生存確認用ページ
過去ログ 2016年第4四半期分

(Log - 4th quarter, 2016)

更新履歴
2017年04月15日 このページを設置。
2017年08月23日 タイトルが思いっきり間違っていたので修正。次へのリンクを改正。

3Q2016←前|次→1Q2017

最新版へ 修行ページへ トップページへ

2016.10.01 - 防災航空祭(立川駐屯地)

 心配事はあるものの、心配してばかりもいられないため、10月も個人的に超緊縮財政ながら立川駐屯地に行ってきました。多分、他の駐屯地祭・基地祭に行けないってぐらい困窮しています。

展示が終わると、この手前に大型のシザーズ式
高所整備車が入ってきます。
離陸準備中のOH-6D (31286, EH)。直前の車輌は
航空電源車(高機動車ベース)。
軽装甲機動車。1偵(練馬)ではなく
12偵(宇都宮)が来ていました。
気になったので不審者扱い覚悟で撮った、
旧称「73式大型トラック(新)」の方の3 1/2tトラック。

 警視庁と東京消防庁の展示。

パトカー大人気。これは8交機の車輌。 ハイパーレスキューの車輌ラインナップ。もう少し画角を
工夫したら良かったと反省しています。
立川署の照明車。 陸自・警視庁・東消の共同による救助展示。
救助用の工具や装備品を満載した救助車。 東消AS365 (JA119E) 3号「かもめ」
Tokyo Fire Dept. AS365
東消AS332 (JA119B) 2号「ひばり」
Tokyo Fire Dept. AS332
地上展示の東消EC225 (JA62HC) 6号「はくちょう」
Tokyo Fire Dept. EC225 on the ground display.
警視庁AW139(AB139) (JA14MP) おおとり4号
Tokyo Met. Police Dept. AW139 (AB139)
警視庁AW139 (JA16MP) おおとり6号 ホイスト吊下状況
Tokyo Met. Police Dept. AW139 with using hoist

 在日米軍(陸軍および空軍)。機内が見学できるのは米軍機だけでした。

米陸軍UH-60L(96-25716)。数年前までUH-60Aでしたが、
更新で防御装備が充実しています。
US Army (US Forces in Japan) UH-60L
陸自のものよりも大きく頑丈なパイロン。
増槽は同じサイズと見える。
米空軍UH-1N(69-6646)。
US Air Force (USFJ) (Yokota) UH-1N
ついつい撮ってしまうツインパックエンジン。

 〆に陸自。

OH-6D (31286, EH)。かわいい UH-1J(41897, EH)。少なくとも9機飛んだUHの中でこれを
選んだのは、いちばんまともに写っていたからです。
軽快な飛行展示を見せたAH-64D (74508, SK)。
ゴジラへの対処も防災ということであろう か
地上展示のために移動するAH-1S (73463, 4ATH)。
迷彩が植生とマッチして(略
地上展示状態のCH-47JA (52980, HGPIII)。 同機が体験搭乗準備のためトーイングされている状況
左:航空電源車(高機動車ベース))
右:航空牽引車
左:気象レーダ装置
右:航空管制装置(着陸誘導装置)JTPN-P20
展示のみであったLR-2(23055, LR)。機内を撮りたかった
JGSDF LR-2 (Beech Super King Air 350)
OH-1 (32620, EH)
UH-60JA (43126, 12H) UH-1J (41808, EH)
AH-1S (73463, 4ATH)。 AH-64D (74508, SK)。

 1,994枚以上撮影したところで、カメラの予備電池を忘れてきたことに気付く有様。RTBを撮れなかったのは悲しく、もう半泣き状態でした。

【追記】予想通りとはいえ、自分で思うよりは疲れていたようで、細かい撃ち 打ち間違いなどを訂正しました。 写真の右肩が下がっているのは、体調が悪いか疲れている時に顕著なことです。また、カメラを掃除したつもりが却って悪化しています。分かってはいます。 【再追記】書くつもりで忘れていた英語もどき表記などを追加。

2016.10.04 - 苦闘2ヶ月

 いちいち書いてきませんでしたが、気分転換の一環として夜の散歩を兼ねたモンスター狩りをしておりました。ちょっと前までは夜中も暑く、水分補給を怠ろうものなら脱水症状まっしぐらでしたが、ここ数日は涼しさも加わっておりました。そもそも、外気温が暑いと端末が熱暴走寸前になります。そんなにCPUとGPUを使っているのか。使っているんだろうな。電池の消費もARを切っているのに結構な速度で、有り難いことに頂き物のモバイルバッテリーがございますので接続していますが、2.1A出力でも充電が消費に追いつかない勢いのように見えます。これカメラ使ってたら、なおさら酷くなるんだろうな。電池容量そのものはSHL22とほとんど変わらないはずです(3,000mAhかその前後)。

 それを置いておくとしても、ポケモンGOガチ勢とは一線を画するようなプレイスタイルでしたので、レベル21止まり、歩行が約78km、捕まえたポケモン890匹という軟弱な状態です。他のプレイヤーがどうとかは別に知りたいとは思いません。まあ、ゲーム「そのもの」にもっと幅があればドはまりするとは思いますが、今のところ自分のコントロールは効いています。たぶん。それより予算不足でBattlefield 1が買えないっていうのが痛すぎる。当然ながらWatch_Dogs 2も買えない。CoD4:MWのリマスター版も買えない。

 そういった中、先ほど月初の食料の買い出し中に孵化したのがピカチュウ。2ヶ月目でやっとか。進化させたいので、あと5匹ぐらいふん縛りたいところです。でもなあ。孵化だからなあ。狙って孵化なんてことができれば誰も苦労しないだろうし。

 「待ってました」という気分になるのだろうか、と訝しんでいましたが、あんまりなりませんでした。ポケモン赤と緑にはまっていた時に(ある程度の)愛を持って育てていたのはダグトリオで、いまディグダ一匹だけという状態(こっちも捕獲ではなく孵化)なので、道のりはかなり遠そうです。まあ急いだからといって何か良いことがあるわけでもなし、自分のペースで遊ぶつもりです。

 しかし「実際にテメエの脚で歩かないと、事実上なにも進捗しないゲーム」というのは本当に斬新だ、という感想は変わらないままです。北米で引きこもり対策に使おうとしているのも頷ける話で、こういう時代に生きていて、自分も(僅かながらとはいえ)それに参加しているというのは、非常に興味深いところです。これだからサブカルチャーは止められないんだ。

 気分転換の一環と考えたら、月あたり2,400円の課金はじゅうぶん許容範囲でしょう。もっとも、それ以上使おうとしても、自動的に食費や医療費に響いてしまいます。それだけは人として避けなければなりません。


 そんなことよりモデリングだ。気だけ焦っていて、集中力があまり続かなくて困っております。緊張性の頭痛はサロンパス的なもので回避できることが分かっておりましたが、連用しすぎるとカブれます。正確に言えば肩が凝る作業ばっかりやっているという点があります。画面作業はもちろん肩が凝りますが、資料用のスケールモデル組み立ても、なかなかどうして肩の凝る作業です。

 とにかく、10~12月は個人的に「空手形解消リリース先行期間」ということにするつもりです。新規と輸入改修とを織り交ぜて、今まで手をかけてきてリリースできていないモデルを送り出そうということで、この3ヶ月間で少なくとも4モデル(派生品を含まない)、可能なら6モデルをリリースしたいところです。実際にできるかどうかはやってみないと分かりませんが。

2016.10.06 - Hell over the BSoD, hell over.

 青画面で作業が吹き飛ぶと、気力をかなり持って行かれます。「よーしpmx化と改修を急ぐぞ!」と意気込んでいるのに、今週すでに2回発生しているとなると F___ off Microsoft と言っても構わないだろう、と思います。下品ですが。

 こまめにセーブするようにはしていますが、まさにセーブの最中にBSoDが起きると、最悪の場合はデータが破損します。これがどれくらい痛いことか、私は身をもって痛感しております。

 BSoDだけでも十分に不快ですが、作業が山場を迎えると色々なアプリを開くようになります。メモりのうち増設した片方の群が信用できなかったので、いまメインメモリは16Gに制限してありますが、昨晩またエクスプローラ( IE ではなく explorer )が落ちるという、きわめて不愉快な現象が発生しました。OSとして致命的だと思いませんか私は思います。

 そんな訳で俺内の予定も概ね2日遅れです。気ばかり焦っても仕方がないので、自分で撮ってきた写真と、2名の協力者の方からいただいた写真を、それぞれモデルのフォルダに整理し直しているところです。

 現時点で残り(つまり、未整理)の写真が、容量にして約237Gバイト、枚数にして70,510枚あります。既に分類したものは省いたカウントです。

 正直に言うと気が遠くなりそうですが、これらが「モデリングの時に活かすことができる情報の量と質」ということになります。私が他の人と同じものをモデリングした時に違いが出てくるとすれば、ここら辺になるでしょう。具体的に言えば、ご協力をいただきつつ、自分の肉眼で実物を確認して、質に気をつけながらディテールを切り取ってくる、ということになると思います。

 これが最終的には、3Dモデルの個性の獲得に繋がると思っています。おかしな話に聞こえるかもしれませんが、初音ミクさんのパッケージイラストを元にしたものに限っても、驚くほど多様なモデルが居るわけです。いわゆる御三家ということで言うと、アイマスはゲームが既に3Dなので、そこに忠実にしようとしたモデルの出来が素晴らしいとは思います。しかしながら、限定的とはいえアニメをベースにしたモデルも存在します。デレマスでなく元祖の方でフルメンバーが揃うと素敵なのですが。

 最終的には「解釈の違い」ということになると思います。イチから起こしたスクラッチビルドだろうが、他の原型制作者さんがお作りになったモデルに手を加えようが、現物を見て(可能なら乗って)理解を深める、そういったことで自分なりの解釈を持った上で、結果的に私がリリースするどのモデルにも同じような特徴が現れるなら、それが個性だということになる、と思っています。

 この理由から、E-767は「私のモデルです」ということはできません。しかしMH-60、A-10Cといったモデルは、輸入品ではありますが、頂点の座標が原型のままという場所は0.1%ぐらいしかないはずです。胴体からして信頼できそうな図面と照合し、サイズを調整し、不必要な面を省略して必要な面を追加してあります。たとえばMH-60のコクピットは計器板からスイッチ類まで、A-10Cのエンジン部分はエンジン本体からパイロン部分まで、まるまる新規で作っています。何も考えずに輸入するだけなら誰でもできると思いますが、私の個性が表れるとすれば「ならイチから作れば良いのに」と言われかねない(*1)手間のかけかたと、結果として生まれる特徴だと考えています。

*1 実際に言われましたが。UH-60系は、スクラッチ・ビルド以外の部分について、MH-60R/S / SH-60J/K 制作(着手済み)の時点で新規に作り、オリジナルに持っていき、さらにUH-60J/JAにフィードバックさせるつもりです。

 調子が悪いながらも使ってきた自分のカメラですが、元は既に取ったと考えています。贅沢を言えばもう少しシャープに、具体的に言えば輪郭がカッチリ写ってくれると言うことはないんですが。それを除けば「中古で同じボディを探してもう1台買うか」というぐらいには気に入っています。そうしたら今使っているものはマクロレンズ専用機にできるし。いつまで動いてくれるかは分かりませんけれども。


【悲報】インド軍、ラファールの調達契約に調印

 インド軍が進めていた MRCA 計画(MMRCAとも)、俎上にあったのはラファール、Eurofighter、F-16 (C/D)、F/A-18E/F、グリペン、MiG-35。もともと126機の調達計画だった。いったん「ラファールをまず36機」というのが2015年(2016年ではなく)7月に流れたが、2016年9月23日に7.75億ユーロ(概ね899億円)で契約成立。決まりかけてから本決まりになるまで1年かかっている。いわゆるライフサイクルコスト方式で、武装およびサポート込み。

 インド人の買い物は気が長く、交渉が粘り強すぎることで有名だけど、それを差し引いてもインドの独自開発路線は買い物に有利だろうと思う。戦闘機だとテジャス Tejas という機体を、根気よく延々と作り続けている。エンジンはGE F404のライセンス品。単発の軽量戦闘機だが、MiG-21をアップグレードする代わりだと思えば十分すぎて余りある。1969年計画スタート、1983年空軍が要求の概略を提示、翌年研究開始、1990年設計完了、2001年試作機初飛行、2005年空軍が20機発注、2014年練習機バージョンが完成・初飛行、2015年空軍が量産機120機注文、今年つまり2016年から量産機デリバリ開始、とまあ非常に気が長く地道な開発ではあるが、最終的にきちんと開発完了と量産に漕ぎ着けている。艦載バージョンも進行中、注文6機、海軍は最終的に40機欲しい模様。空軍はすでにMk IIの要求を出していて、エンジンを変更すべくF414とEJ200をサンプル購入、F414の方が安かったので落札、という経緯。あと、スリランカが欲しがっている模様。

 戦車だとアージュン Arjun を250輌弱、改良型のMk IIを120輌弱ほど量産している。計画が最初に持ち上がったのが1972年、試作車の登場が1988年、陸軍の最初の注文が2000年、そこから量産開始と、これも気の長い話ではあるが開発完了と量産に漕ぎ着けている。量産体制が間に合っていないので、ロシアからT-90Sも買っている。アージュンはエンジンとトランスミッションがMTU製だとはいえ、対ロシアではさぞかし交渉(主に値引き)が有利になったことと思う。

2016.10.11 - なんてこったい、こいつはひでえや

北朝鮮の潜水艦に打つ手なし 韓国軍は粗悪部品使用のヘリ墜落、サイバー対策は本陣を乗っ取られ…「コリアンドリーム」に米国も冷ややか (産経)

 以前から体質は知っていたものの、あまりにも杜撰な理由で3名の兵員が命を落としているという点が非常に衝撃的で、控えめに言っても驚かされました。

 以下引用を多めにしますが(段付けした部分)、詳細はリンク先の記事をお読み頂きたく。

 韓国海軍によると、(2016年8月)26日午後9時5分ごろ、韓国東部江原道沖の日本海上で韓国海軍の対潜ヘリコプター「リンクス」(英国製)1機が墜落、乗員3人が死亡した。米韓合同訓練に参加するなかでの事故だったが、 (略) 中央日報(電子版)によると、この「リンクス」ヘリの修理部品として、粗悪な国産不良品が納入、使用されていたというのだ。
 「リンクス」ヘリについては、整備用に納品されたボルトの品質保証書類が偽造されていた。つまり評価試験の数値を偽造し、要求性能を満たさない安価な粗悪品を納入していたことがわかったのだ。

 日本で「品質の偽造」という不祥事はかなり珍しい(直近だと銃身で1件あったが、他にあっただろうか、という勢い)。ヨーロッパでは、ユーロファイターの機体主構造で製造上の問題が発覚して、ドイツ空軍で機体の寿命を短くする措置がとられた。では、日本やドイツの品質は酷いのか? そうではなく、要求が厳しすぎるのだ。

 自動車業界でも排ガス規制逃れが日独で発覚しているが、最初から規制への適合自体を諦めているメーカーも存在する。それらについての言及は、報道などで見たことがない。

 むろん、だからといって品質を誤魔化したり、品質の追求から逃げたりしても良い理由にはならないが、韓国の場合は酷すぎる。

 過去4年間に600件の「品質保証書」が偽造されていたことが判明。うち71の部品で欠陥が見つかったという。 具体的には「リンクス」ヘリのほか、駆逐艦「広開土大王」(3200トン)のプロペラ速度調節部品、さらには韓国唯一の大型揚陸艦「独島」の発電機フィルターなどが欠陥品と判明した。いずれも重要部品で、韓国で「核心部品」と表現されるものだ。独島艦は実際、2015年に発電機が故障発火して動力を喪失、漂流するという失態を演じている。

 前世紀からさんざん指摘されている「ケンチャナヨ精神」が全く改善されていない。こいつはひでえ。さらに、延々ユーロコプター(現エアバスヘリコプターズ)と共同開発、というと聞こえはいいが要するにシュペル・ピューマ(軍用バージョンはクーガー)の設計を借りておきながら10年かかった(2006年計画ローンチ)、韓国の自主開発(笑)ヘリについての情報が掲載されていて、これがまた酷い。

 一方で韓国が自主開発したヘリにも9月23日、欠陥がもちあがった。 中央日報などによると、開発に1兆3000億ウォン(約1210億円)を投じた韓国製ヘリ「スリオン」の軍への納入が突然中止された。輸出へ向けて性能試験のため米国ミシガン州で低温テストをしたところ、エンジンの空気取り入れ口付近に氷が張り付き、そのまま飛べばエンジンのブレードに氷がぶつかってエンジン本体が破損する危険性が明らかになったのだ。
 同紙によると、設計、製造した韓国航空宇宙産業(KAI)では「韓国の冬は格段寒いわけでもなく乾燥している」として、韓国内での飛行に問題はないと説明したという。2018年に江原道平昌で冬期オリンピックを開催する国の気象状況説明としてはにわかに信じがたいものだ。

 馬鹿か。着氷なめんな。例によって「輸出も考えている(*1)」という機体で「韓国内での飛行に問題はない」ってオマエどういう神経だ。あと韓国は普通に寒いだろ。朝鮮戦争の時、米軍が悩まされたのが韓国軍兵士の敵前逃亡、中国義勇軍(笑)の人海戦術、あと冬の寒さ。この寒さでM1カービン(ないしM2カービン)のリコイルスプリングなど、各種の重要部品が寒さに弱く破断する(結果的にジャムを頻発する)ことが判明してます。

 対潜ヘリがだめでも、対潜哨戒機がある-はずなのだが、韓国では対戦哨戒機こそ「ガン」になっている。韓国軍は対戦哨戒機P-3Cオライオン(米国製)を16機運用しているが、いずれも老朽化。代わりに2018年から米海軍で用廃となり保管されている中古機「S-3B」27機を導入する方針とされるが、韓国世論やネットユーザーの間では、新鋭の米国製ポセイドン対戦哨戒機の購入や韓国による自主開発の声も出ている。しかし、これを世界と比べると絶望的だ。

 16機持っているからと言って全機飛ばせる訳でもありませんけれども(*2)、いまS-3バイキングを買いますか。それはまた画期的なことで。


*1 ソースは Flightglobal .

In late 2013, it was reported that KAI had received requests for proposals regarding the Surion from two South American nations and another Asian nation; at the time, KAI stated that the company hoped to sell 60-120 over the following 15–20 years.
(俺訳)2013年後半、KAIは南米の2カ国およびアジアの国家から提案要求を受けたことを報告した。同時にKAIは、向こう15~20年間で60~120機を販売したい旨を明らかにした。

*2 ローテを組んで整備しても、機数が増えれば増えるほど予備機が必要になる。事故や災害に伴う「減耗予備」という概念も重要にしたいところ。東日本大震災では、F-2の複座型F-2Bが多数被災したことが記憶に新しい。

2016.10.13 - なんてこったい俺はひでえや

 上記の件(韓国のリンクスとスリオンの件)でメール誤送信をやらかして、少し死にたくなっていました。(自分なりに)丁寧にお詫びのメールを書いて送信していたところ、ご海容いただいたようで持ち直しましたが、一時的にちょっとしたパニック状態に入りました。まあ自分のせいなんですけれども。

 具体的に私の恥を晒します。黒歴史という倉庫はもう満杯の上、この手のことは率先して恥を晒しておいた方が、周りは「うわアイタタタタ」(機種依存の問題があるので半角カナは使いません)と思うでしょうけれども、最終的には自分にとっても心の重荷の軽減になります。それに、もう十分なまでに痛い奴だと思われているので、これ以上痛く思われても、別段どうってことはありません。まあ限度というものはありますけれども。

 もういちど。前のエントリで挙げた記事の「軍事ワールド」ご担当の方に宛ててメールをお送りしたつもりでした。自分なりに裏を取って、その情報も埋め込みました(その裏取りの一部は書いた通りですが、更に情報に肉付けしてリンクも貼っておきました)。裏付けのない情報はデマとさほど変わりありません。その情報というのも、本文中に書いてあることへの補助的な情報となるので、自分としても「念のため」の域を出ないものではあります。いや、そのあたりは本題とは関係ありません。

 具体的な失敗というのは、短く言えば「別のご担当の方にお送りしてしまった」というものです。「軍事ワールド」ご担当の方が岡田敏彦氏、「エンタメよもやま話」ご担当の方が岡田敏一氏。お名前の確認ミスという、私の初歩的ながら、絶対やってはいけない非常に失礼なミスです。

 と同時に、いただいたお返事で知ったのですが、このお二方はご兄弟で産経新聞社にお勤めとのこと。つまり、ご兄弟とも記名記事を配信しておられるという訳です。思いもよりませんでした。同時に、思い込みが如何に恐ろしいものか再確認させられました。この失敗は忘れることがないでしょうし、忘れたいとも思いません。肝に銘ずるものとします。

 エンタメよもやま話のご担当の方は、記事の末尾にメールアドレスを載せておられますが、これは新聞社配信記事としては極めて珍しいことです。そのことだけでなく、お書きになった記事が(このページは私の愚痴を書くところなので、基本的に挙げてきませんでしたが)、本来の意味でユニークな記事を書いておられて、記憶に残っていた、という点が大きい訳です。だからといって記者のお名前を混同して良いという理由には、無論なりませんが。

 例えば韓国の犬食文化に関しては、個人的にも知っていたどころか、ポシンタンを食わされる一歩手前の状態まで行ったことがありました。むろん断固拒否しましたが、その時のことは書きたくもなければ思い出したくもありません。まあそれはそれとしても、3部構成の記事が犬を苦しめて殺してから食べるだけでなく、猫にまで及んでいて(*1)、かなりショッキングでした。映画に関する記事も多いですが、切り口が独特で、スターウォーズのエピ7に関しては切れ味が凄すぎて心配になるぐらいでした(*2)。

*1
“犬喰い”韓国…ネコも生きたまま煮込み精力スープに! あり得ない“残虐食文化”めぐる世界の動き(1)
虐殺した子犬の肉ほおばる韓国美女…違法も政府は黙認、2000億円市場 “残虐食文化”めぐる世界の動き(2)
“犬喰い”韓国の平昌五輪…欧州でボイコット運動 「ペット先進国」宣言 “残虐食文化”めぐる世界の動き(3)

*2
スター・ウォーズ“違和感の覚醒” 「エピ7」は創造力ゼロ…切り貼り編集の“老人”同窓会
ヤフー映画が暴露…ディズニーの“暗黒面”に堕ちた? スター・ウォーズEP7批評はネット社会の縮図だ


 誤送信のショックから態勢を立て直すべく、進めていた作業の詰めをしていました。

海自版P-3C輸入改修中の状況 (rev 0.4)
(テクスチャは暫定です)

 配布開始まではまだ要改善項目が25項ほど残っていますが、個人的に信頼できる協力者の方2名様にテスト版をお送りしてあります。

 ついででする話ではないのですが、地雷踏みとして試作品をお渡しする方をもう1~2名増やしたいところです。しかしながら、こちらの都合もさることながら、お相手の都合や分野があるでしょうから、こちらからお願いしにくいというのも実情です。

 並行してE-767の作業、車輌の改善作業、まだ伏せておきますが固定翼機1機種(少なくとも)4バリエ、車輌1車種1バリエ、回転翼機4機種などを進めています。これまで切ってきた空手形の不良債権を、今年中に解消してしまおうという覚悟です。

2016.10.13その2 - 哀悼

 タイ王国ラーマ9世 プーミポンアドゥンラヤデート国王ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。政治が混乱を極めた局面にあっても絶大な影響力を示しただけに、タイ国民の皆さんの悲しみたるや如何ばかりかという点は想像もつきません。

【編集】日本語としておかしかったので1文字削除しました

2016.10.18 - 装備品のボーンについて考える

 P-3Cにダミーボーンを設定する作業をしています。パイロンに誘導弾の類を搭載する時、そのボーンを外親指定することで、モデルの利用者さんにとって搭載が楽な仕様にするつもりです。

 いままで航空装備品は、Mk.82の芯線の位置までy座標をオフセットしてありました。いま思うと謎仕様もいいところですが、最初に作った時に某氏のF-2(に付いているパイロン)のダミーボーン位置に合わせた訳です。その時はまだ協力する意思がありました。今は妨害すらされているような有様ですから、無理に合わせる必要性を微塵も感じなくなりました。そもそも「Mk.82しか積まない」という想定自体、ダメな仕様策定の見本みたいなところはあります。何のためのパイロンだよ、という話になると思います。

 なので航空装備品やA-10C、あと、まだ機種名は書きませんが手元でスクラッチビルドしている機体などについても、ボーンはI/Fの面、航空装備で言うならラッチとラグの中心位置付近に統一します。ムダに手がかかるので、それらへの手入れは後回しにしますが。

 とりあえずP-3Cについては (1)ハープーン (2)マベリック (3)短魚雷 を小改善した上で添付する方向で作業中です。

2016.10.20 - 小休止

 協力者の方2名様へのテストバージョンpmxですが、自分の手元でtodoメモにまとめてある改善項目が50項目を超えそうな勢いです。とりあえず、パイロンへのボーン設定は終わり、脚やハッチなどを見直し、さてこれから何回目かのUV設定しなおし、という段取りです。まだ細かい修正点は残っていますが、文字通りキリがありません。

 さすがに疲れたので、今日は写真の整理に戻っていましたが、やっといくつかのフォルダを削除できるところまでは来ました。しかし、難敵もいます。具体的には: (1) 車輌(装甲) (2) 車輌(非装甲) (3) 小火器 (4) 火砲 (5) 回転翼機 (6) 固定翼機 で、大雑把に分けても、この6種類点がいつまで経っても終わりません。弾薬や需品に至っては、大分類をフォルダへの放り投げとして、仕分けに着手すらしていません。

 整理先の3Dモデルのフォルダが総計で容量152GB、ファイル数71,623という惨状です。現時点で未整理フォルダのデータは容量122GB、ファイル数36,553ですが、この中には既に仕分けが済んだものの、追加の写真や動画が入る余地があるので、まだ3Dモデルのフォルダに移動していないものが含まれます。

 写真をサムネイル・レベルで見て「これは○○の□□式◇◇だ」と瞬時に判断できるものはたくさんありますが、写真を見てみるまで分からないものがあったりします。すぐ分かるものの中にも、例えば作戦機なら単座か複座かでF/A-18EとFと分かれたり、F/A-18Fだと思ったらEA-18Gだった、といったケースもありますので油断も隙もあったもんじゃありません。

 しかし協力者の方の写真も多数混在しているとはいえ、ウチのカメラもよくここまで頑張ってくれたと、写真の数々を見直して改めて思います。ダメもとでシャッターを切ったら、やっぱりピントがぼけぼけでダメだったとか、かと思えば意外と資料性があるとか、ダメそうでもシャープ・フィルタをかけたり、コントラストやブライトネスの補正をかけたりすれば参考になる、といったものもありますので、整理が終わったら完了かというと、そうでもありません。ただ全部を一斉にモデリングするわけもなく、アイテム数だけで言うと「生きているうちに終わるのか?」という分量になりますので、モデリングに着手してから、あるいは資料が必要になってから加工すればいい訳です。そのあたりは柔軟にします。正確には、柔軟にせざるを得ません。

2016.10.21 -

 父親が亡くなったと連絡がありました。今日が通夜で明日が葬式。

2016.10.24 - 追記

 気分を入れ替えてモデル制作に戻りたい、と言いたいところですが、心というものはそれほど単純な仕組みで動いている訳でもないのが困ったところです。

 自分の場合、生育環境がねじ曲がりすぎていて、カウンセリングのも含めたカルテが物凄え分厚いことになっていました。「父親が亡くなった」というのは、普通に暮らしている方にとってのソレとは全く意味が異なります。誤解を恐れずに書けば「心の重荷がひとつ取れた」ということになります。

 誤解されるのは本当に嫌なので、前にも書いたかも知れませんがもう一度書いておきます。私はネグレクト(育児放棄)やアビューズ(児童虐待)を受けた、不健全を通り越した環境で少年期を送ってきました。父親だけでなく、先に亡くなった継母も、躾をはるかに通り越した暴力を振るうなど、人間として問題なしとはしません。自分の子供を「折れてしまうほど」ソロバンで殴る人物を、母親とはとても思えませんでした。これでマトモに育つと思う方がどうかしています。

 自分が悪かったとは思っていません。だって子供って、精神的に未熟であるが故に問題を抱えているものであって、それを正しい方向に持っていくというのが育児であり、躾であるはずです。しかし、私の躾は事実上、叔母が行いました。両親は努力を完全に放棄していました。両親がどうだったかは既に知る方法が永遠になくなってしまいましたが、少なくとも私の方から、たとえば和解を申し出てマトモな家庭に戻そう、などという気は微塵も起きませんでした。

 少なくとも生みの母親がいた幼少期~少年期の入り(小学3年だか4年だかまで)は父親らしいことをしていたので、悲しいこともまた事実です。と言いますか、どんな仕打ちをされたとはいっても、さらに言えば、ある事件をきっかけに事実上の絶縁宣言をしてあったとはいっても、父親は父親です。そこに変わりはありません。

 「分かって下さい」とは言いません。とにかく、(もちろん全てではありませんが)主に上記の理由により、私にとっては受け取り方が違ってきても仕方がないことです。無論、あとで精神科医に包み隠さず言います。

 金曜日は全く動けませんでしたが、今日(月曜日)は臨時で通院してみようと思っています。デパスでもないと胸のざわざわが全く取れず、本当にどうしようもありません。

2016.10.29 - 再追記

 新しい薬が効き始めるまでにどの程度かかるのかは完全に個人差で、SSRIやSNRIの類だと2日目から2週間ぐらいと聞いています。ありそうな話ではあります。デパスの方は、「本当にどうしようもない時」だけ使わないと、身体がぐったりする程度に効いてしまいます。

 ですから全体的に「いまはどうなのか」という点では、持ち直しているのと持ち直していないのとの中間です。

 しかし、何か作業でもしていないと、いま以上に頭がおかしくなりそうです。というわけで作業を進めていましたが、何事をするにつけ、通常よりも2~3倍ぐらいの時間がかかっていたと思います。集中力なんて話にもなりません。でも一つ片付けました。多分

2016.11.01だったはずだけど11.02 - 遅延していた心機一転

 昨日(11月1日)中は ほぼ全力だったので、アップロードの後に落ちていました。意識が。

 改修点は多いのですが、一点だけ実現するにはちと厄介な案件があります。それは次のバージョン(v0.2)で実現するとして、当面は次の案件にかかりたいと思います。

 今まで色々と取っ散らかりすぎたので、とにかく(10月を含めた)3ヶ月、あと、先のことは分かりませんが多分その次の3ヶ月は「リリース」を主眼として作業していくつもりです。と言いながら既に一点、P-3Cの作業中に新規プロジェクトを起こしてしまったのですが。

 昨日(11月1日)中は ほぼ全力だったので、アップロードの後に落ちていました。意識が。

 改修点は多いのですが、一点だけ実現するにはちと厄介な案件があります。それは次のバージョン(v0.2)で実現するとして、当面は次の案件にかかりたいと思います。

 今まで色々と取っ散らかりすぎたので、とにかく(10月を含めた)3ヶ月、あと、先のことは分かりませんが多分その次の3ヶ月は「リリース」を主眼として作業していくつもりです。と言いながら既に一点、P-3Cの作業中に新規プロジェクトを起こしてしまったのですが。

2016.11.06~11.07 - 移転準備を始めました

 このサイトの容量制限が本格的に厳しくなってきたので、移転の準備を始めました。

 問題があるとすれば、アイテム数が質の割にはやたら多く、かつ、保留にしてあるページが多すぎるという点です。

 しかしながら現状は、サイトを見る人にとって可読性が著しく低い状態なので、本当になんとかしたいとは以前から考えていました。モデルを作っている間の息抜きは、この作業に宛てたいと思います。12月01日あたりに移転できるといいなあ。ここは周知徹底のため、最低でも3ヶ月は残します。

2016.11.09 - 風邪ひいてる場合じゃねえ

 選挙戦の最中からそうだったと思うんですけど、おそらく共和党の首脳陣が一番頭を抱えているんじゃないかと思います。全く笑えない事態です。「カナダの移民情報サイトが落ちた」っていうのも、普段なら笑えるかも知れませんけど、今回まったく笑えません。

2016.11.13 - 早く病院に行けばよかった

 皆さんも風邪には気をつけて下さい。私は手遅れ一歩寸前でした。これを書いている今も頭痛が引いておりません。

 頭痛の何が困るかって、集中力をごりごり削られるところです。本来なら今頃テスト版ができているはずの次のモデル、まだボーン入れに着手したばかりという惨状。

2016.11.16 - 集中力が切れた結果がこれだよ

 こちらは(比較的)「まとまったボーン作業」がなかったので、集中力が切れ切れでも、なんとかできたような気がしなくもないです。もちろん保証はできません。

 ぼーっとすることができない性分がここまで来ると、自分でも「これはマズいな」と思いますが、まあ生まれついた性分みたいなので今更。

2016.11.18(暦の上では完全に11.19) - 臨時通院でした

 新しく出してもらった薬(サインバルタ)がびっくりするほど効かず、むしろ副作用の方が強く出ている感じなので、「減らして別のアドオンを試させてほしい」ということになりました。

 精神科の病気は8割方そうですが(全部ではない)、薬が病気を治す訳ではなく、問題を解消、あるいは問題と向き合ったり、という方が重要です。その「問題」の中に「自分」が含まれていることに気付かない(あるいは、気付けない))人は、絶対に自分の脚で精神科に行ったりはしません。そうして、問題をさらに悪化させるのです。日本のみならず世界中のあちこちで見られる惨状です。 ※「だから自分は偉い」的なことを言っているのではありません

 で。主治医が倒れたあと急遽探した病院なのですが。あんまり書きたくないのですが、手際が悪い……今までの先生と医療事務の方が如何に優秀だったか、痛いほど分かります。今回は藪から棒に血液検査がありました。「今日でも来週でも」ってアナタ床屋じゃないんだから。

 もう一つ言いたいことはありますが、それはまだ書かないでおきます。そんなことよりも、帰宅してから「処方するはずだった薬が処方箋から抜けてました。取りに来て下さい」とお電話をいただきました。……手際が悪い。というか悪すぎる……。

 以前お世話になっていた先生、はやく復帰なさらないかな……ご体調はおいかがなのか本当に心配です。

 というわけで、集中力の確保とか快方とかいうことが遠のく一方です。俺そろそろ泣いていいんじゃないかな。

 上記のこと以外にも、昨日いきなり、19日(のうち上記で埋まる分とは別の時間)が埋まることになりました。土浦駐屯地は完全に見送りです。どちらにしても、風邪が完全になおっていない状態で、野外で雨に打たれながら場所を変えつつ写真なんかとってたたら、こじれないと思う方がおかしいと思います。

2016.11.20 - 予後(継続)

 風邪薬ですが処方箋だとかなりの割合で出る「PL」、顆粒な上にそこそこ苦いです。オブラートを切らすんじゃなかった。PLといっしょに出た「ムコソルバン」は喉の薬。

 あと新しくアドオンで出た頭の薬のうち、後の方に出た薬(エビリファイ)については、効いている実感が(少しだけですが)あります。「大統領選の時の暴言の数々は一体なんだったんだよ」という感じで、心中が間違っても穏やかではありませんので、効く効かないを判断するには いささかタイミングが悪いのかもしれません。前に出た方(サインバルタ)は利き目が感じられないどころか、ずっと飲んできたモノの副作用が強くなった感じしかありません。脳みその薬は個人差が激しく、ある人に効いても別の人には効かないなんてことはザラです。なのでサインバルタが悪いという話でもなければ、トレドミンが良いという話でもありません。

 山のようなボーン入れと表情実装をしたいのに、痛み等で集中力があっという間に切れるので、これらが効いてくれることを祈るのみです。

25日ぶんを26日に追記:再度通院

 風邪ひいてるのに、血液検査の結果がびっくりするほど健康で腹が立ちました。甲状腺「には」問題なし。白血球、コレステロール、中性脂肪、血糖値すらも見事に平均値か、平均値に少し近いぐらい。風邪薬は継続して頓服が処方されましたけれども、こういう時に出る薬は日本国内では「PL顆粒」と考えてまず差し支えないです。実際、そうでした。

 マーカーが引いてあって「1項目だけ標準から外れている」というので、何だろうと思ったら「血小板数」。男性の平均値が13.1~36.2のところ、42.4。いや以前から知ってはいましたし、怪我した時に(他の人員に比べて)血がすぐ止まるうえ、異常に多いという訳でもないので、別にいいです。

 あと尿素窒素が8.0~23.0のところ6.4でしたが、これも「麦茶をよく飲む」という健康法のせいじゃないかと思いますが如何なものか。

2016.11.26 - 「部隊あるところ需品あり」

 「需品学校」と言っても知らない人が多いぐらい地味なところですが(失礼だとは自覚しているものの、実際、地味です)、 しかし装備品の調達、補給、輸送、交付がなければ、戦車はおろかクルマもろくに動かない、ヘリも飛行機も飛ばせない、銃も撃てない、隊員は喉も渇くし腹も減る、といった具合です。地味だろうが何だろうが、後方がいなければ主戦力は成り立ちませんから非常に重要です。少なくとも私はそう理解し、確信しています。

 話が逸れました。2016年11月26日松戸駐屯地で撮影。私の好きな3トン半とその派生車だらけで、テンション上がりっぱなしでした。大雪が嘘だったかのような天気で、撮影の時に逆光になると困るぐらいでした。

 土浦駐屯地に行けなかった憂さを晴らすぐらいの勢いでした。身体は思うように動きませんでしたが。写真また傾いてるし(資料を撮りに行っているのだから、もう諦めてます)。

浄水セット。 野外炊具1号(後ろのトレーラ)。
燃料タンク車。 水タンク車。73式大型トラックがベースで、今となっては
レア度が高くなっている。
03式中SAMの構成車輌の一部(335高射) 高機動車と軽装甲機動車。習志野からの増援。 
NBC偵察車と除染車3型(B)。大宮からの増援。 走行中の3トン半水タンク車(*1)。 

*1 アオシマのスケールモデルがある方は、手元のそれと比べてみて下さい。エラッタとかそういうことを言いたいのではありません。実車は調達年次でバリエーションがあるという話です

【訂正】 手元にあったのは燃料タンク車でした。てへぺろ。水タンク車は記憶が正しければ、そもそもモデル化されていなかったと思います。特にご関係者各位に大変失礼な記述をしましたので、訂正してお詫びします。配慮の足りない記述をしてしまい本当に申し訳ありませんでした。

 訓練展示。

誰が何と言おうとこれは湖。
ビニールシートとは関係ない。いいね?
輸送のため走行中、水タンク車が行動不能となった、
という想定。
救援に来た重レッカ。 03中SAMのレーダー車。不整地でも走行能力が
高そうだということが理解できる
03中SAM発射器のアウトリガーを設置しているところ。 リガーを展開し終え、警戒にあたっている状況。
比較的どうでもいい話ですがWACさんでしょうか。
12.7mm重機関銃を搭載した3トン半が
不整地に入ったところ。
この地形でも3トン半積載して走行可能
(舗装してあればもっと積めるということです)。
仮設の給油所を設営している状況。 給油を受けて走り出す3トン半が牽引している
水タンクトレーラ。
水タンク車の牽引準備が終わり、移動を開始したところ。 慌ててシャッターを切ったので、本当に斜めになって
いますが、実はなかなか見られない光景です
(土浦はもっと無茶をやりますし)。

 装備品展示(ごく一部です)。病み上がり&体調低下中であることが本当に悔やまれてなりません。

展示位置に移動中の水タンク車。 普通の3トン半トラックと比べると、細かいところが
異なります。アダプタを付けて散水車代わりにもできます。
給水を実施するための蛇口取り付け位置、
蓋を開けていただいたところ。
燃料タンク車。実はこのアングル、霞ヶ浦では(生け垣の
おかげで)なかなか撮れません。
野外炊具1号。22改ではないタイプで、コックが4種類ずつ
付いています。
「自衛隊最強の車輌は?」と聞かれたら、迷わずに
「野外炊具1号です」と答えます。冗談抜きで。
浄水セットを登り台にしている状況。ごめんさい冗談です 10式は展示のみで、走行はありませんでした。
私はともかく、どうしても主役を食ってしまいますし。

 875枚撮影。いつもの半分かそれ以下の枚数です。「貧すれば鈍する」とは良く言ったものです。しかも、これを打っている最中にも腕と脚に筋肉痛が出ていますので、明日あたりはもっと痛くなると思います。モデリングの時に時々お世話になる「塗るタイプのサロンパス的なもの」が、今回は異常にしみます。

2016.11.27 - 何回目かのカメラのオーバーホール

 撮ってきた写真に、やはりホコリがついていました。ボディーをいくら掃除しても取れないので「まさか」と思ったら、レンズの内側に入り込んでいたようです。「ようです」というのは、DME+CO2なガス缶ブロアで噴いたら、少し改善されたからです。

 レンズというものは基本的に分解しませんし、私のような素人が分解して良いものでもない上、買うと結構なお値段がするので、本当に困った話です。ちなみに手元の製品は、ネジ5つ(2種類、3本+2本)のうち2種類2本が、ドライバーで回らないように潰してありました。

 自分で撮ってきた写真は、くどいようですが「モデリングの資料」です。10年近く(記憶が正しければ8年突破)使っているものですが、

 しかしながら、もう少しエッジというか輪郭がシャープに写るレンズと、もう少しメモリへの書き込みが速いボディーが欲しいものです。それほど贅沢は言いませんが、結構なお値段がすることは事実です。

2016.11.28 - 追記

 せっかく写真を撮ったのでここに載せた訳ですが、サーバの容量が逼迫しているのを忘れていました。正直に言います。完全に忘れていました。次のモデルをアップロードするのはきついかも。ただ、11月内に完成する見込みのモデルはありません。風邪引いたのが影響しまくって遅れています。

 サーバのレンタル料は月単位で料金が発生するので、引っ越し作業開始は来月頭から、引っ越しそのものは大晦日の前ぐらいですかね。クリスマス?なんだそれ。食べたことがない。それはともかくレンタルのお値段が3倍近くに跳ね上がるのが家計を直撃するところ。「モデルの配布でも自前でサーバを借りる」という自分の意思を貫き通すには仕方のないことですが。

2016.12.04 - 通院日から落ちてました

 長いことお世話になってきた主治医の先生ですが、廃院が決定となったとのことです。控えめに言って落ち込んでいます。ただ精神科医という職業は、色々な人の心の闇を見ながら、それを解きほぐしていく仕事もしているわけでありまして、それがどのぐらい心や身体の負担になるか、想像も付きません。ですから、ご年齢と合わせて考えると、無理にでも納得するほかないのかな、と思います。

 作業が驚くほど進んでいません。上記のこともありますが、薬の副作用が覿面に出ていて集中力どころの騒ぎではなかった、というのもまた事実です。鬱状態を治療するために薬を飲んで、その薬がもとで状態が悪化して、最悪べつの病気にでもなった日には、笑い話にもなりゃーしません。いまはそこまで酷い状態でもありませんが、一瞬「あ、俺死ぬかも」と思ったのは事実です。ことほど左様に、脳みその薬の効き目と副作用の個人差は(他の分野と比べて)大きいですが、脳髄は人間の中の迷宮でありますから、致し方ない部分があるのでしょう。

2016.12.05 - ここから新サーバぶん

 のはずです。

【追記】ざっと見た限りでは大丈夫そうですが、もちろん自信はありません。そして引っ越し設定(自動ジャンプ含む)、配布ページの大幅刷新。言うほど簡単ではないです。

2016.12.06 - ちゃんと引っ越しできているのだろうか

 俺としては借り直したかったのだけど、そういう引き継ぎはできないようなので、新規に借りて旧サイトと併存させてあります。ドメイン取得費用も無料でしたし。それは良いんですけど、ドメイン借りると売り込みのメールが来ますな、さすがに。全部の売り込みに、行間から「対応する気のなさ」がにじみ出るように、かつ「サイトマップをgoogle日本に登録済みなんで」ってな英文を書いて返信しておきました。そのぐらいは自分で出来ます。あとyahooにこっちから登録する気はないです。向こうが勝手に来る分には良いですけど。

 で自分が寝床で読むときに少し困るので、モバイル版というかスマホ版を作って併存させておきたいのだけど、それはそれで手間のかかることなので、極力あとまわしにしたいと思います。それでなくても旧サイトから「引っ越しましたんでこちらへどうぞ」式の文面に置き換える作業が数十ページぶんあると思うと、考えただけでクラクラ来ます。

2016.12.07 - ゆかりさんが駄々をこねて往生したついでの話です

 スクショも撮っていませんので文言は正確ではないと思いますが、「USBキーまたは暫定ライセンスがない」というメッセージが出て、ゆかりさんがストライキ。動画制作の準備にと思って久々に起動した訳ですが、久々すぎてご機嫌を損ねてしまったようです。

 色々と試行錯誤(してはいけないのだが)した結果、そもそもユーザー登録をオンラインでやっていなかったことが判明。新規ユーザー登録にも失敗。記憶していないが、別のパッケージ製品の登録は済ませていた模様。製品を追加→選ぶ→アクティベーションキーを入力する→サポートページへのボタンが表示されるので飛ぶ→当てていないアップデータがあった→アップデータを実行。

 解決しました。一時は「やばい、これは買い直しか、財布直撃すぎて痛い」と腹を括ったものですが、そこまで行かずに済んで良かったです。しかし、無印とEXとじゃあ、読み上げや抑揚の編集画面の使用感が全然違うんですな、広く使われている理由が改めて理解できました。

 アフィリエイト・サイトにするつもりはないので遠慮しておきましたが、これからはそういう訳にもいきません。少しでも資料代を捻出しないと。まあ邪魔だと思うならココに来て見る(・読む)のを自分の判断で止めたら良い話です。少なくとも、私は強制してません。

 これでいけるかな。久々すぎてリンクの作り方を忘れてました。次、横に4連、縦に2連で、合計5製品を貼るテスト。と言いますか、M870(通称ハナマル)のMCSがうっかりしていたら発売されていたので、他の商品と合わせて貼っておきます。

     

 ここに挙げたものは片っ端から「欲しいものリスト」(ウィッシュ・リスト)に放り込んでおきましたが、89式と81mm迫(L16)は本当に自分で買うと思います。ただ、予算というものがありまして。

 ちなみに、イタレリのM24チャーフィーは手元にあり、既に素組みしてあります。しかし、武器学校の展示品やら、海外のマニアの人の写真やらと見比べると……いや見比べるなという話はナシなのかもしれませんが、どういう悪意があったらデカールの日の丸を「赤地に白」にしてしまったのか、ちょっとイタレリの担当者に聞いてみたいです。お前ら早々に寝返ったクセに エラッタというかエラー修正も何も、普通に差し替え用の日の丸デカールが入っていましたが、スキャンして晒したいぐらい。このデカールの一部が折れ曲がっていたので、某中古プラモ屋さんで安かった記憶があります。


 「代行してサイトを登録します」系の売り込みメールがやっと止んだようですが、今度は「もっとマシなデザインにします」的な売り込みが今のところ2件。悪かったな。妙にデザインに凝って中身スッカスカにするよりも、「中身が詰まってて外側が不親切なぐらいが呼んでない客を減らせるだろうから配布サイトとしてはアリなのではないか」という考えなんですけれども、そろそろ、この歪みまくった方針も変えるか、と思っていたところです。だってモデル配布時の更新の時、一番困るのは俺という状態になってるもん。

2016.12.07その2 - 酷え話だよ本当に

 波には「跳ね返る」という特性と、「隙間を通り抜ける時に形を変える」という特性があります。これは実際の海の波だけでなく、波の性質を持つすべてのものに言えます。電波も波の性質を持つため「跳ね返り」ますし、波長によっては通り抜けたことによって波形が「歪み」ます。電波モノの回路はほぼ100%、設計した通りには動いてくれません。

 音も基本的には空気の波です。で、ウチの裏手で新築工事をしていて、それに伴って道路を掘り返してはガス管やら水道管やらを引き込む作業が続いている訳ですが、日の出の直後から日の入りの数時間後までみっちりやってくれます。これも、副作用と同じぐらい集中力を削いでくれます。きついったらありゃしません。

 その上、睡眠サイクルに障害があるのに、朝きっちり起こしてくれる上に夜まで寝かせてくれません。これも半分ぐらい朦朧としながら書いています。ここに愚痴でも書かないとやってられません。音が跳ね返ってくる上に、トンカチでカナモノを叩く音や、グラインダー的なもので何かを削っているような音、あの帯域の音が一番明瞭に部屋に入ってきてくれます。生あくびを連発しながら謎の頭痛に耐えるというのは、拷問を禁止する国際条約か何かに抵触するんじゃないでしょうか抵触するよな絶対。いやするって。

 この鬱積をゲームか何かにぶつけようにも、うちにはオープンイヤーなヘッドフォンしかないので、耳にトンカチの音などが入ってくれます。耳はまだきっちり機能しているので、耳エイムや耳ムーブメント・センサー(敵の足音を聞き分けて待ち伏せ等の状況を決定する)などSAOで言うところのシステム外スキルが阻害され、ゲームの戦果に覿面に影響します。

 2日か3日我慢したら済む話かと思いきや、もう1週間は軽く経過しています。まったく酷い話です。臨時通院日も連続していて、イライラが頂点に達しつつあります。

 しかしながら、何か新作(BF1 か Watch_Dogs2 。CoDは見送り)に充てるはずだった予算も、スケールモデル等にぶっ込んであります。これはこれで立体構造の把握、プロポーションの再確認などに役立つので良いのですが、細かい部品を組んでいるときは静かにしてほしいものです。ホームラン(ピンセットなどで部品をつまんでいる時に「ぴん」と部品を飛ばしてしまうこと。ホームランっていうかファンブル)をやらかしてしまうと、イライラが更に増額します。

 何の事故災害等もなく隣の家が建ちますように。できれば1秒でも早く。

2016.12.09 - 書き換え手続きと通院

 精神医療の助成について、もう廃院ということであれば致し方ありませんので、書類の書き換え手続きをしてきました。実際の所管は都の制度なので都庁なんですが、受付は区役所というわかりにくさです。

 そのあと病院に移動した訳ですが、問診中、私としては非常にショッキングなことを言われました。言うなとは言いませんが、「医師としてソレ言う時は細心の注意を払って下さいいやマジで」と言いたくなるぐらい(実際には言ってません)、目の前の患者が精神障害者3級を認められるほどには手遅れだということをお忘れだったのでしょうか。そうなんだろうな。

 いや落ち込みました。本当に。家に戻った直後にバタンキュー→ぐばーん(全力で寝る音)のコンボでした。もうちょっと休まないと精神がもちません。

2016.12.15 - お手伝い

 詳しいことは書かないでおきますが、いま某所のPCを調整するお手伝いをしています。それは結構あることなんですが、自分の迂闊さとマイクロソフトのコンボには毎回泣かされっぱなしです。その場で回避できるものもあれば、厄介なカナモノが必要なケース、たとえばレアな金具とか変換端子・変換ケーブルとか、そういったものが必要になることもあります。後者は本当に厄介ですが、最近のPCなら大抵のものは売っているので楽です。昔は本当に半田付けが必要だったりしました。

 あとパッケージ版のWindows 10ってUSBメディア売りだけど、DSP版ってDVD-ROMなのな。

 いやまあそれは置いといても、変な時間に起きてしまったので、せっかくなので愚痴を書いておきます。最近のアキバの野良メイドの出来の悪さは何だ。昔の野良メイドにはメイドたる矜持があったぞ。両手がふさがってる相手(俺のことだが)を見てチラシを渡そうとするなよ。見りゃ分かるだろ、物理的に受け取れないことぐらい。全く最近の若ぇ奴は……いや俺はメイドやったことはないけど

 まあ、しかし、自分で見ても怖い顔をしている時があるってのに(NHKに映された時は心臓が飛び出るぐらい驚いたけど自分の顔は怖かったな)、それでも寄ってくる営業スピリットは褒めるべきだと思う。いま無精ヒゲが伸びてるから、なおさら怖い顔だろうに。

2016.12.30 - 体調悪化 → 風邪気味 → 人事不省 → 助けていただいて風邪気味←いまここ

12.15を初めとして1週間分ぐらい

 PC調整お手伝いが長引き、かなりの体力を使いました。エピソードとして睡眠記録に付けておいただけで5回行き、結局のところは先方さんの希望もあり、調整というかWindows 10導入になりました。10にする気が知れないと思いますか? 私も思います。しかしながら、むろん正規に更新しなきゃまずいわけで、いま入手できるのは知る限り10しかない訳です。Windows 7が入手できるなら、迷わずそちらを買います。短く言えば選択肢がないんです。まあクリーンインストールしたと思えば安いもので……と思ったら次から次へと問題が出て、MSの尻ぬぐいで私の面目まで保てなくなりつつある始末。どうしてくれよう。

 さらに、そういう肩凝りのする作業をしていたら、本当に肩凝り由来の緊張性頭痛が止まらなくなりました。サロンパス的なものを首に塗って頭痛止めを飲むという二段構えですが、カフェイン依存の気が入っているのがまずいのか(いや、まずいんだろうな)、普通の痛み止めだけでは効いてくれません。

12.25~26ぐらい

 そんな訳で体力と気力を使ったのにメシをきちんと食べていなかったりしたので、風邪がどんどん悪化。頭痛がひかないのも集中力を削られる始末で、今やっているMMDモデリングも、クリスマスプレゼント → お年玉 → リリース日未定 ←いまここ という惨状でした。

 いや過去形で書くのはおかしい。今も「調子が良い」などとは口が裂けても言えない状態です。

12.27ぐらい

 そんな中、月末近くになって漸く真風さんとアイボールできました。多分ですけど双方引け目がある状態、少なくとも私は引け目があります。こういう場合は直接会うに限ります。デルタ1さんは時々電話を下さったりするわけですが、今月はそういう時に限ってこちらの体調がまずい状態、あるいは極端にまずい状態だったりするので申し訳が立ちません。

 資料代と(自分の)内圧抜きを兼ねて予算を組んだのは良いんですが、そちらの内容はいま書きません。別の買い物をしてしまうとは自分でも予想していなかった事態です。

12.28~12.30ぐらい

 いえ安かったんです。通常だと安い構成でも日本円で8,000円以上のゲームソフトが、クリスマス・セールで日本円5,000円に下がっていました。予約セールで買った人は、覚悟の上じゃないのならご愁傷様としか言いようがありません。それでも、クーポンを使ったので2,500円ぐらいで済んだ計算です。そのゲームというのがWatch_Dogs2です(BF1はご予算的に買えませんでした)。とにかく2016年クリスマス商戦はビッグタイトル目白押しで潰し合い状態です。

 自分のペースでプレイしたいのでオンライン侵入は切ってます。実際に遊んだことがある人じゃないと中々伝わらないと思うんですが、Watch_Dogsのマルチは、ある程度プレイを進めた以降はシームレスです。相手のワールドにお邪魔するには、さすがに明示しての参戦となりますし、coopだと相手を探すいわゆるマッチングが走ります。ESCキーで中止できますが、とっくにマッチングしたあとで後の祭りということもザラです。

 別の観点から言うと、シングルのミッション中でさえなければ、オープンワールドに いつの間にか相手が溶け込んでいるのが普通、という恐ろしさです。前作では尾行するだけという初心者向けミッションもあり、つまり何も手出ししなくても勝てる、尾行された方も特に何も失わない、というものですが、ちょっかいを出そうと思えばいくらでも出せる(ただし、相手を殺さないこと)ということもできました。そのうえ、爆弾系は一発までなら誤射かもしれないという、どこかの新聞社みたいなルールです。そういう訳で、NPCとちょっとでも違う動きをする奴を探し出してブラッディ・フェスティバルにあげる訳ですが、ウチのPCはスペックがしょぼいので、とたんにラグくなって丸分かりです。あと前作のガチ勢の中には、マルチというか侵入があると、別タスクが一本新しく走るので分かるという「ごめん、その発想はさすがにねえわ」という方法で、タスクマネージャを別画面に出して検知していた人もいると聞いています。今作でそれが効くのかは知りません。うちのPCだとCPU・GPUともに天井(100%)打ちっ放しですが、シングルは(低いなりの画質で)ちゃんと走り、マルチにはありがちなラグ感がきちんとあります。勝手にそういう状態にされるのは困るので、侵入されないようオフに設定してあります。

 とにかくシングルとマルチ、ないしオフラインとオンラインがシームレスなので、「部屋」いわゆるサーバの概念が希薄です。さらに日本人はPS4版を買うのが普通だと思うので、PC勢はどうしても外人さんと当たることになります。海外勢のプレイは大雑把だったり超脳筋だったりしますが、テーザー専用とまではいかないまでもサプレッサーが標準スタイルの私でも、大枚はたいてグレネードランチャーを買ったり、貴重なポイントを消費して爆発物関係のスキルを上げたりする始末です。

 部屋制ではないと、誰と繋がっているのかよく分からないどころか、どこの国の人と繋がっているのかも分かりません。ボイスチャットの第一声を聞いて判別する、しかも主に「英語話者かそうでないか」を判断する程度のことしかできません。挨拶があればまだ良いほうというか、こっちも忙しい場合、具体的に言えば「警察に追われている最中にギャングのシマに飛び込んで交戦させ、そのすきに逃げる(*1)作業をしている最中」というような状況では、挨拶どころではありません。本当に相手がどこの人か分からないので、mornin' 等の(ある程度時制のついた)挨拶は必要ありません。hi there (どうも)ぐらいで充分です。相手も十中八九(つまり80~90%)忙しいからです。

*1 前作では無理でしたが、今作では結構使える手法です。ギャング間の対立もあるので、ギャングに追われている時は警察署の敷地か別のギャングのシマに誘い込んで撃ち合いを誘発させる方法もあります。それなりに危険ですが。

 さきほど短時間ながら当たったのが、たぶん台湾の方。根拠は、名前の末尾2文字がTWだったから。北米系の脳筋プレイヤーより派手で、5分どころか1分もかけずにサンフランシスコだったと思っていた街中が、あっというまに中東あたりの雰囲気になります。空爆こそありませんが、警察の増援車輌にMRAPが混じっていたのには「勘弁してくれよ」と言いたくなる惨状でした。

 派手すぎるので短時間でセッション抜けましたが、私には思いつかないような体力勝負をやるので、弾薬がいくらあっても足りませんでした。あとラグいので3D酔いの加速がひどく、そのままプレイし続けるのは無理でした。

12.31ぐらい

 気になって自前で調べたら(このゲームに関しては攻略サイトの類をまだ見ていない。見ると楽しみが減るから)、スキルをアンロックしたら爆発物とショック・チャージを各々5発ずつ持てるようになるらしいですね。冗談じゃねえです。買ってまだ何日も経ってないのに、そんなにぽこぽこスキル解除するほどやり込んでませんて。本当に勘弁して下さい。ただ前作はスキルのアンロックで、記憶が正しければパイプ爆弾的なIEDを制御式・近接式の2種類で8発ずつ持てたような気がする上、近接式は敵だろうが一般市民だろうが自分だろうがとにかく近づいたら爆発するえげつない代物だったので いや、この話はいいや。

 今年のことは来年に繰り越さないという中途半端な信念のもと、ここを慌てて書いているとか、そういうことは少ししかありません。

 大家さんの迷惑も顧みずにお家賃を渡したあと、ささやかな贅沢として ざるそばをかき込みました。やっと大晦日という感じがしてきたような気がするのは私が日本人だからでしょうか。そうなんだろうな。


3Q2016←前|次→1Q2017

最新版へ 修行ページへ トップページへ

[EOF]