駐屯地祭・基地祭 取材記録写真

 3Dモデリングのために撮影してきた写真です。

Photos for making 3D model reference materials log

 手っ取り早く言えば、いつ取材に行ってどんな感じで写真を撮ってきたか、自分で分かるようにするための、俺用のページ。

工事中です。 Under construction.

更新履歴
2014年05月22日 新設。工事中。
2014年05月29日 北宇都宮駐屯地の分を追加(サブページ工事中)。
2014年05月30日 北宇都宮駐屯地サブページ工事いったん完了。
2014年06月20日 古河駐屯地をサブページ化、2014年分の写真を追加。
2014年06月28日 古河駐屯地の誤記修正と追記。
2014年08月05日 海上自衛隊のカテゴリを新設、館山航空基地の写真を追加。
2014年10月12日 大宮駐屯地(5月8日)と土浦駐屯地 (2014)(10月5日)の写真を追加。
2014年11月29日 久里浜駐屯地(10月25日)と勝田駐屯地(11月9日)の写真を追加。

修行ページへ トップページへ

もくじ

※完全ではありません。未整理で、まだ貼っていない写真が大量にあります。
Note that this page is imcomplete (I have many pictures another but not retouch yet).

写真が多いページは、サブページを作って、そちらで特集しています(未掲載写真も追加するつもりですが、工事中です)。

陸上自衛隊 JGSDF

海上自衛隊 JMSDF

米空軍&航空自衛隊 横田基地 USAF Yokota AB and JASDF Yokota AB 2011 2012

米海軍&海上自衛隊 厚木基地 U.S.Navy NAF Atsugi and JMSDF Atsugi AB 2011 2013 2014

海上自衛隊&米海軍 晴海埠頭 いせ&ブルーリッジ 2012.06 WIP

*1 JGSDF's "base" equivalent "camp" and/or "(helicopter) airfield".
*2 AB stands for "Air Base". NAF stands for "Naval Air Facility". WIP stands for "Work In Progress".
*3 Yokota AB had used only by USAF after WW2 but JASDF liaison unit entered, because become a important about joint-command, in order to respond the situation in recent years.

陸上自衛隊 駐屯地開設祭など

JGSDF base anniversary etc.

木更津駐屯地 2011年10月02日

JGSDF Kisaradzu base, 02 Oct 2011

1st airborne fastrope display from UH-60JA prepare to sling vehicle by CH-47JA
模擬戦展示。UH-60JAからファストロープ降下する
第1空挺団隊員
Combat display, 1st Airborne troops down with using
fast rope from UH-60JA
模擬戦展示。CH-47JAによる高機動車のスリング
吊り上げ準備
Combat display, prepare to hook up using with sling
for high mobility vehicle
demonstration, JGSDF NBC detection vehicle demonstration, JGSDF decontamination vehicle
化学防護車B型による汚染地点現示のデモ
Demonstration about setting chemical danger flag
by NBC detection vehicle type B (*1)
除染車のスプレーによる化学汚染中和状況
Splay for neutralizationing by
decontamination vehicle
JGSDF AH-1S, special paint rare active YS-11, JMSDF
4ATH(第4対戦車ヘリ隊)AH-1Sのスペシャルペイント
Special paint, AH-1S (*2), IV ATH (4th Anti Tank
Helicopter unit)
貴重な現役YS-11 (海上自衛隊61空9041)
YS-11, rare but in active for duty (61fs 9041), JMSDF

(*1) it's not means "biological warfare", simply "type A's modification type".
(*2) JGSDF's AH-1S designation equal AH-1F(plus LAAT or C-NITE) at another country including U.S.

木更津駐屯地 2012年10月13日

JGSDF Kisaradzu base, 13 Oct. 2012

towing, CH-47, EC225LP FFOS UAV
トーイング風景。CH-47だけでなく、後ろのEC225など
多数が地上展示のために移動。OH-6は手押しでした。
Towing CH-47, you can see Gov't property EC225
operated by JGSDF behind.
さりげなく展示されていたFFOS。
奥の車輌が邪魔とか言う奴はニワカ

※痛ヘリの写真も、ちゃんと撮ってあります。あとでアップロードします。

木更津駐屯地 2013年5月12日

JGSDF Kisaradzu base, 12 May 2013

"ita-heli", Kisaradzu Last performance notification
第4対戦車ヘリ隊の痛ヘリ。今年はOH-1まで痛ヘリ仕様に
なっていました(去年・一昨年はAH-1Sのみだったと記憶)。
"ita-heli" paint scheme AH-1S but also OH-1 this year
by 4th Anti-tank helicopter wing.
今回でラスとのこと。残念。
Unfortunately, last special scheme in this time. Very sad.
Recture about "Anti-tank dou" using with AH-1S Dance performance by AH-1S crew
対戦車道の解説状況。TOWミサイルについて。
Lecture about "Anti-tank dou", TOW missile part.
いきなり始まったダンスパフォーマンス。ガナーまで参加。
Suddenly dance performance also with gunner.
居ると思わなかった嬉しい誤算、NBC偵察車。
子供との対比で車体が大きいことが分かる。
Glad miscalcuration, display of NBC recon vehicle.
You can recognize that large body compare with child.
おまけ:初めて見たウィングロードの業務車。
自衛隊ナンバーでODでなく黒塗りな点にびっくり
Staff car, very rare because using Nissan Wingroad,
Black paint (not OD) with JSDF's license number plate.

土浦駐屯地(武器学校) 2012年10月14日

JGSDF Tsuchiura base, 14 Oct. 2012

訓練展示で「90TKが被弾」という想定、さらに援護のもと
野整備をやってのけた。これには驚かされた(*1)。
Simurated: "Type 90 MBT's got shell and can't move, thus
field exchange powerpack under cover fire".
被弾したという想定の96WAPCを牽引する
重装輪回収車。
Simurated: "Type 96 Wheeled APC's got round, thus
heavy wheeled recovery vehicle towing 96WAPC".
装備展示の重装輪回収車。ほぼノーマークだが、実際は
極めて大切な装備。これだけ近づけるようになったのは
2012年が初めてだった模様。
Heavy, Wheeled Recovery vehicle.
脳汁が出る展示を後ろ斜めから。右側見切れで155・203
牽引榴弾砲、映っていて見切れてるのがM4A3E8。
Part of weapon school's teaching materials including
prototype vechicles, including M4A3E8 sherman (right,
part of).
警察予備隊の主力特車であったM24チャーフィー
JGSDF's ex. Main battle tank, M24 Chaffee.
小火器展示の一例。9mm機関拳銃(ミネベア)の試作品。
9mm machine pistol (PM-9), prototype by Minebea

霞ヶ浦駐屯地 2013年5月19日

JGSDF Kasumigaura base, 19 May 2013

New field kitchen type 1 "22 kai", imploved model JASDF staff car from Hyakuri air base to control and liaison
野外炊具1号(22改)。温度調整が楽に。発電機搭載で
万能調理器が電動に。その他改善点多数。
Field kitchen type 1 (22 kai). Easy to control temp,
electrical food processor powered by add-on generator,
and more improvements many other.
観閲飛行に百里からT-4が2機飛来してました。
その統制に来ていたと思われる空自の業務車。
Two T-4 training aircraft has flown exibition flight from
Hyakuri Air Base, JASDF. I think this staff car of the
JASDF has come for the control and liaison.
Oshkosh's new fire fighting vehicle sparrow occupied muzzle of the type 74 tank (ret'd)
陸自にも入っていた新型消防車。Oshkoshと言えば
HEMTTとか作っているメーカーじゃないか。
New type of fire fighting vehicle for JGSDF flight school,
made by Oshkosh known as HEMTT's maker.
広報館うしろのモータープールに展示されていた
74式戦車の戦車砲に陣取るスズメ2羽(*1)。
Two sparrow occupied the tank gun muzzle
of the Type 74 tank (ret'd) for the display.
NBC reconnaissance vehicle in explanation Type 03 chuu SAM
NBC偵察車がプローブとか出している模様。
右側はサンプル分析とかに使う箇所。
NBC(*2) reconnaissance vehicle extentioning probes
for explanation.
いちばん奥に展示されていた高射特科教導隊の
03式中SAM。中SAMって言っても(ry
Type 03 "Chuu" (means middle-range) SAM system
belong to the anti-aircraft artyllery instructor coprs.

*1 嘴が黄色いから幼鳥かな、と
*2 Stand for Nuclear, Biological, Chemical (warfare)

武山駐屯地 2013年5月26日

JGSDF Takeyama base, 26 May 2013

120mmRTと重迫牽引車
MO-120-RT and designated towing vehicle (HMV based)
ヒント:自走するFH-70かわいい
FH-70 howitzer entering position by self propellant
自分の位置からはFHと迫がよく見えた
Blank firing, FH-70 (back), 120mm RT (middle-right),
L16 81mm (front-left)
裏の方に居たクレーン車
Standby mobile crane build by FAUN (Germany)
武山駐屯地内にいる空自のPAC-3
JASDF's PAC-3 in display (mouting training canister)
10式戦車?ちゃんと撮りましたよ?
Type 10 tank in action at simulated combat exhibition

古河駐屯地 JGSDF Koga base

別のページにまとめました。下記はサンプルです。
Listed another page. Samples below..

2013年のサンプル (2013年6月2日)

sample, 02 June 2013

Heavy dump trucks in parade Material carrier
観閲で荷台を上げて威容を示す
301ダンプ車両中隊の特大型ダンプ。
301st dump truck co. (Koga) Heavy dumps
operating hinged open-box bed on parade.
ヒント:全力疾走する資材運搬車かわいい
右手奥はトレーラ運搬される75式装甲ドーザ。
Material carrier running almost full speed (center), and
carried type 75 armored dozer (right, back).
Martial comat display FH-70 covering fire
ここで徒手格闘が見られるとは思わなかった。
黒いTシャツが悪役という想定。
Martial combat display simulated non-carrying weapon
situation, black T-shirt personel played bad guy.
うちのカメラの連写性能の限界。LAVと96WAPCの援護を
行う12特(宇都宮)のFH-70。
Covering fire by FH-70 from 12th artillery
unit (Utsunomiya).

2014年のサンプル (2014年6月15日)

 Sample, 15 Jun 2014

油圧ショベル3台による演舞。シュールで斬新でした。
Dance performance by three power shovels.
低空で高機動中のAH-1S。追いかけるのが大変でした。
AH-1S due to high maneuver at low altitude, it was hard
to chasing by camera.
橋節を展開する91式戦車橋。
Type 91 tank bridge, expanding.
74式の「渡河」中に、普通科が下車戦闘を開始。思い切り
カブリがあるとはいえ、これが撮れたのは幸運だった。
Infantry shows disembark and start charge, meanwhile
tank clossing (simulated) river. I felt that I took lucky shot.

土浦駐屯地 2013年10月6日

JGSDF Tsuchiura base, 6 Oct. 2013

Entering Type90 tank Entering Type90 Recovery vehicle
実際のところ内地に90式あんまりいないので、実は貴重
Type 90 (JGSDF Weapon school) entering. Normally,
this tank operated in Hokkaidou, thus rare in Kantou area.
ものすごく貴重な90式戦車回収車
Entering Type 90 tank recovery vehicle. extrimely rare.
LAV covering fire using MINIMI Type 81 SAM and Type 93 SAM, Anti-air defence display
軽装甲機動車。偵察に使われたほか、96WAPCも援護に
入っていました
Light Armoured Vehicle entering field. For recon but also
covering fire with Type 96 Wheeled APC.
対空防禦状況を展示する81短SAMと93近SAM
Type 81 SAM (back) and Type 93 SAM (front),
displaying anti-air defence.
偵察を行うOH-1。機動中心でない展示なのに機動性が(ry
OH-1 Ninja in recon using with agility maneuvering.
低空で援護位置につくAH-1S
AH-1S prepare for covering fire at low altitude.
74・90TK、LAV、WAPC、FH-70も含めた援護を受けながら
90式戦車のけん引準備を行う回収車
90RV prepare to recovery 90TK WIP under covering
fire including 74/90TK, LAV, WAPC and FH-70.
一瞬のことで、これが精一杯でした……
I'm hanging on but this is my best...
selp propelling FH-70 to backward FH-70 has small turn radius
自走撤収のため自前の動力で後進をかけるFH-70
Backward Self-Propelling FH-70 using with internal engine
for retreat.
結構小回りが効くんですね
(Even though howitzer) This vehicle can turn
in small radius.
JGSDF (and IJA) tanks lineup w/o type 10 M24 chaffee
「戦車のアニメを観たから来た」にわか野郎 人が、10式の
展示がいないことにがっかりしていました。まったく……
Tanks in line-up (Type 10 tank is not here in this year)
M24を斜め後ろから望遠の限界で
M24 chaffee in display using maximum zoom.
Prototype of 90RV Type 62 LMG (replaced by MINIMI)
この90RV試作車、逆サイドからも撮りたいんですが、
その場所は立ち入り禁止でして (*1)。
Type 90 RV (prototype).
62式軽機。
Type 62 LMG (replaced by MINIMI)

*1 2014年10月5日に撮影できました。後掲

練馬駐屯地 2014年4月13日

JGSDF Nerima base, 13 Apr. 2014

手前左から 野外炊具1号(22改)、電源トレーラ
奥 野外手術システムのうちの2輌セット。
Front left:Field kitchen type 1 (mod 22), right: trailer for
electric power generator / Back : Field medical operation
system (connected two vehicles).
屋外展示の87RCV、CRV(装輪)。屋根の下では迫撃砲や
誘導弾等が展示されていた。
Type 87 Recon combat vehicle (front) and Chemical
Recon vehicle (back).
中砲牽引車。FH-70の経年に伴う代替装備が
秒読み段階に入りつつある。ような気がする。
Middle-howitzer towing vehicle w/ platoon member and
FH-70 (towed).
81短SAMの射撃統制車。索敵レーダーを自前で
持っていて、2輌の短SAMを統制できる
FCS vehicle for type 81 short-range SAM, has own radar
and control syste and command two SAM vehicle.
道路障害作業車。穴を掘って地雷を埋めたふりをした
だけでも、相手戦車・装甲車などの進行を遅らせることが
できます(*1)。電柱の建植などにも利用可能。
運転席に幌を被せていない点に注意。
Obstacle operation vehicle i.e. make a hole and set
anti-tank mine(s), construction tele-poles, etc.
7tトラック(旧:74式特大型トラック)。
民生車と違い、全輪駆動(前輪の部分にデフが見える)。
7t truck (former name: type 74 heavy large truck). In
different of civillian truck, AWD (you can see differential
between front wheels).
ここ退場の場所で、それほど速度は出てないんですが、
わずかにドリフトし、かなりの迫力でした。
Type 10 MBT. Low speed but slightly drift.
73式大型トラック(改良型)と、3トン半(25年度以降?調達
車)との並び。右は業務トラック(冷蔵車)。(*1)
Type 73 Large truck (left) and 3.5t truck (mod 25?),
Refrigerator truck (right, modified civilian truck, not AWD).
こちらは展示の10式。少し高い場所から撮ってみた。
いまさら感は払底できないが。
Tyep 10 MBT, view from little bit higher place.
貴重な11CVR(11式装軌回収車)。この展示の前で延々
自衛隊にも関係ない雑談をしていた中年リア充 お客様が
いらっしゃいましたので、採りうる手法の中でいちばん
有効、かつ、穏便な手法で移動していただきました
Type 11 CVR (Crowled Vehicle Recovery?)
Recovery vehicle.
自衛隊装備は桜とよく似合います。遅咲きの八重桜も
りっぱな桜です。
3.5t truck. JGSDF equipment matces with
cherry-blossoms (this blossom is double flowered).
構内専用の消防車ならではの、逆転の発想。小回りが
効くし、構内の初期火災には有効。それに、かわいい。
Fire fighting vehicle, based on "Kei" vehicle.

下志津駐屯地 2014年4月29日

JGSDF Shimoshidzu base., 29 Apr 2014

分かりやすい標的。色々な意味で
Target, simulated f***ing invader (I don't say C**na)
どーん。ここの駐屯地祭は爆着が派手なだけでなく、
ギミックも凝っている
Kaboom. This base's combat simulated exhibition is
elaborate every year.
「島嶼の占拠を企図し、一部が上陸している」という想定。
文字通り、敵役が目の前で射撃(もちろん空砲ですが)
Situation: Enemy are plotting to occupation island and
part of small size enemy troops has been already landed.
装甲車から下車戦闘する隊員を、96WPCの50口径(中右)と
軽装甲機動車(左)のミニミで援護する、の図
Situation: Members disembark from armored vehicles
towards enemies, and covering fire by 96WAPC's .50cal
(center-right) and LAV's MINIMI (left)(*3).
状況終了、展示の準備に入っているところ。写真右上、
建物の上で展開していたレーダーは撤収中。
Combat situation was done and prepare for display
equipments.
予想通り、大人気のAW(87式自走対空機関砲)。発煙器が
縦3連の旧型、かつ、油圧で車高を落としてある点に注意。
Type 87 SPAAG in display, you can see first type of
smoke discharger and hull is down the height by hydraulic
suspension.
改善3型ホークと、そのローダー。バスの大きさで、
ローダーのサイズが分かる。かわいいが退役間近(*1)。
Tracked loader for hawk improbed III. Pretty cute but
probably, retirement will be soon.
初お披露目の11短SAM(11式短距離地対空誘導弾)。
Type 11 short-range surface-to-air missile,
first unveiled.
03中SAM。時系列が異なり、これは撤収時の走行状況。
キャニスターなどを畳んでいる。
Type 03 middle-range SAM move 'cause display timed out.
Note folding canister etc.
JTPS-P18 対空レーダー。見ての通り、高機動車を
ベースにしているが、前後のバンパーにリガーがあり、
車輌無線アンテナもバンパー横に付いている。
JTPS-P18 Anti-air radar based HMV.(*2)
Note rigger at the front bumper and vehicle radio ant.
JTPS-P25 対空レーダー。フェイズド・アレイ方式で、
索敵時には可動部がない。前方のレーダーは車輌を
避けるためにリフトアップされている。
JTPS-P25 Anti-air radar using with phased-array radar,
thus no moval parts at radar scanning. Note front radar
has lifted up because of avoid vehicle.
3トン半(長)。好物のひとつ。
用途が用途だけに、撮ろうと思うとなかなか居ません。
3.5t truck (long base). One of my favorite.
Rare for take a picture.
移動のためキャニスターを畳むペトリLS。
Patriot LS folding canister for moving.
M51対空砲。日本国内で残っているのはここだけ。
M51 Skysweeper in display, only one surviver in Japan.

霞ヶ浦駐屯地 2014年05月18日

 Kasumigaura base, 18 May 2014

観閲行進のために待機する業務トラック。2輌目は
81短SAMのキャニスターを積んでいる。
Civ based truck prepare for vehicle parade.
日産サファリ(海外名ニッサンパトロール)航空電源車。
後ろのワゴンは業4。
Nissan Safari (Intl.: Nissan Patrol) Power generator for
aviation.
車輌の走行方向の人だかりはこんな感じ。
右に写っているのは広報さん。
Cloud of people are taking photos like this as you can
see. Spokesperson shown right edge.
3トン半(作業装置付き)、通称ユニック車(*1)。フックの
緊締方法が気になって仕方がない。
3.5t truck with truck-mounted crane.
重レッカ。7tトラック(旧 74式特大型トラック)ベース。
Heavy recker, based on 7t truck (former type 74
heavy large truck).
ここの名物、フォークリフトの行進。
Here's main dish, March many of falklift.
空自車輌(第1高射群 第3高射隊、ペトリの部隊)。
73式小型トラックや、迷彩でない軽装甲機動車(基地
警備用)が、地味に貴重。
いちばん後ろの車輌は不明だが、おそらくJ/VRC-601・
地上移動局衛星通信装置、もちろん確証はない
ここで最大のフォークリフト。
三菱重工製FD240だと思うけど、もちろん確証はない。
Prob. Mitsubishi FD240 (maybe)
観閲のヘリ飛行。右から(from right) AH-1S、UH-1、
UH-60、OH-1、AH-64D。左上(upper left) はCH-47。
レンズのほこりは正直なところ申し訳ない
場所移動、素の状態の高機動車展示は最近では
むしろ珍しい気がする。
High Mobility Vehicle, standard model, inside
展示飛行を終えて着陸するOH-1とAH-64D
Landing helicopters after demo flight,
OH-1 (front-right) and AH-64D (back-left)
ペトリのLSほか、(ほぼ)1個群を構成する5種類の車輌が
展示されてました(*2)。去年はいませんでしたが、
破壊措置命令が(略)
Each patoriot vehicles including LS, ECS, AMG, RS, EPP
アンテナ・マスト・グループ(AMG)。その奥、発射器(LS)の
手前は射撃統制車輌(ECS)。
from front, AMG, ECS, LS.
休憩しながら写した電源車(EPP)、奥はレーダー(RS)
from front, EPP, RS

北宇都宮駐屯地 

下記はサンプル。専用ページはこのリンクから。
samples below, see sub-page from this link.

2014年5月25日

25 May 2014

スカイホーネットのOH-6D。
OH-6D for acrobat team "Sky Hornets".
午前と午後の2回実施。午後ではOH-6Dで宙返り
Loop-the-loop. OH-6D on top of the loop.
栃木県警のEC145(BK117C-2)。自衛隊と張り合う
かのように、結構飛ばしてました。
Tochigi pref. police aviation unit's EC145 (BK117C-2) .
更新された消防車、米オシュコシュ社のストライカー
Bland new Stryker firefighter by Oshkosh.

2014.06.08 大宮駐屯地

車輌が山ほど居るのに撮れない。ダンプも混じってるし
アンビも居る。この「もどかしさ」を説明しきる自信もない。
手前から、化学剤監視装置(車載用)搭載車、
化学剤監視装置(評定処理装置)、NBC偵察車 (*1)
写真を撮りながらなので一瞬びくっとしてしまった防護衣の
マネキン。写真左方の奥で試着もでき、人気でした。
携帯型化学物質モニター(ドイツ Bruker Daltronik GmbH の
RAID M100 と思われる)

*1 この手前に32普のケイキと指揮通がいました(写真追加予定)

土浦駐屯地 2014年10月05日

 以下、10月5日撮影。 どのぐらい降っていたのかが伝われば幸いですマジで。

入場直後。手前からMLRS、FH70、中距離多目的誘導弾、 (つづき)88式地対艦誘導弾、96式装輪装甲車 
車輌行進のほか、訓練展示前に参加車輌が周回。
(傘さして立って撮影しているトウシロの間から撮影)
同、周回するFH70と中砲牽引車。(左下のカブりは、
前の写真の右側にカブっているド素人の傘)
73式装甲車。敵役で、敵戦車という想定。内地では地味に
貴重。左は仮想の敵陣地、空砲発射あり。
ブレーキをかけて射撃直前の90式戦車。写っていないが、
画面左に74式戦車、画面右に10式戦車という布陣。
撮影場所を移動。対空射撃姿勢をとる81短SAM、画面右手
には93近SAMとMPMS、その奥にFH70という布陣。
被弾し行動不能という想定の10式戦車を牽引する
11式装軌回収車。虎ロープがカブっているが傘よりマシ

 以下、状況終了後。

俺の腕とカメラの限界だが、奥の方で地味に90TKの
パワーパックを交換していた (*1)。
同様に、展示ではないが、奥の方で地味にFH70の
砲身を交換していた。
撤収直前に撮った、戦車揃い踏みの模様。 その前に撮った、揃い踏み前の洗浄の模様。
天候は残念だったものの、このアングルは貴重。 90式戦車回収車(90ARV)。
75式多連装ロケットシステム(75MSSR)。
左奥は96WAPCの試作車。
MLRSと比べてみよう

*1 展示ではない(バラクーダで隠してある)が、訓練展示の直後なのに、しかも衆目もあるのに、さらっとこういうことをやるのが陸上自衛隊の怖いところ。もちろん良い意味で。しかも90TKもFH70も、ものすごく手早い。海外で同様の展示を衆目に晒す技倆がある軍隊が(ドイツ陸軍以外で)あるのなら教えて欲しい。練度の高いところでも半日は軽く潰すはず。練度ないし士気の低い軍隊なら、現場では実施せず、後方送りとなる。しばらく(あるいは、ずっと)放置というところもあるだろう。

久里浜駐屯地 2014年10月25日

 土浦駐屯地でカメラが水没同然の状態になったため、撮影中にカメラが不調になる有様でした。マニュアルで操作できる部分はそうしましたが、(他の写真もそうですが)完全にフォトショに頼っています。あと、この日は不覚にも寝坊し、出発が遅れました。

遅れて入場した直後。
車輌行進を終えて出場してきたJMRC-C17。
訓練展示、偵察のため進入してきたOH-1(EH)。
迷彩効果が高いことがお分かりいただけるといいな
カメラの調子が(中略)露出もアレな有様でもうフォトショが
前提、ただ、こういう撮影をする時は、断然マニュアル
31普のLAV、指揮通、KLX250が警戒する中、
通信の車輌が進入
装備展示に並んでいなかった衛星単一通信可搬局装置
JMRC-C4(中央手前の高機)
空砲は最初の10発程度、あとはもくもくと通信の準備を
するという地味さが、ここの展示の特徴
バラクーダ(偽装網)用の支柱を組み立てたり(手前)
アンテナを立てたり(奥)、
ヘリ進入が1200、車輌進入・アンテナ設営などを
含めて、ここまででわずか15分

 状況終了後、展示に。写真を選ぶのが大変で、軽く2時間は使いました。

展示のために着陸するOH-1。迷彩効果が(略 展示のため移動準備をする車輌。JMRC-C17は
アンテナがごつく、展開・撤収が大変そうでした
UAV(近距離用) JUXS-S1のセット。ノートPCは
米軍や英軍からも定評のあるタフブック
展示車両。装備の名称を書き込んでおきましたが、
もちろんのこと、間違っていても保証はできません

 新野外通信システム バックボーン・ノード装置は教材で、ナンバープレートやバンパーの桜のマークが技本のままでした。 ※装備の写真を追加する予定です。

勝田駐屯地 2014年11月09日

 実は(私の今の住まいからは)久里浜駐屯地に行くのと時間的に殆ど変わらんのですが、電車を1本乗り過ごすと30分後という憂き目に遭ったりします。京急久里浜なら10分おきぐらいに電車があるけど、こっちは水戸の1駅先だし、残念ながら特急料金を払うほど裕福ではないので。

観閲行進の一幕。右は96WAPC、2番目は道路障害作業車
その後ろは83式地雷敷設装置を牽引した3トン半。画面
一番左は、自走する資材運搬車。
Part of parade. From right, Type 96 WAPC, road
deconstruct vehicle, Type 83 mine device towed by 3 1/2t
truck. Left : self propelled Material carrier.
油圧ショベル3台による演舞。(注意1)中央の車輌が無人
(遠隔操作)である。(注意2)左右の車輌はバケットが
回転式になっている。
Dance by excavator. (Note 1) Center vehicle is unmanned,
means remote controlled. (Note 2) left and right vehicle
are equipped "rolling bucket".
訓練展示前の参加車輌紹介、KLXがアナウンス紹介用の
旗を準備しているところ。
Line-up before combat display. Rider of KLX250 prepares
flag for designate with announce.
展示開始の報告と、状況開始の信号らっぱ。WAPCに
乗車したままなのでスピーディーでした。
Reporting for duty, and signal bugel signes "situation"
from onboard WAPC.
敵役のWAPC 2輌がM2 .50cal(もちろん空砲)を射撃。
OPFOR (2x WAPC) fires .50cal M2's blank.
WAPCによる応戦。ほか87RCV、LAVなどが応戦。
WAPC starts return fire. Another vehicle (87RCV, LAV)
also start fire.
援護のもと展開する91式戦車橋。
Type 91 tank bridge (91TKB) expands bridge beam.
地雷原啓開のために爆薬を発射したという想定の
92式地雷原処理車(92MBRS)。
Type 92 Mine Breaching Rocket System (92MBRS) fires
explosive in simulation.
状況下、障害物を排除するための無人ドーザ。
Unmanned dozer for remove obstacle.
75式装甲ドーザの代替として装備されている施設作業車
(テレスコ(伸縮式)バケットを回転させ展開したところ。
Engineering Vehicle rotates telescopic backet. This vehicle
replaces type 75 armored dozer.
援護に入る戦教の74式戦車。
Type 74 tank covering fire.
同様に、援護射撃を行うFH70。
Also FH70 Howitzer doing covering fire.
下車戦闘に移る普通科の隊員。
Infantry disemberk and ready for chage.
仮想敵を制圧、状況終了。
Seised OPFOR and situation done.

 状況終了後。

状況終了後、報告と信号らっぱ吹奏を終えて退場する
施設科のWAPC。対地雷原ロケット発射器(*1)を有する。
WAPC, after situation report and repositioning. Note
that equipped mine breaching rocket launcher.
2B救急車。野戦用ではなく、駐屯地から市内の病院に
移送するため、一般的な救急車とあまり変わらない。
2B (two bed) ambulance. Not applied for field so similar to
civil ambulance.
07式起動支援橋。ほか橋節運搬車などの車輌で
構成される。
Type 07 mobile bridge system.
82式浮橋
※動力ボート運搬車の展示は古河の写真を参照
Type 82 pontoon bridge system.
91式戦車橋。
Type 91 tank bridge (91TKB).
92式地雷原処理車。
Type 92 Mine Breaching Rocket System; MBRS.
94式水際地雷敷設装置。陸自で一番大きい車輌 (*2)。
Type 94 seaside mine dispence system.
96式装輪装甲車(施設科用)。
Type 96 Wheeled APC (Engineering version).
施設作業車。
Engineering Vehicle.
坑道掘削装置。*3
Micro Tunnel Borling Machine.
(左)発煙器3型 (右)除染装置(73式中型トラック・
1 1/2tトラック搭載)
(Left) smoke discharger model 3 (Right)
(Right) Decontamination device (1 1/2t truck mounted)
施設教導隊の96式装輪装甲車。水際所属のためか、
タイヤが混在している点に注意(トレッドパターンが異なる)。
第1軸と第2軸の舵の切れ方の違いが分かる。

*1 70式地雷原爆破装置を取り付けたものと思われる。
*2 以前「70式自走浮橋」という、この車輌にかなり似たものが存在した(その70式自走浮橋自体は82式浮橋で代替となった)。
*3 普通土と軟石まで対応。装置本体も写真の通りトレーラ・トラックで輸送するが、このほかに発電機、地質調査器材など付属器材が山ほどある。

海上自衛隊

JMSDF open base etc.

館山航空基地 2014年07月27日

 Tateyama air base, 27 Jul 2014. Sky clear.

 まず岸壁地区にて。工事で削石していて埃が凄かったです。それよりも、またミラーにほこりが付いていたのに気付かなかったのは不覚でした。

「輸送艇2号 (LCU-2002)」、ランプを開けたところ。(*1)
LCU #2 (LCU-2002) open up the lamp.
海上保安庁の35m型消防巡視艇「たかたき (PC57)」。
Firefight and Patrol Craft "Takataki (PC57)",
Japan Coast Guard, from LCU #2's lamp.
輸送艇2号の上部構造、6砲身20mm機関砲が見える。
Upper structure of LCU #2, You can see 20mm gatling
gun (six barrels).
260t型曳船「YT-66」
260t tugboat (YT-66)

*1 3トン半トラックなら2台を積載・卸下可能。この艦種は海外の類例と比較すると非常に少ない。なお、後ろに国交省の油回収船がいましたが、撮影チャンスを逃しました。

 館山航空基地へ移動。

SH-60J (21空8272) SH-60K (21空8416)
即席版 SH-60JとSH-60Kの見分け方 SH-60Kの左後部。SH-60Jのフレア・ディスペンサーは
右側面1基だが、SH-60Kではここに2基増設され、
合計3基となっている。

注)下手なので断っておきますが、以降の写真は、ほこりをフォトショでレタッチしたりしなかったりしてあります。
note) From next photos were retouched for erase dusts using with photoshop (or not).
タキシングするUH-60J救難。73空の8978と8975
UH-60J rescue ver taxing 73FS 8978 and 8975
ローター端にベイパーが見える(*2)。
You can see vapor at rotor tip.
78号機の消火デモ。
Firefighting demonstration by #78.
75号機の救難デモ、救助員の降下。
Rescue demonstration by #75, rescue clue doing
"down the rope".
塩害対策の洗浄。
Washing salt.
地上展示のためのトーイング。
Towing, prepare for ground display.

*2 ヴェイパーが片側にだけ見えるのは、ローターの空力や速度が左右で違うため。この現象についてフェザリング・フラッピングと、ヒンジの機構的な特徴などなど色々踏み込んで書くと、ヘリの飛行原理の説明になってしまう。とりあえず簡単バージョンの説明としては、写真向かって左のローターは空気を切っているため、ローターの回転速度が遅くなる。それに対し、向かって右のローターは逆側ほど空気を切っていないため、相対的な速度が増す(左右のローターが直線を為していない点にも注目)。相対的と書いたのは、メインローター全体の回転速度は当然ながら一定のため。

展示飛行を終えたUH-60J 75号機への給油の模様。
Refuel to UH-60J #75.
海自はモリタと思っていたらストライカーが入ってました。
Oshkosh Striker firefighting vehicle.
厚木51空のUSH-60K。
USH-60K (51FS, Atsugi).
USH-60Kの機内。SH-60K量産機と異なる点が多数ある。
Inside USH-60K. Different point exist between mass-
product version of SH-60K.
帰投準備をする陸自4ATH(木更津)のOH-1。
JGSDF OH-1 of 4ATH (Kisaradzu), prepare to RTB.
機体を風に立てて離陸するOH-1(*3)。
OH-1 taking off, against wind flow.
海上保安庁のBell 412。
Bell 412, Japan Coast Guard.
離陸。始動性、離陸まで必要な時間、機敏さ、全てに
おいてUH-1系と違うのが見て取れました。
Taking off. Sequence of engine start, using time of take off,
agility ... clearly see diferent between UH-1s.

*3 ヘリに限らず固定翼機も、風に向かって離陸するのが基本です。自前の推力だけではなく、向かい風を揚力の足しにします。この要因が重要なので、風向きによって滑走路の使う向きが変わります。斜めないし直交の滑走路が必要なのは、横風だと揚力が稼げないどころか、風力によっては危ねえからです。

在日米空軍&航空自衛隊 横田基地 友好祭

USAF & JASDF Yokota base Friendship day

2011年08月21日

 Friendship day, 21 Aug 2011. Cloudy (partial rainy)

airplanes and choppers display on the ground at yokota friendship day, 2011 day 2 ground display, A-10
展示機より、雲の低さをご覧いただきたい ※補正は
プライバシー加工以外ほとんどなし。解像度を落としただけ
Whole view of apron. Note lower cloud.
普通の人はこういう風に写真を撮る。良い悪いの話では
ありませんので念のため。コントラスト等補正。
USAF A-10C (From osan, s.korea)
GAU-8 cooling air intake, A-10 layer fence, A-10
アヴェンジャーそのものも撮ってあるものの、冷却用の
インテークを撮影。
A-10C's avenger 30mm canon's intake.
主翼付け根のレイヤーフェンス(だっけ)と、主翼前縁の
スラット。蓋が開いているのは荷物入れ用のポッド
(AN/MXU-648か何か)
pave penny, A-10 LITENING pod, F/A-18C
Pave Penny (AN/AAS-35(V)) と吊下状況。
ピントが全体に合ってないorz
海軍F/A-18Cがぶら下げているLITENINGターゲティング
ポッド(AN/AAQ-28)
ECM pod, AN/ALQ-184, F-16C IR jammer, KC-135R
F-16C(WW)がぶら下げているECMポッド、
AN/ALQ-184
海兵隊KC-135Rに装着されているIRジャマー
AN/ALQ-157とハーネス

在日米海軍&海上自衛隊 厚木基地

U.S.Navy NAF Atsugi and JMSDF Atsugi base

2011年09月10日

 Friendship day, 10 sep 2011

P-3C start taxing 1st US-2 (71fs 9901)
US-2を撮ろうとしたら急にP-3C(3空5041)がタキシングを
始めたので
P-3C (3fs 5041) start taxing (front left:US-2)
日照の関係で帰り際に撮り直したUS-2(71空9901)。飛行艇
自体は世界的に稀少だが、日本の国情には必須と言える
JMSDF's US-2 (71fs 9901), specified for rescue mission
blade tip of SH-60K rotor blade's tip of SH-60K
SH-60Kの特徴あるブレード端。51空8402
SH-60K (51fs 8402) main rotor blade has unique shape
同、SH-60Kのブレードを、文字通り「真下」から
Blade tip from just under position

2013年04月27日

 Friendship day, 27 Apr 2013

だからあれほど出掛ける前にカメラのCCDを掃除しろと
(午後撮影)
JMSDF P-1 anti-submarine patrol aircraft.
後ろから。対潜哨戒機の象徴とも言えるMADブームが
屋根に被っている失敗には帰ってから気付いた。すまぬ
You can see P-1's MAD boom at the fuselarge's end.
いつ見ても惚れ惚れするUS-2。誰かモデリングしないかな。
JMSDF's US-2 Flying boat.
米海軍の方のC-2。さすがに一部がグラスコクピット化
されていた。当然、無線や航法の操作も楽に。
C-2 grayhound's cockpit, note that part of glass cockpit
and new avio (CDU makes easy to operate radio and nav).
米海軍MH-60RのHIRSS。独特のバージョンに見える。
MH-60R's HIRSS seems to be original bersion.
おまけ:やたらかっこいい海自の新型救難消防車
In addition : JMSDF's new fire fighting truck for airplane
crush, extenal view looks pretty good.

2014年05月03日

 Friendship day, 03 May 2014

着陸した米海軍のE-2Cホークアイ。画面右手奥に、
大雪で屋根が崩壊したニッピ1号ハンガーが見える。
E-2C hawkeye landed. Note that right side, you can see
Nippi #1 hanger, corrupsed by heavy snow.
帰投した機や待機中の機。空母を本来の本拠地とする
だけあって、きっちり主翼を畳んでいる。
Returned or stand-by aircrafts. Note these aircraft's true
base is CV (aircraft carrier) so folding main wing.
米軍と自衛隊の違い、笑顔でサムアップ。撮った後、
サムアップして返礼しておきました。
Most big different thing between U.S.Navy and JMSDF is,
smile and thumb-up. I had show my thumb-up instead
salute after taken this photo.
機内見学はC-2のみでした。大盛況で長蛇の列だった
ので、私はパスしておきました。
Open thru inside aircraft is only C-2, thus you can see
long line waiting for inside tour.
着陸してタキシング中の米海軍P-8ポセイドン。ベースは
B737-800だが、中は電子機器満載。
Landed and taxing P-8 poseidon, based on Boeing
B737-800 but full of electrical equipment inside.
P-1の5号機が軽快に飛び回っていました。
純国産のP-3C代替機。
Kawasaki P-1 circling flight lightly. It's P-3C replacement
aircraft made by Japan domestically.
着陸したUS-1だが(改ではない)、STOL性は何回見ても
驚かされる。奥にP-1が駐機している点にも注目。
US-1 (not Kai) Landed, it's STOL performance surprise
me many times. Note P-1 is parked at the back.
空自C-130Hと海自US-1の並びは始めて見た
(少なくとも私は)。
JASDF's C-130H and JMSDF's US-1 in the same photo
frame, I've never seen before (at least for me).
SH-60KとP-1の並び。海自の新たな航空戦力を象徴する
ショットと勝手に思っています
SH-60K (*1)(front) and Kawasaki P-1, I think that
symbolizes the new era airial forces of JMSDF.
ちゃんと車輌も撮ってます。海上自衛隊の20,000リットル
燃料補給車。
Of course taken vehicle's photo too. This refuel truck
loads 20,000 little (approx. 5,283 gallon), JMSDF.

 不審な点、記述の誤りなど、建議的な連絡がありましたら、電子メール(diagraph01@ab.auone-net.jp)までお願いします。防衛省・自衛隊・在日米軍の皆さんで「それは困る」といったものがありましたら、同じように電子メールにてご連絡下さい。

 電子メール以外の連絡手段は、いただいても、おそらく気付きません。

修行ページへ トップページへ

[EOF]