生存確認用ページ
過去ログ 2016年第1四半期分

(Log - 1st quarter, 2016)

更新履歴
2016年10月04日 このページを設置。

4Q2015←前|次→2Q2016

最新版へ 修行ページへ トップページへ

2016.01.01 - さて落ち着こう

 直近の3項目、2015年と書くところ2019年と書く脳みそのバグが発生していました。自覚しているより疲れているようです。

 元旦からアレですが、救命受け入れ病院が近いせいで、救急車の搬送と思われる緊急車両のサイレンで目が覚める有様です。起きたりしました。17:24のニュースによると、都内では8人搬送、1人死亡だそうです。毎年何名が亡くなっているのか知りませんが、餅は一刻も早く大量破壊兵器に指定すべきです。

 頭痛が酷くて横になりたいですが、この状態で寝てしまうと風邪をひく上、このタイプの頭痛の時はロクな夢を見ないので、イブプロフェンを飲んだところです。

 さて。小火器の配布作業がどこまで進んで、どこまで進んでいないのか、調べることにします。既に1件やらかしているのは自力で発見しました。これを書いているのは1日21時40分頃ですが、3が日内にまとめるのは無理ですな。

2016.01.01その2 - 5分も保ちませんでした

 気付けとして、聴くとかなりの高確率でポジティブになる音MADを開いたところ、ものすげえ宣伝されていて、なにごとかと思った。日笠陽子さんが中村繪里子さんと入籍という情報。アホかと思いました。だって今井さんのことを考えたら、どう考えても血の雨が降るでしょ。いや、この理屈も、最初に観た書き込みというかコメントというか、それもおかしいんだけど。

 どうやらそういうことではない、と少し混乱したあと、別の情報が山ほど出てきました。裏を取りましたが、びっくりしたなんてもんじゃないんですから。繪里子さんも……と思ったら、そっちはそっちで、別の意味でびっくりしました。

 裏取り1裏取り2裏取り3(約2年半ぶりの更新)。2015年は悲しいことが色々ありすぎましたので、心温まる報告を素直に祝福したいと思います。年明けに知ったとはいえ。

 さて、心がほっこりしたところで、全然ほっこりしない作業をしよう。

2016.01.05 - やっぱり無理でした

 試験の結果通知のメールが今日来るとは思っていなかったので、完全に不意を突かれました。最低限の点数(400点)は超えていましたが、先方の要求(600点)には及んでおりませんでした。この結果自体は予想通りなんですが、落ち込んでいます。というか、しばらく落ち込んだあと、これを書いています。あとできちんと落ち込みなおします。

 見事なまでに平均点より下(高卒という条件なら平均点以上)という結果でした。もっと早く受けておけば良かったと後悔しております。目標点数に到達していなかったという事実に変わりはありません。他の人なら「次がんばろう」となるんでしょうが、自分の場合事実上次はありません。まあ、自分と同じ立場に置かれた人なら、誰でも落ち込むと思います。

 ほっこりしない作業の今日の予定分は無理なので、その時間をふて寝に使います。

2016.01.10 - 配布開始

 しました。

 キーボードは、自分で見ても「もう少しなんとかならなかったのか」と思っています。たぶん、後でハイポリ版として追加します。英語104キーボードは準備工事。

2016.01.15 - 通院日でした

 でしたけれども、履歴書と職務経歴書を書く作業は、何回やっても大変です。ミスがないように気をつけたつもりでも、提出済みのものに不備があったことにいま気付いて、かなり落ち込んだりしております。社会復帰が思うように進まないのは、やってみないと分からないと思いますが、非常に辛いです。

2016.01.27にアップロードしているけど実は以前に書いた分(日付失念) - 社会復帰が進んでおりません

 前回の項目を書いた直後、応募書類の発送に注意力を使ってぐったりしていました。そして、何日に書いたか分からなくなりましたが、書いて「よしよし」と思って、アップロードを忘れてました。書いた分についてはもちろん編集しています。

(本題まで読み飛ばして結構です)

 指定書式の職務経歴書も、書いている内容は全く同一なのに、結局ぜんぶ書き直すことになっていました。というのが前回のエントリを書いた直後、「ああ書いてないな」と思った内容でした(まあココは愚痴を一方的に連ねるページなので影響はないんですが)。普通は82円で済むんでしょうが、92円が1通、あとは重すぎて定形外(120円)というぐらい職務「経歴」がぐっちゃぐちゃに長い有様です。書いている内容そのものは全く一緒なんですが、指定書式や添付する書類が違ったりします。受け取った方は「うわあ」と思うだろうなあ。

 しかし結果を待つというのは辛いです。昔から「待つのは辛い」と言いますが、全くその通りだと思います。働けていた時も、業務よりは待機の方が辛かったです。そういう訳で結果を待っていること自体が本当に辛いです。同じような立場に立ったことのある人は多いでしょうから気持ちは汲んでいただけるものと思います。ストレスで禿げそうです。

 ストレスはあるんですが、社会復帰していない以上、ガンジーの「七つの大罪」のうち二つぐらい踏んづけている状態です。かかりたくもない病気をやったんだから仕方ないっちゃ仕方ないんですが、居心地が悪くて仕方がありません。これは自分で解決しないと如何ともし難いところです。

(本題)

 というわけで上記の通り完全に皮算用ですが、忙しくなるという前提で動いています。それも揺らぐ有様ですが。

 しかし未完成・未配布のままになっている3Dモデルが大量にあります。いかに気力が根元から折られ、消え失せているとは言え、空手形を振り出しまくって知らぬ存ぜぬでは「人としてどうか」という疑義をかけられても申し開きできません。

 というわけで、モデルのフォルダを(小火器をスタート地点にして)チェックして回りました。ちゃんと数えていませんが、新規と輸入を足して100モデル以上が宙ぶらりんになっておりました。大分類で100モデル以上なので、派生モデルを含めると「もっと」ということになります。チェックしながら、わずかに手を入れて回りましたが、気力を復活させるのは並大抵のことではないです。気力があった時ですら、配布にあたっては、相応の集中力と労力を割かれましたので。

 作りたい動画があるんですが、1ヶ月ちょっとで作るのは無理という段階にありますので、これも危うくなりつつあります。準備に結構時間を使ったんですが、実作業の着手には至っておりません。

 社会復帰に気力を割り振った結果、停まったエンジンを再始動するのにも困る有様、ということでした。 自分で言うのもなんですが、いちどエンジンがかかると早い、または、作業に力が入るんですが。

2016.01.28 - エンジン再始動の準備の準備

 前のアーティクル、じゃない、エントリ、いやココはブログじゃなくて後悔 公開日記ページなので、まあなんでも良いや、前項で「よしよしと思ってアップロードしていなかった」と書きましたが、実際そうじゃなくて、書いたあとアップロードの段になってBSoD(青画面)だったのを思い出しました。日に1回はBSoDを拝んでおります。もう嫌だ。

 作業途中で保留のままになっている3Dモデルのスクリーンショットを掲示しようと思ったんですが、

(1) 枚数(=プロジェクト数)が多すぎる
(2) 多すぎるので手間がかかりすぎる
(3) また空手形の振り出しに直結しかねない

という以上3点の超合理的理由から見合わせました。

 しかしながら、あくまで概算ですが、週に1本か2本ぐらいのペースでモデルの親登録通知が来ております(1カットとか数フレームとかでなければ『モデルご利用作品』という公開マイリストに登録させていただいております(漏れがあるとは思いますが悪意はありません))。それ自体はモチベーションの基礎になりますので、なんとかリリースまで持って行きたいという気持ちはあります。

 いまは「よし、作業しよう」という気力が起きない、起きても集中力が続かない、にも関わらず新プロジェクトの準備だけして下絵を準備する、という、制作継続には少し、いや、かなり遠いところにいます。作業が続いたとしても、かなりいじったところでBSoDという憂き目があるのが現状です。

 おまけにこの季節、イベント類があっても行くのが大変ないし行けない、行っても例えば空挺団の降下初めなど、寒い(*1)、カメラの調子が本格的に悪い、という三重苦があります。

*1 物理的な寒さのこと。宮崎生まれなので寒さに弱い。

 PCとカメラは可及的速やかに更新したいんですが、先立つものがありません。しばらくは、このネガティブなループから抜け出せそうにありません。

2016.01.31 - 疲れました

 直前の項目を書いたあと、「何をリリースして何をリリースしていないか」を、フォルダを巡回したり時々手を入れたりしつつ調べ、バージョンアップできそうなものは固める、という準備をしていました。しかしBSoDが多発。書いていませんが、数日前にグラフィックカードを(わざわざツールをインストールしてまで)ダウンクロックしたりと工夫はしていました。

 しかし、大きめの奴が発生しました。ブートセクタやアロケーションテーブルがぶっ壊れるところまではいきませんでしたが、一部はバックアップからロールバックが必要なレベルでした。合計で何時間分の作業が失われたか分かりません。どちらかと言えば作業が失われてもあまり実害はなかった方(艦艇用の方の兵装セット)は無事なように見えます。もちろん、都度切り分けの工夫をしていますが、最近ではWindows10のデバッグをしている気分になっています。OSのデバッグは、言うまでもありませんが、私の仕事ではありません。

 当然イライラもしましたが、落ち込みの方が大きいです。誰だって同じような目に遭ったらネガティブな感情は抑制できないと思います。それに加えて社会復帰が思うように進んでいない事実もあります。心はとっくの昔に根元から折れてますが、埋まっている部分も折られるようでは言葉もありませんし、言う気力もありません。

 作業途中で、かつ、こちらでは誰に渡したか明示しますが、それでも良いという人は連絡を下さい。モデルのファイル一式をお渡ししますので、こちらまで2TバイトのHDDをお送り下さい。ただし、私が撮った写真を除き、資料や下絵のファイルは著作権の問題がありますのでお渡しできません。

 疲れました。もう好い加減ゴールしても事によれば許されるんじゃないかと思っています。

2016.02.02 - 疲れましたが休めていません

 生まれてからこっち「ぼーっ」とすることができない性格が祟り、やる気がまったく起きないのに、身体が半自動的に作業をしている状態になりました。

 HDDの肥やしになっている供養投稿(※自衛隊装備品を除く)の準備もかねてtodoリストの中身をチェックしたところ、少し、いや、かなり ちぐはぐだったので手を入れましたが、艦艇装備品セット、航空兵装セットの内容を整備して追記たら、アイテム数がものすごいことになりました。まとめ作業の途中で、配布品の不備やケアレスミスなどに気付き、手を入れながら表をまとめ直しています。落ち込みやイライラで集中力が著しく削がれたおかげで、2日かけて27アイテムと、ペースよく作業できていない状態です。

 todoリスト自体は、別に「作る」と宣言している訳ではなく、何の約束も拘束もしないのですが、手元で作業が(趣味なので誰からも何を言われる筋合いはないんだけど、結果的にとは言え)中途半端になっているものが多いので、リリースできそうなものは、今まであまりしてこなかった「妥協」、あるいは今まで全くしてこなかった「見切り付け」ないし「諦め」を導入しようと考えました。今までは、それをやると心の中の何か大事なものを失うような気がしていましたが、ある一件から(数的には一件ではないのだけど、修辞的な意味で)、別に諦めても「モデルがあれば出来は不問」的な人、その意味合いで自尊心が(程度は問わず)欠落している人、ないし、良いものと悪いものの見分けが付かない人、そういった人が使うかもしれないという話です。

 サイコロ状のオブジェクトにテクスチャを貼っただけのものでも、「○○のモデルです!」と言い張れるぐらいの心臓があれば、また話は別なのでしょうが、私はそういうことができませんっていうか嫌いです。そこは崩すつもりがありません。同時に、どんなに魂を込めようが手を入れようが、絶対に誰かから何か言われます。それが嫌ならリリースしなければ良いんで、まあ最近はそういうのが本当に嫌なのでリリースを見合わせたり、敢えて延期したりしてきました。それに、カジュアルすぎる状態でモデルをリリースすること、および、そうして配布したモデルが適当に使われることについては、全く嬉しくもなければ幸せでもない、というのもまた事実です。ここに諦めの概念を入れよう、という意味です。ただコレ書いてて思ったんだけど、それはそれで、自分の性格から言って無理かと、配布直前の段階まで作業はするかもしれないけど、配布について割り切ることは無理かもしれないとも思いました。というか多分無理です。

 だったら、じわじわとでも作業を進めたら良い話です。なので作業は進めていました。ただ「誰だよ航空兵装アイテムを100種類以上も用意した奴」と、改めて怒りがふつふつと沸き立っています。27アイテムなら1/4ぐらいは終わった計算になるのかどうか、ただ対地・対艦ミサイルでレールが別になるものについてはアライメントを計り直しています。これは時間がかかっています。趣味でストレス溜めて禿げたら笑い話にも何にもなりません。本末転倒も良いところですが、本末が転倒しているのは自分だけじゃありません。もちろん、これは全く良い話ではありませんので、それはそれで落ち込む要因になります。

 疲れが加速しました。

2016.02.03 - OSのデバッグに参加した覚えは一切ない

 俺が悪いなら謝るけど、全く身に覚えがない。一体どうしてくれようか。いろんなソフトでCtrl+CとCtrl+Vが効かなくなる(しかもメモ帳ですら)という不思議で不快な現象が発生したので、再起動した直後に出たWindows10「重大なエラー」ダイアログの話です。

 そら重大だけど、OSのデバッグに付き合わされるのはご免蒙ります。願い下げです。新しい芸風で笑いを取りに来ているのだとしたら、親心で言いますが全然おもしろくありません。お願いですから止めて下さい。OSというのは縁の下の存在であって、主役ではないので、変なところで存在感を出されるのは非常に困ります。もっと言えば、Windowsを使いたくて使っているのではなく、仕方なく使っているので、尚更です。使っている全部のソフトが他のOSでも動くなら、Windowsを選ぶ理由は一切ありません。

 この状態、再起動以外に事実上やることがない上、馬鹿正直にこのメッセージに従って2回だったと思うけど再サインイン(サインアウト→サインイン)しても解消しない。スタートメニューが使えないのが特に致命的(一部のキーボード・ショートカットが動作しなかった)。ネタにして毒でも吐かないと液晶を破壊しかねないと思い、なんとかスクリーンショットだけでもと思い、必殺技(と言うほどの事でもないが)を駆使して保存しました。たとえば、コマンドラインからフォトショを起動したのは、無駄に長いPC歴でも初めてのことでした。馬鹿みたいに重いフォトショを使った理由は「ペイントが信用できないし使えない」ので使わなかっただけです。あと「せっかくアドビにお金払ってるし」という要因もあります。

 以上、市場寡占状態がいかに悪影響を及ぼすか、という話でした。そろそろ血管が切れるんじゃないかな

2016.02.03その2 - 少し落ちたあと、かなり持ち直しました

 BIOSレベルでPC全体を、定格どころかクロックダウン方向に設定したまま、どのくらい期間が経ったか忘れましたがそういう状態になっています。もうPC側でできることはマザボから何から最新版へ総取っ替えしかありません。もちろん、そんなお金はないので、いつBSoDになるか戦々恐々としながら使うしかありません。実際のところ、直前のエントリをアップロードした30分後ぐらいにBSoDが出ました。

 この状態、何が辛いかといって、現実逃避しようにもマルチプレイのゲームに参加すると、こっちでBSoDが発生した時、クライアントが落ちた、あるいは故意に落とした、ないしは回線を切った、そういう状態と同じに見える(であろう)ということです。それは相手に迷惑がかかる上、回線切りと思われるた場合は、当方の沽券に関わるので、極力避けたいところです。

 といった感じで悶々としていたところに電話を一本いただいて、かなり持ち直しました。3Dモデルの(成品と半成品の)棚卸しを頑張り、配布やバージョンアップに値すると判断した段階で順次リリースしていきたいと考えております。

2016.02.11 - リリース延期

 社会復帰の方は完全に待ちの状態です。教材を買うお金がないので趣味を粛々と進めていますが、モデルのリリース準備が全く進んでいません。自主的に決めていた目標を延期します。まあ公表しても守れませんし、守るつもりも一切ありません。ただ、近いうちに予告だけでもして、自分を追い詰めておこうかな、とは思います。

 依然として、ほぼ毎日BSoDを食らっています。自分の顔は見えませんし、いちいちテメエの野面を見るようなナルシシズムやら自己愛やらの持ち合わせは一粍もありませんが、たぶん物凄え遠い眼をしていたんじゃないでしょうか。自分のせいじゃないことで作業内容が吹き飛んだら、誰だってそうなると思います。年を喰うという形で未来に来た訳ですが、こんな、本当にどうしようもない未来だったら、別に無理して来なくて良かったかな、というのは少し思います。

 いまは小道具を作っていますが、作りたかった動画には完全に間に合わない上、その作りたかった動画も1フレームすら作業が進んでいません。この件は他人のせいにする訳にはいきません(※マイクロソフトを除く)。動画じゃなくて紙芝居でも、もし間に合ったら奇跡という日程になっていますね。ああ大変だあ……って趣味でストレス溜めてたら本当に、ほんっっっとうに本末転倒なんですけれども

The worst is not. So long as we can say 'This is the worst.' -- King Lear, Act IV scene i, William Shakespeare

まだ最悪ではない。「今が最悪だ」などと言えるうちは。――シェイクスピア 『リア王』 第4幕第1場

* せりふは俺訳

 本当に自分だけのせいだったら、自分でなんとかします。自分の力だけでなんとかできるのなら、言うことは特にないはずです。いま言うことは山のようにあります。全部ここに書いていたら何時間あっても足りません。

 そんな暇があるなら、頂点をなんとかする方が有益な時間の使い方というものでしょう。モデルが完成して配布できるなら、俺だけじゃなく、モデルを有効利用してくださる方に役立つ訳ですから。その意味合いから言えば、ロクにモデルを使わないくせに注文やらイチャモンやらがご立派な奴は、「要らない」を通り越して「有害」で、いない方が有益です。最近ほんとうに心の底からそう思います。

2016.02.16 - マイルストーン

 ミニミの方は以前すこしだけいじっていたものの、フォアのガードのうちアンダーの方(下部被筒だっけか)が一体になってしまっていたので、実物通り分離しました。米陸軍での三脚架運用の写真で、ガードを外しているものがあったので、以前から気にはなっておったのですが。あと、多分ですが Mk 48 やら MINIMI Mk3 やらに派生させる時に問題になります。

 FN MAGの方は、各部の円筒形の部品(機関部のピンや、二脚のまわりなど)で頂点を使いすぎているので、ダイエットする予定です。

 やっとここまで来たかとは思いますが、動画を作るとして(気持ち的には作りたいのだが多分間に合わない)、動画に登場させる時は遠景でそれっぽくして、配布はしない、という形になるかと思います。

2016.02.19 - 無題

 夕方ごろ、下の方の弟から(FBのメッセージで)「お母さん亡くなったって聞いた?」(原文ママ)と連絡があった。

2016.02.26 - さて

 そろそろ社会復帰の準備とモデリングに戻ろう。

2016.03.18 - 踏ん張りたいところ

 書きたいことは色々ありますが、まだ書けない部分が多いのが現状です。順調とは口が裂けても言えず、低空飛行が続いています。

 自分の立ち位置を改善する、つまり社会復帰するのが最大の難関ですが、とりあえず「飛び道具」は使わず、現状のまま足掻いてみるということで推移しています。ですが、自分だけが足掻けば解決する問題でもなく、先方あってのことなので、言うほど簡単ではないどころか、大変難しく、また辛いところです。

 趣味の方では、モデリングに戻る前に約束を一つ果たそうということで、今まさに苦闘をしているところですが、何しろ、ついさっき通院等から戻ってきたばかりなので、体力が追いついていない上、おそらく数日前だとは思うんですが電車の中でもらった風邪のだるさを帰宅してから実感しています。

 熱が出ない体質なので、小学校や中学校の時も倒れたり肺炎寸前になったり(いちばん酷いケースでは、既に肺炎になったり)するまで信用されない辛い体験をしてきましたが、いまは咳もくしゃみもほとんど出ず、全くでない訳でもないですが、外出でも「マスクでなんとか周りに迷惑をかけない」程度ではあります。それはいいんですが物凄い倦怠感、それに加えて、頭のうち何時もは痛くならない部分が異様に痛くて集中力が削がれる、という、非常にお伝えしにくい状態です。薬を飲みましたので、数時間は横になってから作業を再開したいと思っています。

2016.03.20(厳密には03.21) - 第八次ウソm@sに滑り込みセーフでした

 2名の方に迷惑のかけ通しになりました。出来は、まあ、いつも通り散々ですが、「締め切りに間に合わせる」ことの大切さの方をとり、完璧主義を捨てました。で、投稿しました。何か忘れていないと良いのだけど……。何より、投稿歴はムダに長いのに、アイマスカテゴリでの投稿は本当に初めてで、ぶっちゃけますと緊張は確実にしています。

 コメント欄とかを見るのが怖いので、投稿直後は自分で投げたものはしばらく(少なくとも半日は)見ないようにしてます。以前からのことですが。

 なので、動画へのリンクも後で貼ります。いまはブラウザも閉じてます。

 それはそれとしても、何より「お祭りに参加することの愉しさ」を優先させましたが、さび付いて(悪い意味で)枯れたと思っていた自分の感性も、少なくとも心拍数が早いという意味で「ドキドキ」はあるのでアレですね。「ワクワク」の方は動画を見た人に持ってもらうもので、私が持っていても比較的仕方ないかとは思っています。

 なお、この動画を作っている最中にM249が(完成ではないにせよ)かなり良いところまで行ったような気がしなくもなく、他に小物をいくつかモデリングし、上陸艇は輸入しています。第八次ウソm@sの参加者が何名ぐらいか知りませんが、締め切り(開催19~20日、締め切り20日(遅刻はいつまででもOK))の18時に小物のモデリングを始めたバカは俺ぐらいのもんだろうなあ。拡声器じゃない、原始的なメガホンではありますが。

 それにしても、動画を一本企画して、それを形にするって、何回やっても思うけど、ものすげえ労力だと思います。少なくとも自分はそうです。

 よし。泥のように寝よう。ちょっと頭がブン回っていて、しばらくは寝付けそうにないけど、風邪をひいているようなので、寝て治さないと本当にぶっ倒れると思います。

2016.03.21 - 寝てました。というか、寝込んでました。

 出来はともかく、睡眠時間と集中力だけではなく体力も一緒にごりごり消費していたようで、風邪薬をがぶ飲みしていなければ今頃は肺炎で肺が真っ白だったかもしれない、というぐらい、いま頭痛が凄いことになっています。普通の人だと多分熱も出てます。要するに風邪が抜けてません。意識は覚めていても身体が動かないので、起きている時は頭痛を我慢しながら読書、気付かぬうちに意識が落ちて睡眠、という感じになっていました。

 どれくらい投稿を慌てていたかというと、テメエでマイリスするのを忘れていたぐらいです。ちなみに、まじです。

 投稿者説明文には敢えて書かないとして、作っていて(自分が)面白いのは「予告1」の方で、真面目に作りたいのは「予告2」の方です。ただ、もし本当に作るなら嫌というほど真面目に作りますので、閲覧数コメント数マイリス数が全て絶望的なことになるやろなあ、とも思います。だからと言って作らない理由にはなりませんが、恐ろしいほど手間はかかります。その兼ね合いをどこで取るか、というのは、いつも考えてしまいます。

 趣味ってそういうことじゃない、つまり、手間暇を天秤にかけるようなことじゃない、とも思っています。どこでバランスを取るのが「健全」なのか、見失っている人もたくさん見てきました。もちろん、自分がそのバランスを取れているなどとは、口が裂けても言えません。

 それはそれとして第八次ウソm@sでタグ検索をかけた限り、あくまで私が見た印象ですが、量・質ともに驚くようなものが投稿されていて、修飾語いっさい抜き、文字通り圧倒される催しになっているように見えます。まずヒット件数でのけぞりました。参加することが目的でしたので、こんな言い方は何ですが、「これだったら埋もれても仕方ないなあ」と思います。実際の話、過去のウソm@sにおいても、「えっ、なんでこんな優秀な作品が埋もれてるの?」と驚いたことが何回もありました。いちいち挙げることはしませんが。

 今後は、そういうことについても、気付いたら紹介できたら良いかとも思います。しかし同時に、私ごときに紹介されるのは迷惑なことなのかもしれないなあと思い、今までよほどのことがない限りはしてきませんでした。

    ~~~~

 連休は、モデル利用通知の数も増えます。寝込んでいて開けなかったものをまとめて開き、順次お気に入りに登録していきましたが、これもモデルを公開する楽しみの一つになりつつあります。

 「これがないとモデルを公開する甲斐がない」とまでは決して言いません。でも誰かの役に立った(かもしれない)、ということになるのだろう、と考えることにしています。

2016.03.26 - 心身だだ崩れが治らず

 アップロード時点ですでに崩れていた体調ですが、病院にこそ行っていないものの、家から出るのが難しい程度に崩していました。いまも完全には復活しておらず、頭痛が酷い時には厠に立つのも難しい(歩くと脳底の痛みが酷い)という状態が出ることがあります。もう少し引き摺るようなら、おとなしく病院に行きます。

 体調の心配があると、精神はどうしても下向きになります。その上、社会復帰が(思うようにどころか)完全にうまくいっていないので、不安も募ります。「あ、わかった、俺が死ねばいいのか」という(間違った)結論も、頭をよぎる程度であれば良い方で、何かをしていても、主に体調のおかげで横になりながら読書していても、頭から離れないような状態です。衝動的に「ああ、なるほど、自分が死ねばいいのか」という考えを実行に移す状態からは一山超えましたが、また転がり落ちる可能性が自分ではゼロと言えない状態です。

 なにか建設的なことができれば良いんですが、著しく集中力を削がれていて、これを書くのも普段より3倍か4倍ぐらいの時間を使っていると思います。

2016.03.28 - わずかに悪化

 ここの更新は軟弱ツールで実施していますが(まあページのソースを見たら一発で分かることですが。しかもお金がなくて更新してない)、これを起動するのも精一杯な感じになっています。

 異常な気持ち悪さを持ったニュースにあてられたんだと思います。ここのところ本当に悪いニュースが多く、ブリュッセルのテロに至っては言葉もない状態です。しかし、体調悪化のせいもありましょうが、生理的に受け付けない気持ち悪さです。「女の子を監禁したまま2年間」という時点で完全にアウトなのは言うまでもないですが、その状態のまま大学を卒業した上で就職も決めていたというソシオパスな行動が、もう完全に受け入れられない気持ち悪さです。監禁の前には休学してアメリカで単発固定翼機の免許を取っていたとな。ほーう恵まれた環境ですこと。それでこの異様な犯罪か。いや現時点ではあくまで容疑の段階だけど、逃げた上に自殺しようとしたという。野郎の心配は微塵もしていません。それよりも、2年間も監禁されていた女子の恐怖は如何ばかりなのか。はっきり言えば想像もつきませんが、まず男性不信は避けられないでしょう。適切なケアを受けてほしいと切に願います、俺が願うまでもなく、なされるものとは思いますが。

 しかし全体的になんなんだ一体。俺なんか、こんなに慎ましく生きているのに警視庁から不審者扱いされるってのに、こいつは気配もなく2年間。「あんなことをする子には見えなかった」、ああ、「いつかやるんじゃないかと思ってました」よりもよく聞く感想ですね。しかも女の子が逃げなければ、もっと長くなる可能性もあった訳だろう。怒りや呆れを通り越して、世の不条理不平等を再確認させられて、いまかなり「ああ、俺が死ねばいいんだ」状態になっています。

 あまりに気持ち悪くて、いやまあ体調も悪化してるんでしょうが、2回ほどリバースしました。1回リバースしたあと、6時間ぐらい半覚醒というか、本も読めずに横になり、うなされる寸前の状態という最低のQoS(睡眠の質)です。なにか悪夢を見たような気がするし。そのあともう1回リバース。涙が出ました。どこからか分かりませんが(たぶん喉ですが)少し血も出ました。これはさすがに病院に行かないとダメかと思っていますが、正直なところ行く気も起きない状態です。

 体調の悪化の主なものは、頭痛の種類が追加になったこと。こめかみのあたりを万力でじわじわ締められているような感じの痛みが出てきています。偏頭痛ではないと思いますが(偏頭痛にも大きく分けて3つあるようだし)、それは医師が判断することです。これを書くのには、前回のエントリのさらに2倍ぐらいを使っています。本を読む程度の集中力すら発揮できないぐらい。これをアップロードしたら横になります。

2016.04.01 - ご報告

 精神障害者としての審査を受けることになりました。

2016.04.02 - 追記

 上記はエイプリルフールのネタではありません(そういえば、そんな催しもあったっけな)

2016.04.02その2 - 追記2

 ▲▲俺用メモ▲▲ここまで1Q2016分として編集すること▲▲


4Q2015←前|次→2Q2016

最新版へ 修行ページへ トップページへ

[EOF]