ユーザーモデル公開 - 砲兵鏡 Scherenfernrohr SF 14 Z

ドイツ軍が二次大戦中に活用した砲兵鏡

直近の更新履歴

2013年01月06日 新設
2013年01月06日 更新(おまけポーズ付け忘れ

直リンで来られた方へ →一段戻る →トップページ

 この文書も含め、ファイルセットの内容は明示的・非明示的を問わず、一切保証しません。ご自身の責任においてご利用下さい。
NO WARRANTY by all means. Please OWN YOUR RISK.

履歴

2013年01月06日 新設
2013年01月06日 v0.2 おまけポーズデータ付け忘れを解消。モデルに変化なし。

概要

 オリジナルモデルです。ドイツ砲兵のお供に、また将官の視察に、あるいは軍部を出し抜く501ドイツメンバーのために、色々と役立つ光学器材です。望遠鏡にも、また訓練が必要ですが測距儀にもなります。キャラにのぞき込ませなくても、横に置いておくだけで、司令部(師団・旅団・連隊・大隊・中隊本部など)の雰囲気を出すことができます。多分。

 なおモデルでは、調整部やレンズキャップなどは今回ばっさりとカットし、とにかく砲兵鏡としてシルエットがそれっぽく見えることだけを目標にしました(モデリング自体は去年の夏からやってたんですが、いつまで経っても完成しねーので)。

内容

 組みになっている対物レンズ、いわゆるカニの眼の部分(ドイツ語 Schere はさみ)が特徴ですが、これは実物でも左右連動なので、モデルでも片方を操作すればもう片方が動くようにしてあります。最短は両方とも直立の位置、最長は両方とも水平に近い位置です。造形がアレなのは実質2日で作ったからです。気にせず、雰囲気で使って下さい。

一般的でないご注意

 おまけとしてレチクルを入れてありますが、そのままでは使いづらいと思いますので、各自加工して使って下さい。

既知の問題点

・くどいようですが、細かい造形までは手がまわっていません。真摯な要望があればお伺いしますが、その場合は資料(ないし、資料代)を寄付して下さい。

・twitterで報告されても、読んでませんので気がつきません。

ご注意

 許可のない二次配布を禁止します。エロ・グロ(ホモ系を含む)など非常識な使い方を禁止します。

 動画や静画でご利用いただいた場合、コンテンツツリー親作品への登録をお願いします。また、可能な限りの話ですが、一次著作者としての表示を希望します。

余談

 建設的なサジェスチョンや要望、ファイル構成などのうち理解に苦しむ部分(ありませんように)などについての質問等ありましたら、遠慮なくメールでご連絡下さい。ただし常識の範囲内で、最低限の常識は守って下さい。連絡はdiagraph01@ab.auone-net.jpまでお願いします。なお、トップページにも書いてありますが、フリーメール類は遠慮なくゴミ箱行きですので、プロバイダのアカウントからメールして下さい。

 twitter (@diagraph01)は、一方的につぶやくだけで、ほとんど能動的には使っていません。

 ところでファイルどこだよ? と思った方へ。こちらです。ドキュメント読まないでダウンロードする人を防ぐために、こういう回りくどい手段をとっているだけで、決して意地悪とかではありません。


一段戻る トップページへ戻る