ユーザーモデル公開 信号らっぱ

旧軍から自衛隊に至るまで使われてきた連絡・通達手段のひとつ

直近の更新履歴

2014年05月06日 新設
2014年05月08日 改訂

直リンで来られた方へ →一段戻る →トップページ

 この文書も含め、ファイルセットの内容は明示的・非明示的を問わず、一切保証しません。ご自身の責任においてご利用下さい。
 NO WARRANTY by all means. Please OWN YOUR RISK.

更新履歴

2014年05月06日 新設 v0.0
2014年05月08日 改訂 v0.1

ご紹介

 ※現状では試作品です。「ふさ」がありません。

はじめに

 以前から「信号らっぱ(1型)」を作りたいという希望はありました。

 OMF3に空深彼方MMDモデル(作者:浅木様)が出品されてからは、「この子に信号らっぱを持たせてやりたい」と真剣に考えていました。

 彼女が登場する「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」という作品は、個人的には非常に高く評価していますが、アニメファンの間でも認知度は不当に低いと言わざるを得ません。非常にもったいない話です。萌え要素を前面に打ち出した作品ではありませんが(萌えを否定したいという意味ではありません)、萌え要素がなくても、良いアニメ作品はたくさんある、ということを言いたいのです。あまり具体的に立ち入るのは避けますが「廻るピングドラム」「プラネテス」などがそうです。また、原作が途中であるまま、記憶が正しければ20話という中途半端なフォーマットになった「ふたつのスピカ」もそうです。

ファイル構成

JP_signal_bugle_v0.1.pmx : 信号らっぱ 本体

 マウスピースが外れます(ほぼ意味はありませんが)。また、つば抜きを動かすこともできます。

JP_signal_bugle.mqo : 信号らっぱ 本体のメタセコファイル(keynote併用)

 retained な.x形式を作成したい場合に使用して下さい。

white.png : テクスチャ(真っ白)
metal_bugle.sph : 真鍮色というか金色用のスフィア
metal_silver.sph : 銀色用のスフィア

以下はpmxeditor用の設定ファイル
ボーン.csv
材質.csv
表情枠.csv

既知の不具合

 「ふさ」が作られていません。原因は、ほぼ半日で作ったためです。

 海上自衛隊の信号らっぱを基に制作しているため、陸上自衛隊の「信号らっぱ」とは、細部が異なります。たとえば、マウスピースが落下するのを防止するために鎖でつながっているものがある、などです。今後も継続して情報を収集する考えです。

ご注意

 OWN YOUR RISK; 正常に動作することを期待して制作・検査・配布を実施しておりますが、正確性や動作の正常を保証するものではありません。

 しかしながら、不具合や改善要望は、これを歓迎します。コミュ掲示板に書かれたものは必ず対処します。匿名の報告や要望には重きを置きませんので留意して下さい、「どうしても」という場合は電子メールでお願いします。フリーメールの類は自動でゴミ箱に仕訳されます。gmailは歓迎しておりません。

 このファイル、および、各ファイルの説明事項と、各モデルの注意事項は、ウェブサイトの配布ページにも記載しております。内容が異なる場合や、急遽注意事項が増えた場合、不具合が報告された場合、差し替えた場合など、すべての場合において、常にウェブサイトの記載内容(つまり、ここ)が正本となりますのでご注意ください。
http://diagraph01.justhpbs.jp/MMD_models/

 直接このファイルを取得した方は、詳細について、ウェブサイトの注意書きを参照して下さい。読まなかったこと、あるいは読んでも理解できなかったことによる責任は、あなたにあり、私にはありません。

 私はすべてのモデルの著作権を留保します。これは原型製作者に対して失礼がないようにするためであり、第三者に対して不快感を与える行為を行う不届き者に対する安全対策です。

 メタセコモデルのうち、"bone:bones"オブジェクトが定義されているものは、keynoteプラグインを使ってボーンを予め入れてあります。

謝辞

◎真風様・デルタ1様 (順不同)

 海上自衛隊所属艦船の艦橋にある当直用の信号らっぱの写真を複数、ご提供いただきました。これらの写真がなければ、モデリングにもっと時間がかかっていたと思います。

さいごに

 作品ができたら、よかったらの話ですが、紹介静画や取説動画に親登録していただけると幸いです。そうすると、投稿されたことが割とすぐに分かりますから、探さずとも見に行くことができます。

その他

 不満がある方は、メタセコファイルとテクスチャファイルを同梱しておりますので、勝手にいじって下さい。keynoteプラグインの併用を強力にお勧めします。

 ファイルはこちらになります。

 どうしても言っておきたい苦情や、ファイル構成などのうち理解に苦しむ部分とか(ありませんように)についての質問等ありましたら、遠慮なくご連絡下さい。連絡先はreadmeに記載してあります。


一段戻る トップページへ戻る