生存確認用ページ
過去ログ 2011年第3四半期分

(Log - 3rd quarter, 2011)

更新履歴
2012年04月28日 このページを設置。

2Q2011←前|次→4Q2011

最新版へ 修行ページへ トップページへ

2011.07.01 - PTM / INERTテクスチャ準備の中止に関して

 表題の件ですが、要するに「実弾のテクスチャを貼ってきましたが、訓練弾のテクスチャ用意については途中で止めます」ということです。これ続けてると心が折れそうな上に、資料があんまりなく、かつ、実物に関してもカラースキーム(塗装規定、とでも訳そうか)が国や軍、もうちょっと言えば部隊、試験隊、訓練隊などによってかなり違う、という事情があるので、サイドワインダーまでに留め、あとは実弾色にすることにしました。

AIM-9/D/G live munition AIM-9D/G/H so called PTM/Inert munition
AIM-9D/G/H 実弾 AIM-9D/G/H 訓練弾風

 途中で止めたところで、搭載確認作業、ファイルのまとめ、説明文の書き直し、紹介動画作成は残っている訳ですが……。

 おまけ:アメリカTD(駆逐戦車)祭りの模様。ガレージに置いてあるIII号A型軽戦車で出た時の状況。

U.S. TD festival
ドキッ!T18だらけのTD大会!ポロリ(ry

 全員チャットでも笑いが起きておりましたが、自殺偵察に行ったらちょっとしたパックフロント状態で、本当に自殺になりました。まあ敵状はある程度把握したので……と思ったら、この回は確か負けてたと思います。TDを片付けるのは榴弾砲の仕事になりがちで、榴弾砲がちゃんと仕事できないとかなりの高確率で負けます。

2011.07.02 - カナダ・デイおめでとうございました。←遅いよ

 7月1日はカナダ・デイで7月4日はインディペンデンス・デイなので北米はホリデーな感じなの? クルスク戦キャンペーンということになっているけど実は週末セールだろ。っていうかまたセールだよGW Tiger乗りたいからクレジットあんまり使いたくないんだよ助けて(ry

 それはそれとして昨日書き忘れたんですがamazon.de(Amazon Deutsche)でDer UntergangのDVDをポチりました。なんでわざわざドイツのアマゾンからか、というあたりも含めて、あとで動画を作りますが、それはともかく送料の方が高い。逆に言えば日本のDVDやBDが高いんだけどな。なんでBDじゃないかというと、ドイツのアマゾンで扱っているBDの字幕は英語版なのです。俺が欲しいのは映像ではなく(映像だけで良いんならもう手元にある)、ドイツ語字幕なので。まー動画作るのに日本円で5,000円強吹き飛びましたということであれば、変ないちゃもんを付ける奴も減るだろうと思う。減りますように。まあ変なコメント付いたら即刻非表示にしてやるけどな。度を過ぎるようなら運営に削除依頼出すし。

 別件でWoT用の音声MOD制作準備中。ファイル構造は分かった。

2011.07.02その2 - と思ったら公式が

worldoftanks worldoftanks.com
The change in crew voice is in development. You will be able to choose between international and national language packs for your tankers.
3時間前

 訳:乗員の音声差し替えは開発中。国際または国家別音声パックを選べるようになります (この場合の国家はゲーム内のことを指していると思われる)

 まあ、でも、作りかけだし完成させますけどね。

2011.07.06 - ヴィットマン・メダルを授賞してしまったが気が引ける

 私は自走榴乗りを自称(※自負ではない)していて、ほんのちょっとだけ(0.1nmぐらい)誇りも持っているわけです。ということを前置きして。

 車輌別でその日に初勝利を上げると、獲得経験値が2倍になります(日本時間だと麻衣 毎0900時にステータスがリセットされる。まだこの特典に浴していない車輌は、ガレージに赤い星が二つ表示される)。これは結構お得だし、次の車輌までのステップになるじゃないですか。でもって、一応「全部の車種」に乗って、ある程度その車種ごとの特性をつかんでから、榴弾砲での射撃でそれを活かす(例:各車両の行動特性とそれを活かした予測射撃、「お約束の場所」の把握、などなど)というコンセプトで戦闘に参加しているので、そういった「SPG以外」の車輌が一通りガレージにある訳です。ガレージの関係で戦車博物館とまではいかないが。そこで当日初勝利なら2倍と来たら、そら乗りますわ。お得だから。

 JagdPz(愛称:やくぱん)で出たら湖の面(たしかLAKEVILLE)、北方面に陣取り。またここか、防御戦闘に徹しようと思ったら本当に防御戦闘になりました。一緒に防御してた味方TDやSPGが次々取られるあいだ、もうとにかく見える敵は片っ端から撃つという、戦術ですらない状況で残りHPが確か18、あちこちがオレンジ色、更に最悪なことに途中で主砲を破壊されて、修理できたものの射撃精度が落ちるという最悪の状況。味方から「お前、何回履帯切られた?」って聞かれたので、正直に「4回」と答えておきました。

 相手のM7プリーストを残し10輌撃破(上がってきた榴2門を含む)。敵から名指しで「お前の勝ちだと認める」という意味のことを言われるし(tyとだけ打っておきました)、味方から「**** u **********」「wtf 10 kill」「one man army」と罵倒を受けるし、III突乗りの人から「俺マジでヤークトパンター目指すわ」と言われるし。結局プリーストが上がって来ず、防御戦闘のおかげと主機・履帯損傷のおかげ、その条件下だと絶対キャプ間に合わないと判断し、こちらからキャプには行かず、引き分けになりました。「行け!」って無茶振りしてきた人はいましたが、それ以外の人はまあ許してくれたと思います。ところで敵のプリーストはどういう扱いを受けてただろう……

 でも運が良かっただけで、突乗りには向いてないので、プライベートと公式経由と両方でクラン加入のお誘いを受けましたが「俺ジャップだし、さっきのは絶対まぐれだよ」と丁重にお断りを申し上げておきました。英語苦手だし。あと、トップガン取ったのって今回以外だとグリレ・フンメル・GW Pantherだし。いや、それはそれでどうかと自分でも思うけど

 さて日本語音声MODを作る作業が残ってるけど、その前に仮眠を取ろう。さっきの地獄のような戦闘でへろへろだ

【07/07追記】別に良いことばかりでもなく、今までの戦闘の中でただ一輌だけ味方への誤射で撃破してしまう事件があり(しかも、相手が上官であるところの大和工廠P)、榴弾砲で敵を撃っても、その近くに装甲の薄い味方がいれば、下手すると8割ぐらいダメージを与えるらしいっていうか「いまお前から80%ダメージくらったぞ」とクレームがありました。本当に申し訳ありませんでした。今後このようなことのないようにできるだけ気を付けます。

もし言わせていただけるのなら、敵にくっついている場合は榴の支援を諦めていただき、「その時に榴の支援がなかったこと」についてstupid呼ばわり等は避けていただく方向でお願いしたいのと、榴はクリックしてから、つまり、撃ってから、どこかに着弾するまでに、距離によるけど砲弾が弓なりに飛ぶ性質から1〜5秒程度かかる、ということもご理解いただきたく。

2011.07.06その2 - PCトラブル再発

 俺も無茶な立ち回りをしたけど、PCにもCPU負荷+室温という負荷をかけていたようで、またシステムの何らかのファイルが壊れた。よくあることなんだけど。ただWindowsは、最近のものになるにつれ、仕組みを隠す方向に来ているので、特定できなかったり、特定まで時間がかかったりするから困ります。普通の人ならサジ投げるところなんだろうな。

2011.07.07 - たなばた

 たなぼたになりますように。あとリア充が全員爆発しますように。ついでに言うと2個上のうざい武勇伝で分かりにくい場所に追記をしておいた。たいていは惨めな氏に方しかしてないんですけどね、本当に。

 棚ぼたどころか、レジストリに書いてあるインストール関連の情報のうちいくつかが壊れていたらしく、ちゃんと起動しないソフトがいくつか。再インストールが必要で非常に困った。皆さんもこまめなシステム・バックアップや、復元ポイントの定期的な作成を心がけましょうね。もっとも、ぶっ壊れたままバックアップしたり復元ポイントを作ったりすると、その状態のまま復旧するので、修復してからバックアップしないと意味はないんですが

2011.07.11 - ゆるゆると進捗中

high tier matching high tier matching 2
一体どうしろと 主力が北西に向かったので、谷を監視中

 ↑こういうこともありましたし、

フェルディナントを中心とした隊列。私は後ろで榴

 ↑こういうこともありましたが、

 とりあえず音声MODの動作確認はできました。ただし、一つのカテゴリを除く、ほかの音声については、録音が大変なので1種類ずつしか入れてません。それで延々遊んでましたが、自分のキモ声を聞きながらの戦闘というのは、なかなかどうして気が散るというか拷問というか

2011.07.14 - やっぱり拷問

 自分の声を聞きながら戦闘するのはセルフ拷問です(疑問形とかではなく結論です)。まあ、モデリングから逃れるため全力で現実逃避して音声MODが完成するのなら、それはそれで良いかなーとは思うけど、それにはまず叩き台として自分の声でテストして、自分が実験台になるほかないわけで。

(1) 差し替え音声の製作方法を紹介する (念のため:「音声の差し替え方法」ではなく「差し替える音声を作る方法」)
(2) 音声ファイルをお預かりして、それをビルドしてお返しする (「誰からでも依頼を受ける」という訳にはいかない)

という二種類を考えています。

2011.07.19 - というか拷問

 結局、妥協を重ねて「吹き込んだファイル」は217個になりました(他に3秒サイレンスとか8秒サイレンスとか効果音とかがあるので、プロジェクトに含まれるファイルはもう少し多くなります)。

 無線音声効果を入れずにこれから装備実験ということで戦場に出てきますが、さてどうなることやら

2011.07.23 - 音声ファイルMOD α版出来

 音声そのものはともかく、これで骨組みはできたので、あとは日本人からの報告待ち (*1) と、英語での「MOD作成方法」インストラクション作成作業ですがもう長文の英文っぽいものを書くの嫌だお。まあ最終的には書くんですが っていうか書かざるを得ないんですが

【追記】(*1) 日本人か、日本語の高度な聴き取りができる人じゃないと確認できないもんな。あと、匿名じゃないと誰も意見くれないかも、とは思ってます

2011.08.02 - 音声ファイルMOD β版出来

 WoT宣伝コミュに日本語で、公式掲示板に英語で告知を打ってきました。β版と言っても音声は変えておらず、取説の英文をいじっただけです。

 ここの更新が空いたのも、誤解を招かず、かつ、向こうの人が読めてかろうじて意味が伝わるような解説ページを書いていたからであり、日本語だけだったらもう少し早く出来ていたはずです。

 これらの準備が整ったが故に「萌えボイスで録音したからファイル作るよ」といったレポートを受け取ることができるものと期待しておりますし、「うちの嫁がしゃべったファイルがあるからビルドして?」というリクエストがあれば、内容次第ではよっぽどアレな場合はお断りすることがありますが、そうでない場合はこちらでビルドしてお渡しすることすら可能、といった状況となっております。

 つ、疲れた……もう長文の英文は見たくない……。

2011.08.06 - 0.6.6パッチこねー

 0.6.6パッチ待ち。ポルシェ・ティーゲル!あとE-75とE-100!自走榴弾砲乗りだけどね!

 テストサーバはロシア人だらけでした。チャットはロシア語だらけだから打ち合わせの内容とかは分からないけど、一部の罵倒語は分かったよ? 北米・欧州・ロシアのサーバからユーザのデータを移してあって、どこのサーバから移したか名前の後ろに付くので( "_US" "_EU" "_RU" のように)、私がアメリカの方の人と思われていた模様。日本人なんですけどね。まあもう過ぎたことなので良いんですが多分ロシア人と仲良くするの無理。

2011.08.07 - コンデンサ破裂

 「パソコンから破裂音がした」という相談を受け(誰から受けたかは伏せさせて下さい)、切り分けができず困っており、さらに時間が経ったら「画面に不規則に、紫色の模様が出るようになった」とのこと。これはもう予想修理しかあるまいと、PCI-Exであることを確認して代替ボードを持って行って分解したところ、見事にグラフィックカードのコンデンサが破裂していました。

 まあ、口でぐだぐだ言うより、写真が雄弁に物語るでしょう。原因は経年劣化と考えられますが、最近ものすごい勢いで中国製コンデンサが増えていますので、こういう感じの故障はどんどん増えていくと思います。

Graphic card, capacitor vent Two capacitors vented
年代物のグラフィックカード(ロープロファイル対応、
ファンなし)。矢印が破裂箇所
破裂の状況。表記を信じるなら、両方とも6.3V 1,500μF。
Capacitor vent, another angle Another capacitor, not vent
別アングルから。内容物(*1)が一部出てしまうほどの
破裂であったことが分かる。
別の位置のコンデンサ(6.3V 1,000μF)。(*2)

(*1)内容物=この場合、コンデンサの中に詰め込まれていた、電解液を染みこませてあった物質
(*2)ぱっと見、固体高分子コンデンサに見える人もいるかもしれませんが、ご覧の通り単なる電解コンデンサです。

 私はこの言葉が嫌いですが――と前置きして――「コンデンサ妊娠」という言葉をよく聞くものの、このような見事な破裂の例をノンスリーブで見たのは初めてなので、報告しておきました。皆さんも「なんか調子が悪い」と思ったら、部品のうち電解コンデンサをチェックしてみましょー

2011.08.10 - 0.6.6パッチ来た

 E-50がめちゃくちゃ使える。PantherとPanther IIを売り払っても全然惜しくない程度に使える。自分が乗っても結構戦えるし、速度も出る(馬力を向上させる消耗品がtest 1(テスト段階)で実装されたのに、test 2で削除された理由がよく分かる。必要ないからだ)。敵に回すと結構厄介。ドイツ重戦車のうちE-75とE-100にはまだ乗っていないものの、E-50に限って言えば、やっとアメリカ・ロシア高Tier中戦車と肩を並べられる車輌が実装された、と言うこともできよう。

 それはそれとしてアンプ付きマイクの回路がいかれたっぽいので部品を交換しました。以前から、拾わなくて良い生活音や環境音も拾っていましたが、部品を替えたら性能が上がってしまい、がっつり拾うようになりました。ついでなので単4×2という不便な運用(気付かずに電池が切れていることがある)を、単3×2で運用できるように改造しときました。あとで別ページに記述したいと思います。誰の役に立つかは分かりませんが。

2011.08.18 - 第1回反省会 in 脳内

 きょうあたり生放送するつもりで、何となく構想はしていたものの、「薔薇の名前」下巻(*1)を読んでいる途中でスリープモードに入った模様。

(*1)上下巻ともに300円で購入。つまり買い取り価格はそれ以下ということ。価値のない本ではないと思うのだが

 ある程度ダメな方向にまとまっていた睡眠周期が、今回のエピソード、および、ロゼレム(メラトニン受容体アゴニスト剤)の飲み始め、赤デパス(普通いきなり処方されない1mg剤)の飲み過ぎで更にダメになっている模様。

2011.08.20 - 第2回反省会 in 脳内

 モデリングのリハビリを再開しました。出せるものから準備ができ次第出して行こうと思います。直近では兵装セット2だろうか。ただ紹介動画を作るのが一番の障壁になる予感。

2011.08.21撮影、2011.08.22記述 - 横田友好祭

 起きるのが遅く出発準備に手間取っていたら遅くなってしまった。現地着1530時なので、一機一機をじっくり撮っている時間はない、おまけに考え得る限りの悪天候っていうかときどき雨。撮影には絶望的な状況のひとつ、しかし自分の目的はモデリング用の資料収集なので←どこがどう友好なんだ俺は

※写真にはプライバシー加工を加えてあります。

airplanes and choppers display on the ground at yokota friendship day, 2011 day 2 ground display, A-10
展示機より、雲の低さをご覧いただきたい ※補正は
プライバシー加工以外ほとんどなし。解像度を落としただけ
普通の人はこういう風に写真を撮る。良い悪いの話では
ありませんので念のため。コントラスト等補正。

 とりあえずC-17が一回テイクオフして、思い出したようにランディングしました。テイクオフの方は写真を撮りましたが、サマになってません。ランディングの方は展示機の向こうという形になり、撮れませんでした。撮れていても降ってたから無理だっただろうなー。しかし何回見ても機体に似合わない短い離着陸距離、さすがは空軍が無理言ってSTOL性も要求に盛り込んだだけのことはありますな

 鉄道写真と同様、航空機の写真撮影には「まず、できるだけ全体を収める」とかいった『お約束』があるみたいです。知ったことか。俺の目的はモデリング(ry あ、以降の写真は補正かけまくりです。

GAU-8 cooling air intake, A-10 layer fence, A-10
アヴェンジャーそのものも撮ってあるものの、冷却用の
インテークを撮影。
主翼付け根のレイヤーフェンス(だっけ)と、主翼前縁の
スラット。蓋が開いているのは荷物入れ用のポッド
(AN/MXU-648か何か)
pave penny, A-10 LITENING pod, F/A-18C
Pave Pennyと吊下状況。ピントが全体に
合ってないorz
海軍F/A-18Cがぶら下げているターゲティングポッド。
LITENINGだっけ?
ECM pod, AN/ALQ-184, F-16C IR jammer, KC-135R
F-16Cがぶら下げているECMポッド、
AN/ALQ-184
海兵隊KC-135Rに装着されているIRジャマーの
ケーブル配線

 他にも写真はあるんですが、っていうかフォルダを見る限り250枚撮っているんですが、露出を失敗していたりピンが来てなかったりして大変なことです。そして、あと10人ぐらいでC-130H(横田所属機)のコクピットを拝見できるっていうところで、まさかの時間切れ。セキュリティに追い出されました……いや俺が到着するのが遅かったんだ、文句は言うまい。

 そして一日遅れでやって来る、すさまじいまでの筋肉痛。

2011.08.27 - ヘリをモデリングしよう!

 というか、とっとと残案件を仕上げよう。ましてやAW-101とかUH-1B/UH-1Hとか新規案件を走らせようとするんじゃないぞ俺。

AW-101はテールローターを折りたたまない場合、
CH-47と同程度のサイズを持つ。
中央は比較用のUH-1H
メインローターとテールローターの折りたたみ状況。
テールローターのギミックは接着が甘く、撮影の
ために折りたたんでいたら「もきっ」と逝ってしまった

※ドア類は開閉を再現するため、マスキングテープだけで止めてあります。

 こうしてみると、きわめて大型のヘリであることが伺えます。エンジンはCH-53と同じく三発で、掃海用途に適した力を持っています。にも関わらず、機体各部に複合素材がふんだんに使われていて、ペイロード増加、ないし、航続距離の延伸に役立っています。海上自衛隊が掃海用にMCH-101として、南極観測支援用にCH-101として導入しました。ヨーロッパ製のヘリがばんばん入ってきていますな。

【追記】誤記等修正

2011.08.29 - 資料が足りない

ので、本屋に行くと飢え死にする可能性がある。冗談抜きで。電車代は行きにSuica帰りにPasmoを使えばなんとかなる(携帯が逝った場合に備え、かつ、鉄道マニアのはしくれとして、カード・記名式のPasmoを作ってあるので)。だが現金の持ち合わせがなく、カードの残額=普通預金の残高で、いま余計なお金を使うとサーバ類の借り賃(ここ含む)が吹き飛ぶので無理。

 しかしAW-101の翼形(BERP)は特徴がある。イギリスとイタリアの合作だけあって、ボディのデザインも特徴がありまくり。実用本位のアメリカ製ヘリとはまた趣が違う。「ヘリなんてどれも一緒でしょ?」的なことを言う人がいるが、その人の好きな分野で同じようなことを言われたら、その人は何と言い返すだろうか?

分かりやすい例、かつ、こういうことがあるので、他分野を気安く貶してはいけないという例:
・ゲーム機(あるいはゲーム)なんてどれでもいっしょでしょ?
・アニメ(または漫画、ラノベ、なんでも良いが)なんてどれでもいっしょでしょ?
・携帯なんてどれでもいっしょでしょ?
・OSなんてどれもいっしょでしょ?
・CPUなんてどれでもいっしょでしょ?
・などなど

2011.09.04 - 鎮魂+実物拝見+筋肉痛+翻訳+資料集め=ぐったり

(09.02) 大和工廠P迎撃準備も順延となったため、ドイツ語翻訳作業とか(正確に言うと、翻訳の裏取り作業と資料収集などなど)

(09.03) 大和工廠P迎撃、新宿→靖國神社→遊就館→秋葉原→帰投。

 遊就館の展示については、一度見たという場合でも、年月があいているならもう一度行った方がよろしかろう。遺品、遺書、葉書の類は引き込まれるものが多いが、年々展示物が増える。一つの展示が増えたとしても、その裏にはひとりの命があったのだから、そんな展示が重くない訳がない。余所で展示しない(あるいは、できない)ものが大量にあり、心に響く。もう一つ言うと展示室が計22と、弱った脚にはさらに厳しくなっていた。

 しかしながら、共通の趣味がある人と話すといつもそうなのだけど、ついつい話に没頭してしまう。今回私がやらかした失敗で、自分で一番びっくりしたのは、話をしていて4駅も乗り過ごした点。一応自分は鉄道マニアのはずなのだけど、もうびっくりですよ。道中の雨の心配が杞憂に終わったけど、帰り着いた直後にバケツをひっくり返したように降ったのにはびっくりした。

 比較的どうでもいいこと:ドイツ語の打ち込み作業にあたって、キーボードのキーの腹に貼ってあったテープが褪色したり剥がれたりしていたので、キーボードの掃除も実施。ウムラウトやエスツェットはいいとして、yとzが入れ替わっているので、ついつい打ち間違えてしまう。

2011.09.09 - 203系ラストラン

 という意味のヘッドマーク的なステッカーがあって、代々木上原で葬式厨惜しみつつ写真を撮っておられる方々がおられたので嫌でも気付きましたが別にいいです。201系のついでに作った感漂う設計思想といい、0番台と100番台で台車が違うとかいう節操のなさぶりといい……まあいいか

 あ、通院日で帰宅後ぐったり→スリープモードでした

2011.09.12 - 厚木の写真貼るの忘れてた

 人間のマルチタスクって2つが限度ですね。3つの人もいますが、短期記憶ユニットには個人差があるので いや本題ですが、2011.09.10の写真を貼り忘れたので、ちゃっちゃと加工してみました。

 当日は曇りときどき晴れ(雲のカバー率40〜60%程度)。近づけずエプロン駐機でしたが、US-2(71空9901)が来ていました。事前になんの情報も収集していなかったので、これは嬉しい誤算。【築城追記】到着時にはP-3Cが離陸を開始。ジェットを聞き慣れたせいもあるだろうけど、やはりエンジン音は非常に静粛、ということを再実感【/追記】。実家から海自鹿屋基地は十分に近いと言え、直線距離は別としてむしろ実感的に空自新田原基地の方が遠いのでP-3C(とP-2Jと多分P-2V-7)はかなり見慣れているものの、やはり実機を近くで見るのは違うし、当時とあちこち細部も違うし。

P-3C start taxing 1st US-2 (71fs 9901)
US-2を撮ろうとしたら急にP-3C(3空5041)がタキシングを
始めたので
P-3C (3fs 5041) start taxing (front:US-2)
日照の関係で帰り際に撮り直したUS-2(71空9901)。飛行艇
自体は世界的に稀少だが、日本の国情には必須と言える
JMSDF's US-2 (71fs 9901), specified for rescue mission
blade tip of SH-60K rotor blade's tip of SH-60K
SH-60Kの特徴あるブレード端。51空8402
SH-60K (51fs 8402) main rotor blade has unique shape
同、SH-60Kのブレードを、文字通り「真下」から
Blade tip from just under position

 米海軍機も含め200枚以上写真を撮りましたが、まだぜんぜん整理していないので、いずれ機会があれば後ほど。ただ、モデリング用の資料として撮ってきたので……あと、撮ってきたSH-60Kは51空8402ですので、通常のSH-60Kとは装備が違うとのことでした【追記:51空での装備実験のためと思われる】。上には相違部分を晒してません。他の写真は気が向いたら晒します。

 横田基地(米空軍)フレンドシップデーと決定的に違った点は、9.11の前日とあって、警戒度が今まで行った基地祭・駐屯地祭・観閲式・友好祭ふくめて一番厳しかった点でしょうか。新免許証では本籍地が記載されていないので、本籍地が分かる身分証明書(例:旧免許証、住基カード、住民票)【追加:と、パスポート】がないと入れず、それで入場できず残念がっていた人が少なからずおられた模様。日本またはアメリカ国籍ならすんなり入れるけど以下略。それにしても、住民票と印鑑証明を短時間で取る以外の用途で、はじめて住基カードが役に立ちました。

 まあ、そのおかげで機体にべったり貼り付いて写真撮ったり、クルーに直接色々話をしたり、待ち時間ほぼなしで米海軍のSH-60/HH-60のパイロット・コパイのシートに座れたり(更に言うとコパイシートのコレクティブはテレスコピックなんだけど、わざわざ引き出してくれたり)と、サービスは米空軍に比べても満点でしたし、以前から思ってはいたものの、テロ警戒を別にすれば米海軍が一番フランクだと思います。

 あ、横田も厚木も飛行展示は事実上なかったです。なのでランウェイを離着陸するのはミッションの離着陸機のみ。まあ震災救援の際に飛べる機はほぼ全部飛んでいた訳ですし、民主党の(中略)、東電は逆切れ(中略)、被災者に配慮ということを考えても、当然ながら自重ということになるので仕方ないですよ。【一部改筆・補足追加】

2011.09.20 - 未読消化に時間とポイントを消費

 MME方面で完全に遅れをとっているような気がしていたが気のせいではなかった

 面白くないとか、アニメマニアファンが言うところの「切る」とかではなく、モデリングと輸入準備と資料整備優先に力を入れていたので完全に後回しにしていた「ゆるゆり」の後の方のエピソードを消化。19日21時から公式で「ゆるゆり&イカ娘!?」(2期はタイトルにクエスチョンマークが付く)があったのでという本当の理由は書かない。良い意味でやばい放送だった上に、俺が見る限り、どちらの番組のファンも楽しめる内容だったと思う。番組自体は「万人にお勧めできる」などとは口が裂けても言い難いが、まあ、万人にお勧めできる番組って結局無難かもの凄く良く出来た作品か、そのどっちかで滅多にないよな。それはおいといて、タイトルどおり極めてゆるく、力を抜いて見ることができた。ただ主人公の影が薄いというか、扱いが酷いというか、そういった点が非常に不憫だと思ったあと(特に8話の)千歳・千鶴姉妹の描写がサーニャに似ているとか、9話の途中で結衣が髪を結うカットが「大尉!バルクホルン大尉じゃないですか!」とか、そういう点はピンポイント爆撃すぎるので、書いても共感を得るのは難しいかと思う。まあアレだ。

 ともあれ、イカ娘2期まであと1週間を切った訳だが、非常に微妙な不安材料があり(OP曲が発表されたが、1期とはまるで曲調が違う、良くも悪くも非常に無難な曲という点のことは俺は一言も書いてません)、しかし番宣を見る限りでは作画に不安はなく、緊張しすぎてリバースしそうだ。あとお腹も緩んでいる。そっちは多分、一日ぐらい常温で保存してしまったヨーグルトを食べたからだと思う。どうということはない。多分

2011.09.22 - google+がよく分からない件

 とりあえず、以前から使っていた(有効活用はしていなかった) "diagraph01 <at mark> gmail.com" で作ってみたけどどうだろう。MMD造兵廠まわりの連絡網としては、下手をするとコミュより使い勝手が良くなる可能性も、裏で炎上する可能性もあるのだが(特定の相手に直接メールを送ることができるので)、逆に言えばそれは「直接だとお話しできません」というユーザーが入ってこないということなので日本のネット環境には合わないかもなーどうだろうなーよく分からない。あと動画のアップロード機能があるようですが、まだ使っていません。

 ※本日臨時通院日 というかそろそろ出発準備しないと午前の診察に間に合わない

2011.09.23 - ローソンが始まって終わってる件

 まあ「まどかマギカキャンペーン第2弾」は良いとしよう。第1弾が既にあったという時点でコンビニのキャンペーンとしては十分にぶっ飛んでいるのだが、ニコ動にチャンネル(ローソンチャンネル)を作ってPV、ナレーションがローソンで今までいろいろつぶやいたりしてきた「あきこちゃん」をボカロ化した「あきこロイドちゃん」、でも限りなく棒読み、キャンペーン紹介VTR(という名目の動画)の主役がQB、もうこの時点でツッコミどころしかないがCVに本物(加藤英美里)をわざわざ起用、キャンペーンの中身が漫画・アニメ専門店に迫りかねない業火豪華さ加減、残りの30秒近くで「からあげクンのテーマソングを応募、投票」募集、「採用された方にはからあげクン1年分をプレゼント」 もうツッコミが追いつかねーよ。一体どこへ行くんだローソンは ※イカ娘のキャンペーンはミニストップでした


2Q2011←前|次→4Q2011

最新版へ 修行ページへ トップページへ

[EOF]