機能が残っていますが、それを使って別のHDDにコピーを作るのが理想的です。
(2) 必要なファイルは、上記とは別にバックアップしておき、いつでも手動で書き戻せるようにしておきましょう。
(3) 海外の人のごく一部の悲痛な叫びとして、ある種の「お掃除ソフト」(レジストリクリーナーの類)が「 Windows.old というフォルダを消すと容量が空きますよ」と言ってくるらしいです。消さないで取っておけとのことです。でないと「前のビルドに戻す」的な選択肢が、詳細オプションだか何だかから選べなくなるみたいです。
(4) 最低限、キーボードとマウスは、シンプルで良いので予備のものを持っておきましょう。logicoolのマウスは素晴らしいですが、これのUSBワイヤレス・ドングル(メーカーが何て言ってたか忘れた。PCに挿してマウスの信号を受信するやつ)を抜いたら、1607を当てた後でもまた起動するようになったという報告も多いです。挿し直したら再発したという報告もあります。※logicoolを避けろと言っているのではありませんっていうかウチはlogicoolのPerformance なんとかMXを使っています。

 気を付けましょう。

2017.01.26たぶんその3 - 一山越えた(はず)

 やっとWindowsバックアップ(Windows7のやつ)を走らせる段階まで来ました。「残り2日」とか言われていたので、信用はしていなかったものの、それなりに時間がかかるものと思っていましたが、昔からコレどうやって計算しているのか、乱数じゃなきゃ一体どういうアルゴリズムを使っているのか(あるいは、アルゴリズムを使っていなくて超適当なのか)と訝しんでいましたが。

 これとは別に、新たに3D関連のバックアップ・セットを作成しました。今度はノートンの機能を使います。概算で出してくれるので非常に助かりますが、資料を含めなければ191Gバイト、資料(写真・動画・pdf)が253Gバイトですと。容量が完全に足りてませんので、起動用の新品とは別にバックアップ用に3Tバイト以上のHDDを調達することになると思いますが、そんな予算どこにもありません。非常に忸怩たるものがありますが、資料のバックアップは後回しにしようと思います。

 プロの人から見たら「たったの253Gバイトか」と思われるかも知れませんが、lawではなく最高品質のjpegファイルなので、アイテム数は死ぬほど多いです。だいたい1箇所の駐屯地や基地で、最低600枚~最高で3,000枚、平均1,800枚ぐらい撮影しています。それがもう何箇所、何年分だ。

 このサイトに掲載していないものが大量にあって、それも後で工事したいところです。が、まずは今手がけている3Dモデルを完成させないと。その手順が踏めるかどうかやってみますが、寝直さないと。今のままなら、絶対にミスする自信があります。

2017.01.26その4ぐらい - 寝ようと思ったが

 身体はぐったりしているのに、脳みそがぶん回って全然眠れそうにありません。それはまあ横になって読書していれば良いとしても、いま寝床でサイドアーム サブウェポン サブマシンガン サブマシン 予備機の修復セットアップが走っています。あ、4つ打ち消し入れたうちの最後は合ってるな。思ったより疲れているみたいだな

 ちなみにvista機です。スペック的には完全に終わってます。デュアルコアだし、グラフィックはオンボードだし、メモリが2Gしかなく、HDDに至っては320Gしかありません。参加する人がいれば、ゾンビがいても建設作業をしたいという人向けのコンストラクション・モードじゃないや、なんだったっけな、【追記】クリエイティブモードでした【/追記】そういうサーバにしたいんですが、参加するフレンドがいないので建てていません。

2017.01.26その5ぐらい - 睡眠失敗

 隣の建物が、もう外観は完成しているというのに、何らかの修正作業をかましてくれまして、グラインダーの音で起こされました。1回目は4時間、2回目は1時間半と、途切れ途切れで睡眠の質が非常に悪いです。明日は通院日ですが、睡眠の記録が(自分でも見ても信じられない程度には)ぐっちゃぐちゃです。人間じゃなくてネコの睡眠か何かと説明すれば、そうと見られなくもないとは思います。

 あと「初回のイメージ・バックアップは嫌ってほど時間かかる」という基本的なことを忘れていました。皆さんに勧めているんですが、私がメンテしたり修復したりしたPCユーザーの皆さんで、これを励行している人は、知る限り一人もいません。「データが吹き飛んでも泣きつくなよ」という意味のことはソフトに申し上げておるんですが、まあ、どうせ私がサルベージすることになっているんでしょうなあ……物理的に壊れたHDDからデータを無理矢理引きずり出したことも実績としてあるし。で、初回のイメージコピーの間は、ノートンのバックアップが「他にバックアップが走っているので」という理由で走ってくれません。

 サブマシンは走り始めておりますが、今のところVNCがストライキ中です。両方のPCがほぼ新規建て直しですが、ポートは開けた、ローカルで限定+鍵付きで信頼ルールを作った、パスワードも合ってる、で何で接続せんのや。という、非常にありがちなトラブルなので、まあ解決は時間の問題でしょう。サブマシンも何も3歩で届くところですが、これほど長時間作業していると、その3歩も惜しいところです。

【追記】UltraVNCじゃなくて古い方(3.3以前)を使っていたので差し替えて設定したら、接続できない問題が割と楽に解決

2017.01.26その6だっけ? - しまった、このままじゃコンパイルかけられない

 あ、なんかパワポが復活した。と、ぬか喜びしていたら、開発環境を入れるのをすぽーんと忘れていた。具体的にはMSVC2008と旧ボーランドのC++ Builder 6 PRO。ただ、いままさにイメージコピーが走っていて、タイミング的には最悪です。

 そういえば、世の中にはwikiのサイトを組むという、高校生でも気の利いた奴ならできる程度の作業でプログラマを自称する奴がいるらしい。痛々しいから本当にやめてほしい。というかブラウザでスクリプトの類を書く時にポインタとか構造体とか使わんだろ? 昔、某職場で使おうとしたら「他の人がメンテできなくなるから止めて」って言われたことあるけど、たしかその時はVisualBasicか何かで代用したような記憶がある。あれは拷問にちょっと近かった。Excelでマクロ組む時も実態はVBだけど、アレ辛いんだよ本当に。

 で、これを編集している最中にバックアップがこけました。容量が足りないそうです、BD-Rだと9枚なんですって。ないでしょ普通そんな枚数、3枚か4枚ならどうにかなるけど。仕方ないのでノートン先生に3D関連のフォルダだけでもバックアップしてもらうことにします。修復ディスクは既に2バージョン作ったけど、これ、いざという時に意外と役に立たない。具体的に言うと今回のトラブルでは作ってあったものがまるで役に立たなかった。

 ↑本日ここまでの進捗。普通にさくさく出来ていたことが、いちいち設定とかインストールとかをしないと出来ないというのは、かなりフラストレーションの溜まるものではある。

2017.01.26その7 - ギャース×2

(1) VS2008のインストールディスクが欠損している。(一つだけ試せることはありますが……ディスクの物理クリーニングの依頼にかけるというのが)

(2) これ以上ふて腐れるわけにもいかないので、気分転換をしようとWatch_Dogs2に再ログインしたら、セーブデータが全滅している。PS4だとトロフィーになるんだっけ?要するに達成する方の実績は解除したままなので、ユーザーとしては認識されているものの、洋ゲーにありがちな「セーブデータがいじられていると判断してセーブ全クリア」に該当したものと思われる。ちなみに、悪夢にかなり近いです。

2017.01.26その8 - ギャースII 今度は戦争だ

 ゆかりさんが、またもや御むずかりのご様子で、引き継いでほしい辞書を「エラーです」と読んでくれませんでした。再度、抑揚というかアクセントを学習させたら良い話なんですが、結構な単語数を覚えさせたように記憶してますよ?

 というわけで、ある程度ゆかりさん(ないしVoiceloidシリーズ)のユーザー辞書を育てた皆さん。悪いことは言わないから、タイミングを見計らって「設定のエクスポート」をしておくと良いと思う。できれば数ファイル、日付で分けて。保険だと思えば安いものであろう。そう思いますマジで


 海外のサイト(reeditとか言ったと思う)で、このWindows10 バージョン1607問題にひっかかって、最初の投稿を37回編集していた人がいましたが、今ならその人の気持ちが分かるような気がします。というか、肩を組んで呑みにいけそうな気がします。アルコール禁止だけど飲まないとやってられねえ、という感じは若干します。いま海外に行くお金は勿論ないですが、なんならロンドンか北米西海岸あたりのパブだったら、この問題にひっかかった人間限定というオフ会というかグループ・ミーティングが満員の盛況で開催できるんじゃないかしら。

2017.01.26その9 - 思わず加筆

 ニコニコ大百科だが……もとウィキペディアンとしては目を覆いたくなるぐらい中立性を欠いた記事が多い。いやまあそれだけなら俺もやったことあるから 仕方がないのだが、親作品通知をいただいたMMD静画でM60を使っていただいたのでタグを付けようとM60を検索したところ、戦車のことしか書かれていなかった。これだから戦車オタは

 日本語版は見てないけど、英語版WikipediaのM60の記事を参考にして大幅加筆してきました。……何やってんだかわたしゃ。ログインして加筆したのは久しぶりかもしれませんが。

こういう作品を見ると「ランボーバージョンを
作っておけば良かった、いや、作ろう」と
モチベが顔をもたげます

 そして投稿者の迷惑も顧みずコメントを残してきました。テロに近いね。しかし昨日の今日で、いつもおかしいのに、何時にも増しておかしくなっているから、犬に噛まれたと思って諦めていただきたい。

2017.01.30 - Ain't re-install hell?

 「ホント 再インストールは地獄だぜ」

 まずインストールの類をいったん完了させて、システム修復ディスクを作成。やはり自動的に降ってきていた1607パッチを恐る恐る適用。また同じことが起きたらどうしてやろうかと思いながらだったので、再起動の時には不覚にも緊張しました。俺が悪い訳じゃないのに、自分もPCもマイクロソフトも、とにかく何もかも信じられない。

 なにしろこのパッチ、すぐには問題が出ないことが多く、しばらく時間が経ってから、あるいはいちどスリープモードへの移行やら電源オフやらのあと「次に何かしようとすると症状発生」のようです。まだ安心するわけにはいきません。今のところは動いていますが。なお、ある海外の報告では、「1~2時間ほっといて帰ってきたら冷たくなっていた」といったものがありました。

 さて。ここまではよろしい。問題はサブマシンです。いったんは動いたものの完全におむずかりのご様子で、毎回セーフモードで起動するという器用なストライキを起こしています。

2017.01.30あけて01.31 - いや、よろしくはなかった

 いま起動ドライブに使っているHDD、ゲームの録画用に使っていたものを捻出していたままでした。で、パーティションを切ってデータの予備分を含む領域を切っています。

 今まで起動ドライブとして使っていたものがST2000DMで、これは物理的に壊れていないので、またゲーム録画用に使おうと思います。

 さて器材の検討ですが。

ストレージ用 起動ドライブ用
※1TBのリンクに
容量を選べる
ボタンがあります
1TB 2TB 1TB 2TB

※「ストレージ用」「起動ドライブ用」と銘打っているものは、私が勝手に名付けたのではなく、メーカーがそう言っています。

 頭が痛い問題です。奮発して良いならST2000DXでしょうけど、予算が……さてどうしたものか。

2017.01.31から02.02にかけて - 心の折れる音が聞こえた

 01.31の夕方ごろ、起動時の症状が再発(だと思う)。MSが本当に心を折りに来ているんじゃないかと疑心暗鬼を生じつつあります。まあ多分ですけど本人たちは善かれと思って作っているんでしょうけれども。

 いま2回目のクリーンインストールを(まだまだ積み残しは残っているものの)一通り終えたところです。hpb(これを書いている軟弱ツール)は一太郎・ATOKと同じタイミングで入れました。まだメタセコはおろかgoogle earthも入っていない有様です。

2017.02.02その2 - 転送試験も兼ねて

 3回目のクリーンインストールだけなら約3時間で、ここを更新できる程度には作業の速度が上がってきました。生産性は1ミリもありませんが。あとSSHDが、少なくとも値段のぶんだけは速い。

2017.02.03 - アプリ「は」復旧

 手順を間違えて、いくつか飛ばしてしまったデータがあります。どれも均等に痛い(主に精神的に)ものばかりです。ちなみに、ここも飛んでましたが、ftpアカウントは分かっているので(ウェブサイトを開設しているなら当然といえば当然ですが)、なんとかなりました。メーラも両方の設定が飛んでいましたが、基本的にはなんとかなり、今回は失ったメールはないように見えます。多分。

 google earthの「押しピン」が全滅です。バックアップも一体どこにあるのやら、というか、どのフォルダに記録する設定だったのかが、アプリ(ソフト)ごとに、まるで申し合わせたかのごとくバラバラで、いちいち覚えてはいないです。それ自体は私のせいなので文句を言うつもりはありませんし、一度探したものなら、また見つけることはできるので、まあなんとかなるでしょう。

 次に、こちらの方が手痛いのですが、メタセコ(3.1と4)のプラグインが全部飛んでます。ダウンロードしてきた直後の状態でのzipファイルは保存してあるので、プラグイン作者の方がもし配布を停止なさっていても問題はないのですが、結構な数のプラグインを全部入れ直し、ということになります。メタセコ3.1のkeynote(のボーン操作などの機能)に慣れすぎて、メタセコ4を含むほかの環境に移動する気が起きません。ただ、「良い機能なんだけれども使う機会がなかった」というものもありますので、「徹底的にダイエットした」と思えば泣くこともないとは思います。

 Firefoxのアドインやらセッション情報やらが飛んで、まっさらの状態になっています。ユーザーのプロファイルが発掘できたら解決するはずですが、それが見つからない。セッションはともかく(もう一回開いたら良い話なので)、マウスジェスチャとか動画関係のプラグインとかが全滅というのは痛い限りです。特にニコ動は、プラグインなしで視聴するのが非常に苦痛です。動画の真上に、非常に目障りな窓が開きますので。

 いま確認できている限りでは以上ですが、ほかにもあるかも知れません。


 ↑ここまで書いて、自分自身で裏をとるため、まずc:\users\[user名]\に移動した訳ですが、そこにないはずのフォルダがあって「えっ」となりました。タイムスタンプから判断して、ぼさーっとしてコピーする場所(フォルダの階層)を間違えた模様。これに関しては「なんや、このクソOS」と声に出した自分が間違っていました。気持ち的にはあまり変わっていませんが取り下げます。

 でもgoogle earthの押しピンだけは失われたままです。まあ、それはいいや。メタセコとpmxedoitorとMMDとMMMが生きてたら後はなんとかなる。多分

 誤爆はともかく、スタートメニューが出ないとかいった、致命的ではないものの「おいUIの基礎の部分が動かないってどういうことだ」と問い詰めたくなるようなバグが多いOSです。google earthの件でかっとなって1607パッチをまた当ててしまいましたが、いろいろな設定がデフォルトに戻ったりして(しかも、そのデフォルトがなぜデフォルトなのか理解に苦しむものが多い)本当に参りました。


 ↑ここまで書いて、いやどうせクリーンインストールするならWindows7を入れておけば良かったんじゃね?ということに気が付いて愕然としております。なんでWindows10入れちゃったの、馬鹿じゃないの?

 愚痴はともかく、こんな世界規模のデバッグに参加したのは初めてです。しかも、不名誉はあっても何の名誉もありません。一体なんなんだろうか、このセルフ罰ゲーム。

2017.02.05 - なんとか復旧したと思う

 前回および前々回のリストア作業が完全に終わっていなかったので、windows.oldフォルダが全部で都合4つあるとかいうカオスな状況でしたが、google earthの押しピン以外は復旧できたと思います。

 で休憩を入れようと動画を適当に開いていたところ、マーキー(広告欄)が復活している。これがまあ邪魔で邪魔で。復活して分かるウザさで、情報の押しつけが文字通り目に余る訳です。

 といった訳で、またスクリプトを入れさせていただきました。動画は、去年(2016年)中に見た動画の中でいちばん衝撃を受けた投稿者さんのMMD動画です。投稿者マイリストの中のどの動画を開いても狂気が少しずつ(あるいは、大いに)入っているというのは、そうそうあることではないです。皆無という訳でもないですが、この方の動画は構成力がすごいです。少なくとも私はゴリ押しで押し切られました。

 いやそこは本題じゃなくて広告のうざさでした。

具体的には矢印の位置 html5版でも同様

 今まで使っていたものはflash版のみ対応だったので、html5版両対応で(*1)一番気に入ったものを「マーキー欄の縦をゼロpxに」という記述に書き換えています。こんなところを読んでいる人はとっくにやっていると思いますが、ここから自分に合うものを選んで「お試し」できます。

*1 今まで使っていたものがflash版だけでした。というかhtml5対応版はベータ版だし。なお、他のスクリプトの中には投稿者説明文を下に回すものもありましたが、私としてはそういったものは遠慮させていただきました。零細かつ泡沫ながらも投稿者の端くれとしては噴飯ものです。

今まで使っていたもの。flashのみ対応。 ニコニコ動画:GINZA 動画再生ページ改善 HTML5版」を
1行だけ書き換えてhtml版で動作させた状況。

 とにかくマーキーについては、予想に過ぎませんが、スクリプトを書いた人も配慮したのでしょう。運営といえども人の子ですが、私としては「そういう配慮とか良いから」という気分です。書き換えと言っても、1行だけ、というかある1行のパラメータを書き換えて、表示領域を見えないようにしているだけ(*2)ですから、時報の音声は遠慮会釈なく割り込んでくるはずです。

*2 具体的には326行目 この情報は古いです

 あと、ブラウザはfirefoxです。chromeは盛大にタスクを開くので、問題が起きたとき「一斉に落とす」ということが難しいとか色々と問題があって、サブとしてしか使っていません。

【追記】あちこち加筆。

2017.02.08 - 鉄砲の世界

 これは公知の情報なので書きますが、 World of GunsのAndroid版がベータテスト中とのことでインビテーションが来ました。多分ですけどライフタイム・パスポートを持っている上、PC版の軽微なバグについてレポートを入れたからでしょう、インビテーションが2通来ています。

 今のところ、日本語が文章の体をなしておらず、あちこち英語のままなので、問題点をざっくり指摘(短く言うと『ほぼ全部書き直した方が良い』)した上、「必要なら手伝います」という意味のことを書いて送ってあります。英語と日本語がちゃんぽんなところもあって、その上で日本語が意味不明なので、これならまだ英語だけで書いてあった方がわかりやすい、というところすらあります。

2017.02.08その2 - 言うだけなら簡単

 いや本当に言うだけなら簡単なんですよ、直前のエントリの話ですけれども。1,483ワード。ワードというか、あからさまにセンテンスが含まれている箇所があるので、ワード数(語数)に換算するともっと多くなります。楽観的な見積もりで5倍でしょうか。いえお手伝いする方向で、もうアカウントとパスワードを受け取ってしまっているんですけれども。

 気軽に軽口や大口を叩いたり、安請け合いをしたり、そういうことは馬鹿がやるものです。身近な例で言えば私です。

2017.02.15 - 誰に八つ当たりすればいい?

 いやはや全くどうなってるんだか、次はグラフィックボードがストライキ。何でも壊れる時期なのか? なら、この辺で一発、マイクロソフトも壊れてほしいもんだが。

 今は予備というか、電力食い過ぎで余剰のカードをとりあえず2枚(9600GTと9800GTX)試しているところです。MMEを使わないで、かつ、近年のゲームをしなければ、何の問題もないはずです。たぶん。

 翻訳の方は第一陣がベータに乗りました。しかし、ちょっとばかし問題が。1バイト文字圏と2バイト文字圏では、文字列に対する問題意識が違うということは分かっていますが、それにしてもな。対処方法の目星はついてますが、次のベータリリースまで待たないといけません(その間に別の文字列を翻訳してますが、いかんせん量が多い)。

 何かに、あるいはあたり一面かまわず八つ当たりして何かが解決するならそうしてますが、実際にはそうではないことは知っています。ちょっと待て、いつの間にうちのATOKは「こと」と打つと「寿美奈子」をサジェスチョン候補に出すようになった?

2017.02.16明けて02.17 - サイト移転作業 再開

 グラフィックボードは弟から救済が得られる見込み。弟がgeekなハッカーでよかった。

 さて。メールでは受け取っていたものの、KDDI(au one)からはがきが来ました。「ホームページ公開代行サービスやめます」との書面です。そちらのコンテンツはほぼ移してあると思う上、アクセス数が限りなく少ないので、まあ影響はないと思います。

 しかし、新しいサイト(diagraph01.net)を起こした以上、au oneでない方のサイト(diagraph01.justhpbs.jp)も移動させなければ容量が逼迫してエラいことになる。というのが分かっていながら、これまで作業を放置していました。モデリングと違って、本当に放置していました。

 いま、重すぎる腰を上げて、ちまちまと書き換えているところですが、この作業って本当に面倒くさい。やたらめったら「面倒くさい」という言葉は使わない主義だけど、本当に面倒くさい。

 あとブラウザ対策で、refreshをかましていても、大抵のユーザーさんの環境だと自動ジャンプしないかと思います。少なくともウチはしません。なのでmetaタグは入れないでおきました。それでも面倒なんですけれどもね。あれか。1対1で対応させてるからか。

2017.02.18 - 続き

 auone-netの分はほぼ終わったと思います。justhpbsの分は、基本的に1対1で(凝っても意味がないところは大幅に手を抜いて)手動ジャンプなページに切り替えていますが、MMDモデル頒布ページ群と駐屯地・基地の資料写真ページがごっそり残っています。

 この作業もそれなりに時間がかかりますが、それ以上に集中力を使います。少しでも残っているうちに一気に片付けてしまいたいところですが、思ったようにうまく行くなら、こんな病気なんざしてません。つらいところです。

2017.02.18明けて02.19 - サイト移転作業は完了だと思う。多分

 何がつらいかといって、低血糖気味なのが加速した上でずーっと続いている鬱基調に重なって、集中力が続かないことです。それを除けば、おそらくは「それなりに」作業が進んで、多分ですが完了したと思います。au-one は放っておいても費用がかからないですが今年(2017年)10月31日付でサービス終了とのことなので、justhpbs の方も10月頃に畳もうと思います。忘れてたら費用がかかり続けて、新しく借り直したところと合算すると毎月2,000円の出費になります。ぶっちゃけ痛いです。

 大幅リニューアルは自動的に後回しになりますが、やるなら大ナタを入れたいところです。とにかく今のレイアウトが「屋上屋を架す」を地で行く形で、読みにくいったらありゃしない。モデルの頒布を受け取りにきた人が困るのはもちろんですが、(以前書いたと思いますが(何度でも書きますが))一番困るのは自分です。主にモデル追加の時に毎回困っています。

 費用3倍で容量10倍を安いと思うか思わないかの判断は留保するとしても、とにかく容量は確保して、逼迫にはほど遠い状態になりました。画像素材を大幅に追加してビジュアル的にわかりやすくした上で、ジャンル分けをしようと考えています。もしかしたら掲載を忘れているモデルもあるかも知れないし。

 あと比較的どうでもいいことですが、「E-767(風の何か)」の配布を一時中止するのを忘れていましたので対策しました。よし仮眠しよう

2017.02.22 - リニューアル作業中

 MMDモデル頒布ページのリニューアル作業が全然終わりません。これに限って言えば何のことはない、今までのツケを時間と手間で払っているだけです。

 キリも全然よくありませんが、今の時点での作業結果をアップロードしておきました。不整合が1件や2件じゃなかった点で冷や汗をかいています。

2017.03.05 - なんとなく終わったと思ってから今に至る

 02.23頃から: 「終わらせないと気持ちが悪い」という合理的な理由により、リニューアル作業をじわじわと進めました。完全ではないですが、なんとなく終わったとは思います。

 その直後ぐらいから(02.26かそこら): 予算の執行が月頭のトラブルのおかげで完全に崩壊し、一食108円(コメ代抜き)を通り越して、コメに塩コショウと塩と醤油とをかけたもの(名称不明)を主食にする有様。これだけでは1合を食べるのは無理なので、一角にマヨネーズを、もう一角には粉チーズを落としてカロリーを確保しました。空腹をごまかすために作業に没頭したところ、モデリング作業が少しだけ進捗しました。

 02.28: 予算が完全に底をついたので、ゆでたパスタに塩コショウと塩と醤油をたらし、ミル付きバジルの中身がかろうじて残っていたのでバジルを落として食しました。事実上、パスタ代しかかかっていない計算です。醤油とコショウとバジルのハーモニーが「これ一回なら食えるけど二回目はちょっと無理かもしれん」というフレーバーを醸し出していました。これでは生きていけないので、空腹をごまかすために作業に没頭したところ、モデリングが少しだけ進捗しました。

 それ以降: 今やっている作業を早く v1.0 に持って行きたいため、作業して一服して寝るという不健康な作業を繰り返したあげく、少し進捗しました。

 以前お世話になっていて休診になっていた先生の精神科から「先生はまだ休養中ながら、代理で引き継いで3月1日から診察を再開する」という旨の葉書が届きました。実を言いますと、これでかなり持ち直しました。

2017.03.11 - 翻訳すること山のごとし

 モデルのバージョンアップ作業を一時的に休んで、前に書いた翻訳作業をしています。放置したつもりはないですが見返りも一切なかったので(少なくともその時は)、モデリングにかまけていたら「頼むから続きやって」とメールが来ました。他に誰かおらんのか。まあ、居ないんだろうな。

 翻訳自体は別に苦でもないです。センテンスを読めばだいたいの意味が自動的に浮かぶぐらいにはなってきました。語学力を自慢したいとかそういうことではなく、その程度の構文や語彙しか使われていない、ということです。

 問題は (1) 量が文字通り山のようにあり、時々すこし増える (2) 画面の遷移でイライラする という点です。量(1,390件中 【訂正】1,577件中【/訂正】 714件ぐらい完了)は地道に片付けるしかないとしても、cgi で画面の遷移を待たされるというのはフラストレーションが溜まります。ぶっちゃけここに愚痴を書くぐらいしか避ける手がありません。2時間ごとに10分程度の休憩を無理矢理でも挟むようにはしていますが、なんか尻に根っこが生えそうな作業量ではあります。さて休憩終わり。

2017.03.13あけて03.14も既に正午過ぎ - 翻訳完了(たぶん)

 補足的なことになりますが、先に書いた1件は1単語から30~50語ぐらいの文章まで多岐にわたった訳で、見積もりが甘かったというのが正直な感想です。

 しばらく(少なくとも24~36時間ぐらい)は英語の文章を見たくないというのが正直な感想です。ただ、多分ですが色々やらかしていると思いますので、一回寝たらダブルチェックするつもりです。10年経とうが療養生活を送ろうが、根を詰める癖はなかなか抜けません。困ったことです。

2017.03.15 - 予想通り休めなかった

 頒布直後とかと似たような状態で、身体は疲労困憊なのに頭だけ空回りして全然眠れない状態。以前とは少し違う気がするけれども、多分SNRIが常人用の(おそらく)2倍以上は処方されているからかもしれない。効いている感じはしないのに副作用だけはばっちり実感できるから困った。

 こういう変な困り方をしている上で、モデリングにかまける前に翻訳のフォローアップとかしているタイミングで「けものフレンズ」を見ていると、日本に生まれて良かったのではないかと思えてくるから不思議だ。いや不思議はないのかもしれない、ただ自分の感受性とかそういうものがねじ曲がっているだけで。

2017.03.18から2017.03.19あけて03.20 - 翻訳おわった

 やっっっっと翻訳作業がクロージングしました。要するにチェックが終わって相手方が納得してくれた、ということです。日曜は半分がた泥のように寝てましたが、身体の疲れが取り切れておりません。もう一眠りしたら少しはましになるのではないかと。さてモデリングに戻ろう。明日から。

2017.03.21あけて03.22 - 久々にアニメ見て絶句した

 イカ娘的な気楽さで見ていた「けものフレンズ」がものすげえ右肩上がりと思ったら、さきほど見た11話が上がりすぎて絶句しました。救いと言えば途中のシーンで泣きそうになったけど一人で見てたという点でしょうか。もっとも、ラストが衝撃的すぎて涙が引っ込みましたが。このスジでラストをどうするのか、来週が気になりすぎて、モデリング以外何も手に着かなそうです。

2017.03.22追記 - 悲観的すぎるのは如何なものかと

 あちこちがお通夜を通り越して阿鼻叫喚になっているみたいですが いや、みたいというか某所(*1)をさらっと読んだ限りでは実際にそうですが、深読みが過ぎるんじゃないかと思う書き込みや、ひたすら悲観的なもの(友人だったら死なないように電話してるレベル)も、散見では済まない件数があったように思います。ぶっちゃけ心理状態が心配です。私に心配されるぐらいだから相当のことだと思っていただきたい。

(*1) 2chではない(時間の無駄だから読んですらいない)

 そりゃまあラストシーンは衝撃的でしたが、あれ(11話)を鬱展開と呼ぶのは、いくらなんでも「お話」や「劇」を見慣れていなさすぎ(あるいは、読み慣れていなさすぎ)ではないかと思います。ラスト前に主人公(たち)がピンチに陥るシチュエーションも、王道シナリオと呼ばれる筋書きの一部だと思いますし、この見方が特別変わっているとも、ひねくれているとも思いません。

// メタ視点で観ることができないなら、作品の世界にどっぷり浸かったということだと思いますから、制作側の人たちにしてみれば冥利に尽きるというものでしょう。

 シナリオの対比や類例に挙げるのではありませんが……まどマギは3/11の影響で10話と11話が放送自粛、後で3話一挙放送になった訳ですが、忘れている(あるいは、体験していない)人もいそうな案配です。「本来なら10話から12話(ラスト)までの間に1週間ずつ空いていた」と思うと、その間に心中穏やかで居られたかだろうかと、一挙放送当時に自問したことを今も覚えています。

2017.03.28あけて29 - ここまで半ば放心状態

 けもフレの最終話が、控えめに言っても素晴らしい出来でした。1クールでここまで舌を巻いたものが過去に何本あったか……そのあたりは後で考えますが、色々と心配していたことが全て杞憂に終わって安堵しました。

 某動画共有サイトでは放送直後から「ありがとう」コメントで埋まっていて、「監督ありがとう」コメントも少なくないですが、監督の力量もさることながら、脚本がしっかりしていたというのも大きいのではと予想しています。

 なお、手元のモデル仕上げ作業はあんまり進んでいません。

2017.04.01 - E-767 v1.0 頒布開始

 まだ解消している問題もあるかも知れません。開発協力者各位に問題を洗い出していただいた部分も、完全には反映できていません。しかしながら、鬱基調ではあったもののじわじわ自分なりにクオリティーアップした部分もあります。それに至っても「いつまでいじっていても完成しない」と判断したのでリリースしました。

 いつも通り、自分でも信じられないようなぽかミスをやらかしていると思います。思いますというか、やってました。自主的に4/1という締め切りを切ったので、已む無しというところです。

 言い訳にはなりませんが、新しく出ていた薬2種類の副作用が物凄くひどかったので、直近の通院で今までの処方に戻してもらいました。これで多少は動けるようになると良いのですが……

【追記】画像張り忘れ。

 仕上げに力入れて、ひさびさに8時間寝てしまうぐらいぐったりしてました(今も倦怠感が残っています)。なにしろ昨日(金曜日)が通院日だったので……。

2017.04.05 - 羨ましいまでの行動力

 自主制作とのことですが、ぐうの音も出ません。まさにクリエイターの鑑。投稿日時が「もし13話が存在したら放映されたであろう時間」であるところも、ただただ感服するほかないです。

 アニメ史の常識を塗り替え続ける姿勢、生活苦しいけどBD買うつもりだった(完売でまだ予約もできてない)とはいえ、心から応援したくなるとしか言いようがありません。

【追記】「最終話のラストでアレのタイヤが1輪だけ色違い」→「自主制作の12.1話で伏線回収」とか斬新すぎるでしょう

2017.04.11(正確には04.12) - 04.09 練馬駐屯地撮影分 Camp Nerima, Tokyo met.

 あいにくの天気でしたが、寝坊で出発が遅れても辛うじて一般席に陣取ることができました。L字形の配置なので、行進などを撮影した時うしろに写るのは来賓席になります。式典・展示のあと真風さんと合流しました。

式典

部隊観閲 3輌目は都知事(もと防衛大臣)
更新準備。撮っている最中に後ろ2列が専用装備なことに
気づきました。
後ろから2列目がミニミ、その後ろが対人狙撃銃

車輌行進

 車輌は逐一撮っておきたかったのですが、ご覧の通りの天候でシャッタースピードもへったくれもなく、大半がブレブレでした。

軽装甲機動車(以下LAV)+01ATM 120mm迫撃砲RT(高機は専用車輌)
87RCV 野外通信システムの構成車輌
重レッカー 7tトラック(なにげに貴重)
10TKと74TK、1戦(駒門) じわじわと貴重になりつつある74TK
10TK 次の演目のために自走してきた1特(北富士)のFH70

訓練展示

6曲演奏、うち2曲がシン・ゴジラからでした。 打楽器。最後の斉射は思ったよりも装填が早く、
うかつにも撮影し損ねました。
1音、1普(選抜100名)、1特の混成による演奏でした。 1偵のKLX250による展示。静止画では伝わりにくいですが
4方向からの高速交差です。
雨が降る中なので、ファインダー越しとはいえ
見ていてハラハラしました。
先行が車体を盾にして射撃する中、走行しながら
射撃している状況。
高機動車の機動展示。降雨の関係上、普通よりも
滑りやすい地面になっているのではと思います。
2輌同時の最小半径での旋回。4WSが効いているのが
分かるように撮りたかったのですがどうでしょうか。
10TKと74TKの機動展示。10TKは砲身安定のまま機動。 74TKは設計・運用思想に基づいた待ち伏せ主体。これは
油圧懸架を使って車高を下げつつある状況
舞い上がる土の様子で、雨の影響が分かると思います。 10TKと74TK、揃って礼。仮に車体傾斜がなくても、かなり
俯角が取れることが分かります。

装備品展示(のごく一部)

 天候の関係からそもそも撮り回っておらず、その撮った写真もブレているというザマでした。

輸送防護車。オーストラリア製、車重15t。 オーストラリアは(イギリス同様)右ハンドルなので、
合理的な調達と言えます。
渡河ボート。2杯を背中合わせに連結してある状態。 偵察ボート。まともな画角で撮れていませんでしたので
これを掲載しておきます。

その他

1/2tトラック(通称パジェロ)の直近の調達車と思われます。 比較のため、ほぼ同じアングルからその前の型。
体験搭乗の96WAPC。流し撮り的なことをやって
みましたが、うまくいっていません。
同じく流して撮ったLAV。

 900枚ぐらいしか撮影していませんでした。自分のための資料として撮った写真がほとんどというのはいつものことですが、今回はブレていない写真をいかに選ぶかで時間を使いました。

【追記】パジェロの件は、現地で真風さんに聞くまで全く気が付きませんでした。ということを書き忘れていました。

2017.04.17 - 手持ちのお金が全くないけど……と思っていたらそれ以前の問題だった

 こちらの記事が非常にわかりやすいと思います: 『「けものフレンズSHOP」IN SHINJUKU SPECIAL』が狩りつくされてさばんなちほーに。転売や廃墟ED動画も。

 電車で割とすぐ行ける距離なので、見に行くだけでも行こうと思ってましたが……「転売屋は許さない」というのはデフォとして、グッズの追加生産など即時にできるわけもなく。売る側の予測が(良い方向に)外れすぎて、ケロリン桶とCD(通常盤)だけが残ったという情報からまもなく桶完売、CD完売という情報が。なお交流ノートはある模様。

【追記】  【けもフレ通信】けものフレンズSHOP用の色紙を描いた吉崎観音先生に『Twitter』でたつき監督が…… こういう報道があるおかげでtwitterのTLとにらめっこする時間は0に等しく、非常に助かるところです。

2017.04.17その2 - 追記

 わざわざ言うほどのこともでもないけど、やっぱり人間がいちばん怖い動物だなあ。抑止力って言葉が通じなさそうな上にミサイルぶっ放そうとして失敗した国が日本のすぐ隣にあるし。話し合いが通じるなら、三代目が(時代遅れどころの騒ぎじゃない)封建政治をやってるような惨状にはならないだろうなあ、と。

 日本に着弾しても(してほしくないが)全く不思議でもなんでもないという異常さ加減なのだが、まともに報じているのが産経新聞ぐらいしかないというのも、この国の惨状を表している。以前なら「ような気がする」と付け加えたところだけど、朝日の紙面と見比べると異常さがよく分かるから、断言しても構わないと思っている。

2017.05.01 - いろいろ遅延中

 体調と心理状態の悪化で「寝付けないのに睡眠時間が一日あたり平均8~10時間に伸びる」という、割と最悪に近い状態にあります。起きている間は頭痛との戦いです。

 交通費がないという別の理由で、下志津駐屯地と、同日開催の厚木基地も今回は見送りました。「貧すれば鈍する」を地で行く状態です。

 Sniper Ghost Warrior の3が出ましたが、そっちはゲーム性の割にグロというかゴア描写が激しくなっているようなので(例:ヘッドショットで頭がざくろのように吹き飛ぶ、スニークからのナイフ攻撃でちゃんとノドを切る、など)、そういうのは今はいいかなー、セールになったら買おうかなーぐらいのスタンスです。お金ないけど。

 でミリタリー系のモデリングは一時的に中断しています。起きている間も集中力が続かない状態は厳しすぎるので、とりあえず静止画1枚、MAD動画1本、それら用の関連アクセサリ2つを仕上げるつもりです。なけなしの予算で調達したつもりだったガイドブック(BD付き)1巻と2巻がまだ届いてません。こういう視聴者は少なくないようですが、それでも1巻2巻の合計が12万部越えというのは大ヒットと言っていいでしょう。

 それはさておき。主目的のミリタリー系は5月中旬以降、出せるものから出していくスタイルと、リリース後のバージョンアップ作業が終わっているのに再リリースしていないもののまとめ作業を交互にやるつもりです。ざっくり数えても20モデル、区分すれば30モデルぐらいになるぞ多分。あと5月中旬って書いたけど5月下旬になるかもしれない。

 しかし北朝鮮情勢が気になる。国としてはもうとっくに詰んでて、「恫喝には耳を貸しません」言われて中国も手綱を握り切れてない、アメリカはアメリカでトランプ政権というもう一つの不安定要因を抱えている、これを書いている最中に戦争や(北朝鮮国内での)クーデターが始まっても全く不思議でも何でもない状態で、心臓に非常によろしくないです。まあ北朝鮮って国全体が、ゾンビが延々と延命したようなもんで、周りも触りようがないという醜態だと書いても、北の関係者以外からは怒られないとは思いますが、倒れたら倒れたで武装蜂起とか、その鎮圧を名目とした中国と韓国の侵攻とか、武器流出とか、難民対策とか、厄介ごとしか思い当たりません。

2017.05.05 - 反省しています

 書いたら違法な内容だそうなので、その内容を含む05.03のエントリ2件を削除しました。書いたこと自体は思っていることそのままでしたが、これだけでは説明不足のきらいもあります。

 気分転換に、比較的平和な動画を作る作業に入ります。と書こうとしたそばから38 northがトンチャンリ発射台での動きを報告。あかんわ北の国

2017.05.12 - 更に反省しています

 頭痛かつリバース寸前の中、ほぼ何も進んでいないまま1週間近くをムダにしました。でも、いちいち他人に伝えるようなことでもないので、おとなしくモデリングの準備をしようとしては横になったりしたまま辛うじて生きてました。心理的に寛解に近づく要因ができましたので、いまこの時点では持ち直しています。これから通院です。

 けもフレのBD付きガイドブックがやっと来た件もありました。別にいちいち取り立てて書くことでもなかったので今書きますが、PCのBD視聴環境がダメでした。HDDトラブルの直後に再インストール&設定しなおしたつもりだったのに、なぜか綺麗さっぱり飛んでいました。再設定でさらに1日潰す羽目になりました。

 ただ、動いたら動いたで絶対にコマ送りの連続になり、そうすると肩こりが加速して、結果的に脳底の方に別の頭痛が来るので(そうなると何回か(自粛)する羽目になるので)、1・2巻が手元にありますが、まだ通して見ていません。貶しではなく、「動画でいかに美しく手数を減らすか」の教材として、見直すたびに発見がある最高の教材だと思っています(*1)。ただでさえ高くないのに、そう考えると実に安いものです。ただ一括して買うとなるとなかなか手が出ないというだけの話で。

*1 簡単な例から言えば、たとえばフレームアウト(画面から見切れている部分)やカブり(他のキャラで隠れている身体の部位)の部分は動かさなくていい、等々。ここから導くことができる「美しい手抜き」もありますが、長くなるので今は省略しておきます

2017.05.12その2 - けもフレMMDに愛を感じた

 通院から戻って倒れ込むようにして寝て、起きたら少し感動する事態になってました。東武動物公園のけものフレンズコラボで一躍有名になった実在フンボルトペンギンの「グレープ君」がMMDモデル化されていた訳ですが、この時点ではふるる(を含めたPPPメンバー)は全員分MMDモデル化されておらず。

先行して作られていたグレープ君 ふるるとの邂逅

 控えめに言って感動したので、少ないとはいえ広告をぶっ込んできました。こういうのを見てしまうとモチベが上がります。

 だからといってすぐ切り替えができるほど病状が良くもなければ、すぐ手が動くということでもないのが辛いところ

2017.05.14 - だめだったみたいですね

 South Korean military: North Korea launches ballistic missile(CNN)

 水面下で交渉かなにかやってる報道はいくつか(少なくとも3つ)ありましたが、何一つ効いてなかったみたいですね。仮に、これで交渉も難しくなったとすれば、もう自分で自分の首を絞めたようなものでしょう。本当に救いようのない話です。

 せっかくMMD系で色々やってみてモチベ上げようとしていたのに、こういうのがあると凹みますわ。その凹む理由の一つに「迷惑を辺り構わずぶん撒く国家を、どうしうてここまで増長させてしまったのか」という問題があるわけですが。

2017.05.16-17 - モチベーション向上の試み Ueno Zoo, Tokyo met. (1)

 消息不明の自衛隊機について心配していたり、北朝鮮のKN-12自慢(ソースは朝鮮中央テレビ)を見てゲンナリしたり、詳細は絶対書きませんけど別件でソシオパスが暴れていて精神的被害を受けたり、それを通報しても運営が全く仕事をしなかったりと、モチベなんざ上がりようがない訳です。この状態を放っておくと、経験上ロクなことがありません。いま、かなり心理的に落ちている時期なので、最悪の場合「あ、俺が死ねばいいんだ」というところまで行きかねません、というか行きかけました。

 そういった訳で、上野動物園に行ってまいりました。お金はありませんが夕飯を削る覚悟で……と思ったら障害者手帳持ちは無料で入れました。正式名称が「東京都恩賜上野動物園」というぐらいですからコラボとかはやらなさそうですが、【追記】動物について色々と知ることができる施設という点だけでも非常にありがたいことです。【/追記】

 05.16は正門から入って、出発が遅れたのとお目当てが小屋に入ってしまっていたことも含めて、池之端門から出ましたが、曇天かつカメラ不調、右眼もあんまり調子が良いとは言えない状態でした。カメラと双眼鏡を持って行きましたが、「あれ?アメリカバクどこだ?」とか、あと鳥を探す時とかには便利でしたが、その他の場合は重たいだけでした。

 愛鳥週間は05.16までだった訳ですが、ハシビロコウほかがマトモに撮れていなかったため、翌05.17にリベンジしました。曇天気味には変わらないもののマシではあったので、池之端門から入って、正門に行って、また池之端門に引き返すというコースを取りました。

 撮影順でないどころか、撮影日も混ぜています。以下、東園。

オグロプレーリードッグ(の親子と思われる)
(Probably family of) Black-tailed Prairie Dog
大きさの対比のため、子供をセンターに据えて撮影
子供を従えて巣穴に入ろうとしているところ 結構な登坂力でした。坂というか崖ですけど
ユーラシアカワウソ
Eurasian Otter
お客側の小さい水槽に出てきたところ

 「プレーリードッグが子育て中」という情報は、某所←けもフレ公式←上野動物園公式という、回りくどいルートで知りました。

 コツメカワウソもいるんですが、時間帯のせいか、あの人たち だるーんとしていましたので割愛します。しかし金網や柵との戦いとなると、うちのカメラは持ち主に似てすこぶる頭が悪いので、マニュアルフォーカス便りになります。そうすると視力の悪化もあってピントがさらに甘くなります。それ以外にも、ミリタリー系の写真を撮るのとは何から何まで全く別の技術が要求されますね。困った困った

アオバト White-bellied Green Pigeon
その後ろはカラスバトと思うが自信はない
カケス
Jay
アビシニアンワシミミズク
Greyish Eagle-owl
マレーワシミミズク
Malay Eagle-owl
オオワシ
Steller's Sea Eagle
モモアカノスリ
Harris Hawk
コンドル
Andean Condor
ダルマワシ、お食事中
Bateleur

 以下、西園。

ハシビロコウ
Shoebill Stork
こうして見るとけものフレンズのキャラデザが
非常に秀逸であることが分かる
オカピ Okapi
世界三大珍獣の一種
コビトカバ Pygmy Hippopotamus
世界三大珍獣の一種

 オカピ(とキリン)は、日中はお尻を向けていることが多い訳ですが、1600ぐらいから室内に移動するようで、その方が全体を撮れるというのを現地で知った次第です。オカピは15日の、コビトカバは16日の写真です。一つの動物園で三大珍獣が揃うのは珍しいみたいですね(パンダの写真は撮ってませんが)。お目当ての動物に合わせた時間というものがあるのは知っていましたが、今ひとつ把握仕切れていない、というのもあります。あと園内があちこち改修工事中で、前に来た時(そんなに昔ではない)と一部勝手が違ったり。

餌を取ろうとするハクビシン Masked Palm Civet カピバラさん Capybara
ケープペンギン Jackass Penguin 正直に言いますが、フンボルトペンギンが混ざっていると
勘違いしてました(亜成鳥がそう見えた)

 園内のこども動物園など、突入時刻が遅れて色々と惜しいことになっているので、来月ぐらいにリベンジ予定。と言いますか、アイアイがいるところとか、両生爬虫類館は、どちらの日も断念している有様です。

 補足

旧正門 ex. main gate モノレールに乗るとじっくり見られないエミュー Emu

 それにしても写真選びは、ミリタリー系と同じぐらいには選ぶのが難しく、あれも載せたいこれも載せたいでキリがないです。2日合わせて1,200枚程度しか撮っていないのですが。

【追記1】やっぱり写真は載せたりないけど、ほんとうにキリがない。
【追記2】次に行く時には入園料を払おうと思う。でないとアンフェアだ。多摩動物公園や東武動物公園などにも行きたいところ。交通費がないけど。

2017.05.19 - 写真追加 Ueno Zoo (2)

 やっぱり載せ足りない。そして頭痛と相談しながら考えた結果「誰に何を遠慮する必要があろう」という結論に到達しました。

ニホンリス Japanese Squirrel 金網に負けましたが、今まで
タイワンリスばっかり見てきた気がするので(確証はない)
クビワペッカリー Collared Peccary
オグロプレーリードッグ Black-tailed Prairie Dog
いちいち可愛かったので一番シャッターを切っている動物
ご挨拶というかグルーミング。動きが素早くて曇りだった
ので、シャッタースピードが残念なことに

 霊長目のサル系の生き物は動きがせわしなさすぎて、アタリの写真がありませんでした(それでなくても腕がないのに)。曇りだとシャッタースピードが犠牲になりがちですが、じゃあ晴れていると良いかというと、春過ぎて以降は気温が上がるので大抵の動物はぐったりしたり、日陰に入り込んだり、金網やガラスの類が光を反射したりと、それはそれで難度が上がるような気がしますが、言い訳はこれぐらいにします。

ニホンツキノワグマ Japanese Black Bear シャッターが
速すぎたのか遅すぎたのか自分でも分かりません
エゾヒグマ Hokkaido Brown Bear
画角を失敗したと思いますが、後の祭りです
マレーグマ Malayan Sun Bear
もう少し右に寄ればよかったと思いますが、後の祭りです
マヌルネコ Pallas's Cat 
蛍光灯が映り込んでますが、後の祭りです

 けもフレではクマ類も「ネコ目」になっていましたが、上野動物園ではきちんと「食肉目」となっていました。ほか、作中の表記に「偶蹄目」と「クジラ偶蹄目」が混在していたりというのがありますが、別に制作スタッフ等が悪い訳ではありません。文科省が「分かりやすいように」と目を(不必要に)いじったのが原因です。具体的な例を言えば、キツネも「ネコ目イヌ科キツネ属」という表記になったのが原因と思われる『キツネもネコの親戚です(注:誤解)』という噴飯ものの発言を招いているあたり、むしろ誤解を広げる点で有害じゃねえかという観点から、元に戻した方が良いと考えています。

ミーアキャット Meerkat ケープハイラックス Cape Hyrax
興味深い動物の一種(岩狸目ハイラックス科)
ツチブタ Aardvark
あまりにも無防備(もう1頭は普通に寝ていた)
ヒガシクロサイ Eastern Black Rhinoceros 密漁などで
絶滅危惧種の最前線(角が漢方薬になるとのこと)
ホッキョクグマ Polar Bear
ファインダー越し+ガラス越しとはいえ怖い瞬間がある訳で
ケープペンギンの幼鳥(左)と亜成鳥 成鳥(右)

 しかし作中の動物をコンプリートしようと思ったら海外に行く必要が出てくるわけで……まあ普通に考えて無理。そうでなくても、例えばペンギンにスコープを絞って色々見ようと思っても必然的にいくつかの水族館・動物園を回ることになるわけで、それだけ考えても、けものフレンズの「見えにくい部分での」経済効果というのは、ある意味では測定不能なのではないかと思います。

 来月には年間フリーパスを買おう。4回入場したら元が取れる。あとは都営のうち多摩動物公園と葛西臨海公園、加えてサンシャイン水族館には行っておきたいところ。

【追記】東武動物公園は交通費の点から後回しと思っていましたが、思ったほどには遠くないのと、私鉄なので国鉄ほど高くないという点が調べた結果判明 まああまり無理ができる状態ではないのと、そもそも手持ち(略

2017.05.26 - 唸らされ通しの件

 ミーハーな人達(注意:悪口ではない)が大挙して押し寄せるという熱気も大方落ち着いたと思う昨今、あ、けもフレの話ですが

(動かない方の)極楽浄土 けもフレでパラノイアをするという
史上稀に見る暴挙(褒め言葉)

 (動かない方の)極楽浄土は、今のところ作業用動画です。問題があるとすれば作業があんまり進んでいないことですが、それは私のせいであって、もちろん動画のせいではありません。全く動かないと思いきや、途中でショックパドルを当てられたかのようにヘドバンのようなことをするところ(2カ所)がかわいいです。

 その次の動画、けもフレ(アニメ)を一周でも見たら、パラノイアのみならず他のTRPGとも相性が悪いどころの騒ぎじゃないですが、そこを極力キャラ崩壊させないようにしつつ(*1)、両方の要素を落とし込んでいるところは流石としか言いようがないところ。

*1 むろん気になるところはあるものの、動画の全体のまとまりから比べたら、いちいち指摘するのは野暮というもの。しかしZAPスタイルで残機1(オワタ式)はいくらなんでも

2017.05.30 - サイトの引っ越しが遅れています

 正確には、誘導が遅れています。今まで書いてきたURLを、短縮含めて書き換えて回る必要があるわけですが、あまりにも手数が膨大で、その気力が起きません。ただ、それは怠惰の言い訳にはなりませんので、実データを挙げて自分を追い込もうと思います。

 移転直後の数日のデータは(主に私のせいで)欠損しています。下記は旧サイト分は1月1日から5月29日まで新サイト分は4月5日から5月29日までの圧縮ファイルDL数です。要するに今年だけのデータと考えていただいて差し支えありません。去年以前のデータは手元に残っていません。残す価値もあまり感じていません(理由(1) これで承認要求を満たすほど自分が大好きではないため 理由(2) どう使っていただけるかが問題であって、どのくらいDLされたかは目安にしかならないため)。

クリックすると拡大画像となります(1,692*896px)

 検算したいという奇特な方向けのcsvファイルを固めたものはこちら(約998バイト。言うまでもありませんが、DLやご利用は自己責任でお願いします)。

 KC-767JはユニークDL数が完全に予想を超えていて、バージョンアップを急がないといけないと思っています。

2017.06.08 - 東武動物公園(6月6日分) Tobu Zoo (or Toubu Zoo), Saitama pref.

 「モデルに手を入れないと」と気ばかり焦って手が動かない状態が続いています。今回は本当に長くて厄介です。その対策として、東武動物公園まで行ってきました。 ド平日でしたが人が入っていて、幼稚園だか保育園だかの遠足と思われる団体さんも入り交じっていました。結果的に、「朝イチに近い時間に行って夕方前に帰ってくる」という方針は、別段間違っていませんでした。

 東口(駅寄り)と西口(駐車場寄り)があり、その距離2km以上、その半分が遊園地、もう半分が動物園という構成で、動物園の方をほぼ2周しましたが、結構歩いた気がします。例によって全ての動物を撮ることはできておりませんでした。コラボ期間中にもう一度行くのは(主に交通費の点から)無理ですが。

 作中の動物解説パートで一番登場回数が多い動物園だけに、パネルをなめて実際の動物を撮ることを考慮された設置が多く、コラボへの力の入れようが分かるというものです。ただ動物には動物側の事情がありますから、それをやろうとすると無理な構図になる場合もあります。ですので、大抵は別々に撮っています。

※以下、英名は自分調べ。複数いても敢えて複数形にしていません。
※東武動物公園は各個体に名前を付けているようですが、撮った個体の識別まで私では無理なので、確信がない限りは省略してあります。ご了承下さい。

ミナミシロサイ Southern White Rhinocero
2回見ましたが、位置を変える瞬間は撮ることが
できませんでした。
シロサイのパネル。午前中はご覧の通り逆光です。
アミメキリンとシマウマ Rectangular Giraffe and Zebra
奥に写っているのは餌やりのためのトラック(走行中)で、
キリンの背の高さが分かると思います。
キリン舎の窓に貼られたアミメキリンのパネル。
アニメ内解説に出ているキャラと同じ位置に貼ってある
というこだわりよう。
シマウマのパネル。一度撮り逃し、気がついてあわてて
引き返す有様でした。
フラミンゴ Flamingo 、3種混在。
奥は夜間のためのケージ。
ホワイトタイガー white Bengal Tiger
時間帯がよかったのか活動的で、逆にシャッターに
苦労しました。個体の識別までは私では無理です。
アストロファイターに乗るホワイトタイガーとアライグマ
という構図の描き下ろしパネル。最初はシンプルに一体
だけのもの(後掲)だったようです。
三菱がライセンス生産したジープの手前、アライグマ、
ホワイトタイガーのパネルと並んで、シークレット的に
掲示があるフェネック(園内で飼育されていないため)。
ライオン Lion 。さすが1日20時間寝る生き物。
奥のバンカーのようになっている場所は地下通路で、
窓からライオンたちを間近に見ることができます。
チーター Cheetah 。能力を速度に全振りしたスプリンター
で、早足でうろうろしているところを流し撮りしようとして
ご覧の通り失敗していました。
チーターのパネル。動物の方もさることながら、主に
視力の低下から、マニュアルでのピント合わせが非常に
難しかったです。

 以上がアフリカサバンナ・エリアとキャットワールドの状況。次、比較的大型の動物(アクシスジカはそこまで大きくはないですが)。

アフリカゾウ African Elephant 。あっ上野のアジアゾウを
載せてない、ような気がする。オプション価格で、おやつを
あげる時間帯があります。
アフリカゾウのパネル。アジアゾウとは耳の大きさなど
色々と違うため、特徴を捉えて描き分けてあるのが
分かります。
アクシスジカ Axis Deer。お客向け餌やり場を動物側から
撮っている状況、こちら側は網越しで撮らなくて済みます。
アクシスジカのパネルなめて別のシカたち。アンソロジー
などでは土ペロ勢にされていますが、飼育下ではそこまで
ペロペロしていないようです。
カバ Hippopotamus 。晴れたり曇ったりでしたが、
見た限りでは潜水しっぱなしで、時々このように顔を出して
息継ぎをしていました。
カバのパネル。念のため2枚シャッターを切りましたが、
案の定、最初の1枚はこれよりもっとピンボケしていました。
エゾヒグマ Hokkaido Brown Bear のアヤメちゃん。
おやつの合間にうろうろしている状況。
ヒグマのパネル。ちょうど遠足と思われる団体さんが
居たため最大限に配慮した結果、パネルの中でいちばん
撮影に時間がかかりました。

 次、比較的小型の動物、および、ふれあい動物の森(のごく一部)。

シロクジャク white Peafowl 。しっぽを広げて下さった
おかげで構図は決まるものの、広角側に倒さないと
合焦深度の関係で両方にピントが決まりません。
アルパカ・ワカイヤ Alpaca Huacaya 、
5月15日に生まれた赤ちゃん。
ベンガルワシミミズク Indian Eagle-owl 。屋内で
威嚇されるほど近くで撮れました。
ネパールワシミミズク Spot-bellied Eagle-owl 。羽角
(眉毛に見えるところ)が長いのが見て取れます。
ワシミミズクとアルパカ(・スリ)のパネル。スリは直毛で
刈った毛もワカイヤより高級になるそうですが、そっち
方面は日頃全く縁がないので詳しく知りません。
ヒツジのパネル。
ヒツジ(コリデール種)  Corridale Sheep ヒツジ(サフォーク種) Suffolk Sheep
アカカンガルー Red Kangaroo
写っている柵は低く、これを跳び越えてくることもある
ようなので、二重扉の区画にいました。
カンガルーのパネル
(「有袋類はポケット付きエプロン」という規則性)。
「リスザルの楽園」にいるカピバラ Capybara 、ペリカン
Pelican 、リスザル Common Squirrel Monkey (奥)。
ここも二重扉の区画になっていました。
同「リスザルの楽園」内、
シワコブサイチョウ Wreathed Hornbill とカピバラのパネル。
他にオオサイチョウ Great Indian Hornbill がいます。

 カピバラは齧歯目(ネズミ目)最大、ペリカンもじゅうぶんに大きいため、さらにはリスザルが小さいので、サイズの感触(もしくはパース感)が狂いそうになります。

アメリカビーバー North American Beaver 。
巣穴の中で寝ています。
アメリカビーバーのパネル。
なおOPにいるのはヨーロッパビーバーと思われる
レッサーパンダ Lesser Panda 。
英名は Red Panda と表記する場合もあり、個人的には
そちらの方が合っていると思っています。
レッサーパンダのパネル。なお右で見切れているのは、
熊本市動植物園のための募金ポスター。
マレーバク Malayan Tapir 。
柵を噛んでいる状況。
マレーバクのパネル。
両耳に噛まれた跡があるので困り顔が似合っています。

 マレーバクのパネルの両耳はズームした写真も撮ってあります。他の分野もそうですが、本当に何を載せて何を載せないか迷います。

ショウジョウトキ Scarlet Ibis 。
タイミングよく翼を広げているところを撮ることができました。
ショウジョウトキのパネル。
バードドームの外側にあります。
コツメカワウソ Oriental small-clawed Otter 。
非常に落ち着きがなかったです。右側の人は背中を床に
ぐりぐりと押しつけていましたが、新種の遊びでしょうか。
コツメカワウソのパネル。
右端中央に来たところをなんとか撮影。
ホンドタヌキ Japanese Raccoon Dog のタヌオさん。 タヌキのパネル。右側にちらりと写し込んでいますが、
もう少しなんとか写しようがあったと思います。
アライグマ Common Raccoon 。
寝てました。
アライさんのパネル。全身も撮ってありますが、前掲の
通り別の場所にもパネルがある上、4匹かたまって
中央付近で寝ている様子をなんとか写し込んでおこうかなと
フタコブラクダ Bactrian Camel 。奥で寝ているのは
アルダブラゾウガメ Aldabra Giant Tortoise 。毛が一様で
ないのは、生え替わり(換毛期)だからとのこと。
フタコブラクダのパネル。
コブの数とお団子の数が対応しています(ヒトコブラクダは
お団子一つ)。
ラクダの場所のバナー。キリル文字で書いてあるので
スラブ系(ロシア語系)の言語に見えますが、
モンゴル語です(*1)。「ラクダは砂漠を進む究極の船」とでも
訳しましょうか。

*1 Усан онгоц тэмээ Хучтэй урьдчилан цөл

 このあたりで一度ブレイク。ただ2周ぐらいした上で、写真は写りがマシな方を選んでいるので、撮影の時系列は並び順ではありません。

フンボルトペンギン。定位置のグレープ君とふるる。
Humboldt Penguin, Grandpa Grape and
his waifu fururu's panel.
手前がグレープ君の前妻ミドリちゃん。奥がミドリちゃんの
今の夫デンカ君。たぶん。
"Midori" (front, ex-wife of Grape) and "Denka" couple,
maybe.
雛のビール(雌雄不明)。ミドリちゃんとデンカ君の子供。
2016年11月22日生まれ。
Baby penguin "Beer", child of Midori and Denka, parhaps.
もう一匹の雛、クロキリ(黒霧)(雌雄不明、画面中央)。
カイ君とゴールドちゃんの子。
Another baby penguin, "Kurokiri" (center of picture).
ミナミアフリカオットセイ South African Fur Seal 、
カメラの限界を感じるところ。
コンディションが良ければ触ることができる(*2)。

*2 この日はゴマフアザラシ Spotted seal も出てきたが、触るのは難しいとのこと

 サーバルちゃんのパネルは最後に回しました。高所恐怖症ではありませんが、いい歳ぶっこいて一人で観覧車に乗るという方が精神的に厳しいものがありました。まあ明確な目的があるので乗りましたけれども。

 しかしアクセスログを見ても、こんな辺鄙なところ(このサイトのこと)に資料性を求めて来る人も……いやミリタリー関係だと海外とかからもアクセスがあるし、載せてる写真を片っ端から持って行く人も一人や二人じゃないし、いることはいるっぽいんだけど実のところどうなんでしょうね。写真を載せる時には自己満足に何かプラスアルファをするように一応心がけてはいますが。

乗ったら、進行方向(?)左側を向きます。
しかし芸が細かいですね。
さらに左(乗った側、切符売り場の屋根の上)を見ます。
撮影チャンスはそんなに長くはないです。
※ゴンドラは個別の空調付きです
あとは鳥瞰を楽しむのが良かろうと思います。
私はそうしてました。
動物園側より観覧車を仰ぎ見たところ。
観覧車を見るたびに「頂点数多そうだなあ」と

 あれ?パネル全部撮ってるよな?全部載せたよな?と、これを書いている段階でも今ひとつ自信がなかったりします。イベントの時にやることがあるんですが、今回もアンチョコを作って持って行きましたので、撮りの方はまあ大丈夫でしょう。多分。

【2017.06.20追記】パネルの場所が変わったとのことです。現地に行って撮影できるというのは、行動できる人ならではのメリット(もっと言ってもよければ、特権)です。動けない、または、動きづらい状態になってから、その有り難さが身に染みます。無くして分かるというものですから、日頃は意識することすらないでしょう。

2017.06.09 - ファミマのキャンペーン内容がおかしい

 東武動物公園の掲載分が3カ所ぐらいケアレスミスしていたので修正しました。脚がまだ酷いことになっていますが、今日は通院日、嫌でも行かないともう処方薬がないので大変やっかいなことになります。

 それはそれとしてファミマのけものフレンズキャンペーンがやっと来たんですが(ファミマプリントが先行していたものの)、対象商品がおかしいでしょ。いやファン層のうち購買力がある年代を考えると、ある意味では合っているのかも知れないけど、個人的には肝臓まわりで困っていることはないし。多分。

2017.06.11 - よこすかYYのりものフェスタ(6月10日撮影分) Yokosuka vehicle festa, Kanagawa pref.

 必殺技を使って交通費を捻出し(ちなみにJRだけ使うと帰りの電車賃がなくなる程度の逼迫)、横須賀の「のりものフェスタ」に行ってきました。【追記】これで今月の交通費はなくなりました(都営交通を除く)。

82CCV(82式指揮通信車)を上から。というか歩道橋から。 さらに角度を変えて後ろから。 
1トン半救急車。 角度を変えて上から。
車内見学に結構な列ができていました。
トヨタ・ハイメディック。
乗れこそしないものの、車内を公開していました。
こちらも上から撮影。アンテナの配置などは署によって
著しく異なると思われます。
重機体験コーナー。
操縦したかったのですが、遠慮しておきました。
こちらは、より小型(05タイプ)のユンボ。
操縦したかったです ←くどい

 撮影の時系列が違いますが、JR横須賀駅の踏切をわたった方の構内。

マルチプルタイタンパー
MATISA B 50 JA 8
バラストレギュレータ
Plasser&Theurer KSP 2002 E
頭が良いんだか悪いんだか分からない、
非常に強引な突き固め
突き固め中の模様。

 海上自衛隊地区

横須賀地方総監部 とはいえ敷地は海続きなわけで。米海軍アーレイバーク級
Arleigh Burke class DDG-54 カーティス・ウィルバー
USS Curtis Wilbur 、改装中の模様
LCU2002 輸送艇2号 多用途支援艦 ひうち型 AMS4305 えんしゅう

 以下、護衛艦 むらさめ型 DD107 いかづち

 真正面から。ラティス・マストが比較的高いですが、主要な
装備(レーダー等)の配置は非常に合理的だと思います。
旗旒信号(画面中央、旗による信号)は読めませんが、
現地でなんとかしたところによりますと「WELCOME」と
書いてありました。
結構な人出で、入場待ちは結構な長さがありました。 入場を待ちつつ撮ったもの その1
入場を待ちつつ撮ったもの その2 たしか入場を待ちつつ撮ったもの その3
どれがどのレーダーかの説明は後回し。
記憶が正しければ、これは下りてから撮った写真。
波の光が艦番号のあたりに反射していました。
こちらは艦尾の護衛艦旗。
オットー・メララ76mm速射砲。周りのお客さんに「76mmは
弾薬の直径ですよ」と突っ込みたくなりました(説明をしたくて
仕方がないという意味です)。
VLS。見えるところは16基でした。この他、見えないところに
VLSがもう1セットあります。エンハンスト・シースパロー
対空ミサイルとアスロック用。
SSMのランチャー。基部が二つ(右舷向きと左舷向き)、
それぞれ4発まで搭載可能。写真では3発ずつ。
カバーをかけられた器材はアレだと思います。
ヘリの自動降着装置。ただ、使わないで降りることが
多くなるようです(使うと操縦の腕が落ちるという理由から)
ヘリのLSO(着艦信号士官)ブース。子供と比べると、
ドアのサイズが分かると思います。
ヘリ用の誘導信号灯。

 次、他に停泊していた艦船。撮影の時系列で日が出ていたり曇っていたりで、フォトショで調整したとはいえ、波の色味は気にしないで下さい。

掃海母艦 MST463 うらが 手前のうらがの他、各艦船のラインナップ。
右からMST463 うらが、DD109 ありあけ、DD110 たかなみ 左 DD110 たかなみ 左 DD109 ありあけ
桟橋の向こう、たかなみ型の向こうに、補給艦とわだ型が
見えます。
艦名がわかりませんでした。
高速艇のデモンストレーション その1 高速艇のデモンストレーション その2

 次、SS505 うんりゅう。そうりゅう型 SS505 ずいりゅう (思いっきり書き間違えました。予想より疲れていたようです)

艦上はさすがに撮影禁止でした。まあ邪魔にならない
程度に粘ったんですが。
順路出口すぐのところから艦橋の全体像を。
X翼が特徴です。十字よりも運動性が高いとのこと。 音を抑制する工夫があちこちに見られ、
非常に興味深いところです。
 逆サイドを後ろよりから。もう少しズームすれば良かった。 前端、後端、艦橋の部分は、比較的平らな部分のタイルと
違う取り付け方がしてあるようでした。細かいことは
分かりませんが。写真は胴体の前端に近い部分。

 次、SH-60J。

SH-60J (21-8266)
SH-60Kと比べると、やはりあちこちが(大まかにも、
細部も)違いますね。
場所を(人払いして)あけて、SHが離陸しつつある状況。
ドアの開口部はUHなどと違ってこちらだけなので、
手を振るのは大変であろうと思いましたが、
撮影していたこちら側(フェスタ会場側)にも
オーディエンスは大量にいました。

 じっくりシャッターチャンスを狙ったりしたこともあって、撮影は1,200枚ぐらいでした。

2017.06.14 - イベント類で立て直したと思うので作業します

 交通費は完全に底をつきました(モバイルSuicaにJRの初乗り運賃分の残高も残っていない)。お米とパスタはありますから餓死はしないと思いますが、おかずは醤油か塩コショウかマヨネーズか塩かオリーブオイルか、それらを独自にミックスしたものになりそうです。銀行口座はガス代が引き去られたら1,000円を切るはずです。手持ちは73円しかありません。

 しかし、イベントに出かけたことは後悔しておりません。体勢を立て直すのが非常に難しいので(抑鬱性神経症にも種類がありますが、本当に厄介なので)、ただ作業するにしても、やるべきことは山ほどあって、どれから手を着けたものやら、という点が情けないことに実情としては存在します。

 もう少し言えば筋肉痛が凄いです。横須賀地方総監部から汐入駅ってそんなに距離ないですが、帰りは文字通り脚が棒のようでした。特に歩道橋や駅の階段が効いたというぐらい。あと、ずっとカメラを撮影位置で保持していた時間も長く、腕まで筋肉痛です。まあ、普段、どんだけ運動不足なんだよという話ですが、元気な病人というのもおかしい話なので……

2016.06.16 - 思ったよりも疲れてました

 筋肉痛は治まりましたが、脳みその方の反動が結構ありました。東武動物公園と「のりものフェスタ」のキャプションやリンクがあちこち間違ってましたので、こっそり訂正を入れました。

 謎の頭痛に、さらに別の頭痛が加わって、横になって本を読んで、日に2時間ぐらい海外の人とcoopしてるぐらいしか出来ることがないぐらいには動けない状態が続いていました。しかしコーヒーを飲んだところ(驚くなかれコーヒーを買うカネにも窮している)、収まりました。カフェイン依存症の頭痛だったのか……。

 明日から動画作成の続きを頑張って、体勢立て直しの取っかかりにするつもりです。健康がいかに貴重なものかは失って分かるもんですし、身体が資本っていうのは本当ですよ。皆さんも無理とかしないように気をつけて下さい。私は手遅れです。

2017.06.17 - まだミスがありました

 頭痛がだいぶ軽くなったので(楽になった訳ではない)、色々溜まっている件で一体何があるのか再整理をしたり、休憩にどこかの外人さんとWatch_Dogs 2の実績をひとつ解除したあとcoopを1時間ぐらいしたり(英語話者ではなかった模様だけど、こっちも英語話者ではないし、意思疎通は取れているようだったので大丈夫)とかしていました。死んではいないけれども生きてもいない状態から早めに脱却したいのですが、そう思ってすぐ動けるならこの病気やってません。本当に厄介です。

 それにしてもけものフレンズの舞台を見に行ける人が羨ましい。チケットの当落以前に、今月は東武動物公園と横須賀に行ったので、もう動きが取れません。舞台としてはチケット代は決して高くないんですが、BDとか色々買ってもいるので、もう手持ちがありません。コーヒーぐらいは買えますが【訂正】買えましたが。

 肩凝りからくる脳底の頭痛も、いちいち書いても仕方がないので書いていないだけで、ほぼ毎日あります。集中力が削がれるので本当に辛いですが、辛いと書いてつらさが解決する訳でもありませんし。


前のページへ (Prev. page) 現在地 You are here

コラムへ 修行ページへ トップページへ


過去ログ倉庫: (Log file's warehouse)

2010 3Q 4Q 2011 1Q 2Q 3Q 4Q 2012 1Q 2Q 3Q 4Q 2013 1Q 2Q 3Q 4Q 2014 1Q 2Q 3Q 4Q 2015 1Q 2Q 3Q 4Q 2016 1Q 2Q 3Q 4Q


コメント欄とかトラックバックとかいうこじゃれた仕掛けを作るつもりは一切ありません。しかしながら、インターネット上にファイルを置く以上「リンクするな」とは言えません(*1)。ただ、リンクの前に「それはあなたにとってプラスかマイナスか」はよく吟味して下さい。むろん、私の方では一切そのあたりの価値観に口出しするつもりはありませんので、ご自身の判断で行動して下さい。

あと、うっかりここまで読んでしまい、かつ「役に立つ情報があるので寄せたい」などという奇特な方、まあ過去の例から言えば滅多にないケースなんですが、もしおられましたらトップページに連絡先が書いてあるので、そちらからお願いします。

(*1)未だに「無断リンク禁止」みたいなページを散見しますが、法的な根拠は全くないどころか、「ネットの仕組みを分かっていない頭が超絶悪い人ですよ自分は」と朱書きしているようなものです。リンクされたくないのなら、インターネットに晒さなければいい。

コラムへ 修行ページへ トップページへ

[EOF]