生存確認用ページ
過去ログ 2017年第4四半期分

(Log - 4th quarter, 2017)

更新履歴
2018年11月08 このページを設置。

3Q2017←前|次→1Q2018

最新版へ 修行ページへ トップページへ

2017.10.01 - 09.30 松戸駐屯地開設記念祭

 家にいても腐るだけですし(*1)、横田に行けなかったぶん交通費はあったので、カメラだけもって松戸駐屯地に行ってきました。需品学校ということで地味になるのは仕方がないのですが、被服、燃料、水などなど後方を支える重要な場所です。

*1 けもフレに関する事態が(少なくとも、コレを書いている時点でも)動いていない状態で、できることも問い合わせや意見の送信など限られており、そういう状態で動き回っても、結局は自分が消耗してしまう。全くやめるつもりはないが、延々やっていては保たない、という意味です。

関東補給処松戸支所の隊員だったと思います。
ご覧の通り64式でした。
ヒゲの隊長。原稿なしで重要なことを喋りきるのはさすが。
水タンク車。災害派遣等でますます重要に。 燃料タンク車。自衛隊の車輌は基本的にディーゼルなので
これも重要な車輌です。
浄水セット、逆浸透2型。 軽装甲機動車(LAV)。空挺(習志野)からの応援
NBC偵察車。大宮からの応援 03式中SAM。展示を終えてランチャーを畳んでいるところ。

 あ、いつも通り、写真は時系列ではありません。

コンテナを搭載したトラック。
少なくとも私は初めて見ました。
コンテナ専用ではなさそうだということが、緊締具で
分かるような気がします(もちろん自信はありません)
野外炊具1号(22改)。左の天幕には調理用の用具が
展示されていました。
PDS、C-130やC-1から空中投下するための
プラットフォームなパレット。

 撮影は1,200枚でした。

2007 2017.10.01その2 - 旅の続きを

 文法とか知ったことか

2017.10.03 - 続報待ち

 「結果がどうあれ続報が待てる」という状態がようやく公表されました。事態の進展が見られたというだけでも、心理的負荷がだいぶ違ってきます。

 なにしろ直前のエントリを10年前の日付にしてたぐらいだし、思ったよりも精神に来てたんだなと思います。モデリング全く進んでませんでしたし。ブスコパン(胃薬)を飲む量は少し減らせると思います。まだ終わってはいませんが。

2017.10.05 - 貼るの忘れてた

 忘れていても大した影響はないんですが……参加することに意義があるということで。

2017.10.12(撮影は2017.10.07) - 下総基地

 前掲(9月30日)の松戸駐屯地から、(新京成を使うのであれば)経路と電車代はそれほど変わらないことに気づき、朝の天候はよくなかったものの、息抜きに出かけてきました。到着時には霧雨と言いうか、肌で感じられる雨が降っている状態でしたが、午後からは日も差したり雲で隠れたり、という状態でした。

 いつも通り、時系列ではありません。雲の様子で撮影条件の厳しさをお察し下さい。

固定翼機の方の全景。回転翼機はこの画面の右側に
あたります(SH-60KとCH-47JA)
体験搭乗も含めたのP-3Cの列。手前じゃら:5067
(展示機)、5048、5077、5056(以上、体験搭乗機)。

 展示機。特記のない限りは海上自衛隊機です。

P-3C (203-5067) P-1 (3-5512)
U-36A (91-9204) TC-90 (203-6825 / LJ1337)
航空自衛隊C-1 (58-1013), JASDF SH-60K (21-8421)
陸上自衛隊CH-47JA (HGP III, 52985 / JG-2985), JGSDF 陸上自衛隊UH-1J (SU, 41916 / JG-1916), JGSDF

 緊急車両など(他にももっと掲示したかったのですが、キリがないので割愛)

大型の消防車(オシュコシュではなくモリタ?)が3台、
ほか緊急車両が見えます。
消防車多数のほか、手前には救急車、救急車のすぐ
後ろにも車輌がいますが、消防指揮車なのかフォローミー
ジープなのか、よく分かりません。

 2年前から行こうと思って行けなかったため、今回はリベンジとなりました。天候には恵まれませんでしたが、そのぶんゆったりと撮影できたように思います。

2017.10.13 - グレープ君よ、安らかに Grandpa Grape, rest in peace.

 東武動物公園の「恋するペンギン」ことグレープ君が、昨日(12日)亡くなったとのこと。享年21歳でした。個人的には「グレープ爺」と呼んでいました。

写真は換羽中の時(2017年08月13日)

 下総基地の写真を整理している息抜きでこの訃報を知ったので、かなり落ち込んでいます。掲載が遅れているので、やりかけた作業は全部終わらせてからにしています。それはそれとしても、もっとしっかり写真を撮っておけばよかったと反省し、かなり落ち込んでいます。

【追記】

 それから、前日(12日)の東武公式生放送では、フルルのパネルといっしょに特別室に移して様子を見ていたとのこと(生放送で見ていたものの、TS視聴で見直したところ)

【/追記】

2017.10.14 - 花を手向けてきました

 表題の通りです。生活が苦しいので、思ったから何処かへ行けるという訳ではありませんが、色々な想いをくれたグレープ君に別れを告げてくるのは、別に悪いアイデアではない、そう考えて腰を上げました。

花屋さんにお願いして、紫でアレンジしていただきました。 急遽設置された献花台、花が多すぎて
机を足している状況。
直前の写真に写っているパネル。ご覧の通り、「2017年
10月13日 吉崎観音」と添え書きしてあります。
同、正面より。フルルにも紫の翼帯が描かれています。
設置されたメッセージボード。どなたが置いたのか、
耳に紫の帯を巻いたラッキーさんが涙腺に来ます。
この写真のみSHV34で撮影(他はPENTAX K30)。
東武動物公園のコラボ2回目のラスト近くで飾られた、
裏から光を当てるタイプのパネル(このとき私は赤貧が
原因で行けませんでした)。
15:30頃からのペンギントークで、やまだおにいさんから
状況の説明がありました。
ビール君(雄確定)を抱える ねもとおねえさん。

 グレープ君は旅だっても、他のペンギンは生きています。今回は722枚しか撮影していませんでした。

2017.10.15 - 気落ちしています

 典型的な、軽度の抑鬱状態です。しかし「何もしない」というのが苦手です。そこに「英語版ウィキペディアにグレープ君の記事ができている」との情報を受け、急遽写真をアップロードして記事に貼っておきました。心境的に、あんまり日本語版いじりたくない。というか、可能な限り関わり合いになりたくない。

 英語版:https://en.wikipedia.org/wiki/Grape-kun

 日本語版:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%97_(%E3%83%95%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%83%B3)

2017.10.29 - 10.28分、土浦駐屯地(武器学校)

 心身ともに調子はあまり良いとは言えないんですが、去年あけてしまったので行ってきました。

 どの写真を載せてどれを載せないかは悩みます。本当に。

観閲における車輌行進。3トン半ではなく1トン半が
水タンクトレーラーを引いていた。
野外炊具1号(22改)を牽引する3トン半。
整備用シェルタを搭載した3トン半。
速度表示灯が残っている
50口径M2を取り付けた3トン半。
重装輪回収車(HWR)。貴重な車輌。 別の整備用シェルタを搭載した3トン半。
シェルタになると何がなんだか
12式地対艦誘導弾(12SSM)の発射機。 入場がてら空砲をぶっ放す90式戦車(90TK)。
近隣に配慮した音量で空砲を撃つ10式戦車(10TK)。 腹に響く74式戦車(74TK)の空砲。
99式自走榴弾砲(99HSP)。サイズ感が狂う巨体。 小火器を展示するため、96WAPCから降車する隊員。
M2の空砲を撃ちながら退場する
96式装輪装甲車(96WAPC)。
砲塔を回す16式機動戦闘車(16MCV)。
戦車と比べると、やはり車高がある印象。 轍の走破と、前輪の舵の切り方、砲の俯角に注目。

 どこの駐屯地でも、昨今の情勢を受け、ここ3年ぐらい「戦闘」の色を極力薄くしているように見えます。ただ武器学校は空砲の数が多いです(去年がどうだったか分かりませんが)。写真は掲載を見送りましたが、軽装甲機動車(LAV)もミニミ(MINIMI)の空砲を撃ちながら退場(*1)しました。 *1 実際は展示場所への移動

射撃姿勢のため仰角を取る車輌(その1) 射撃姿勢のため仰角を取る車輌(その2)。
203mmは大変そうでした。
別の位置から(空砲を)射撃する戦車たち。 対抗して(?)空砲を撃つFH70。
装備品展示のために弾体のダミーを準備している状況。
リヤカーは最強の車輌である。
装備品展示の準備その2。貴重な73式小型トラック。

 時々雨のぱらつく天候だったので、いつも以上に(主に露出の)補正をかけまくってます。ですので色味はご勘弁ください。

 次、訓練展示。行動不能になった74式戦車を回収するという想定。

入場してきた90式戦車回収車(90TKR)。 降車する隊員。見るのは初めてではありませんが、
回収にかける時間はいつも通り極めて短かったです。
牽引を始めたところ。 牽引中の状況。曲がるのは心理的に怖そうです
(心配だという意味で)。

 休憩を入れたあと、装備品展示。順不同。主に、他の人がなかなか載せないようなアングルで掲載。

93式近距離地対空誘導弾(近SAM)。 96式多目的誘導弾システム(MPMS)。
81式短距離地対空誘導弾(C) (81短SAM) 同、射撃統制装置
11式短距離地対空誘導弾(11短SAM) 同、射撃統制装置
レーダーの形状が81と異なる点に注目
中距離多目的誘導弾(中多) 12式地対艦誘導弾(12SSM)
203mm自走榴弾砲(203HSP) 87式偵察警戒車(87RCV)
89式装甲戦闘車(89FV) 軽装甲機動車(LAV)
96式装輪装甲車(96WAPC) 155mm榴弾砲FH70 (FH70)
99式自走155mm榴弾砲(99HSP) 多連装ロケットシステム自走発射機(MLRS)
87式自走高射機関砲(87AW) 74式戦車(74TK)
90式戦車(90TK) 弾薬(もちろんダミー)の展示も
ありましたが、ご覧の通りの天候でビニールが
かけられていて、マトモに撮れませんでした。
10式戦車(10TK)
16式機動戦闘車(16MCV)
ただし、これは(16式と付く前の)
機動戦闘車試作2号機の模様
16MCVのマズル付近。

 ほか、気になったもの(沢山ありますが、泣く泣く掲載を見送りました)

たくさんの装軌・装輪車輌が通った轍。 左の写真とは別の轍。芝の手入れどうするんだろう
災害派遣用の車輌のうちの一部。 常設(?)展示車両のうち、90TKRの試作車。
今回は、前回よりももう少し回り込めました。

 撮影は、明らかな失敗を削除した後で2,433枚でした(まだ失敗写真が多数残っていますが)。

2017.10.30 - 作業忘れがありました

 「なんか大事なことを忘れている」と思ったら、旧配布元サーバのサービス停止が10月31日まででした。

 少なくとも静画に関しては、「過去の投稿を全部洗って、配布先リンクを書き直す」という地獄のような作業で今夜は潰れると思います。そんなにモデル配ったっけ、と思ったら、結構なアイテム数配ってた。

 しかし……静画に限らず、ニコ動全体が告知に段々向かなくなってきているのは事実。少なくとも今の時点では、MMDに限って言えば「まだ」価値はあるのですが、例の事件があって、運営への心証は控えめに言って最悪なので、可能なら離れたいところです。ただtwitterは肌に合わないので利用を控えたいし、pixivはそういう場所でもないし。


3Q2017←前|次→1Q2018

最新版へ 修行ページへ トップページへ

[EOF]