駐屯地祭・基地祭 取材記録 / 晴海埠頭

 3Dモデリングのために撮影してきた写真です。晴海埠頭での撮影分。

Taken by own photos (for making 3D model reference materials) log - Harumi wharf.

更新履歴
2018年11月19日 新設。
2019年06月03日 2019年03月09日撮影HMSモントローズの分を追加。
2019年06月07日 第71回東京みなと祭の分を追加。

目次 Table of contents
2012.06.17 ブルーリッジ及び「いせ」 USS Blueridge (LCC-19) and JS Ise (DDH-182)
2015.05.23 第67回東京みなと祭、「ゆうぎり」他 67th Tokyo port festival, JS Yūgiri (Yuugiri) (DD-153) etc.
2015.06.07 トルコ海軍ゲディズ及び「たかなみ」 TCG Gediz (F-495) and JS Takanami (DD-110)
2018.08.04 アルビオン及び「うらが」 HMS Albion (L14) and JS Uraga (MST-463)
2019.03.09 モントローズ及び「むらさめ」 HMS Montrose (F235) and JS Murasame (DD-101)
2019.05.18 第71回東京みなと祭、「てるづき」他 71st Tokyo port festival, JS Teruzuki (DD-116) etc.

取材記録ページへ to photos main page / MMDモデルのページへ to MMD models page / トップページへ to top page

晴海埠頭 アメリカ海軍 ブルーリッジ (LCC-19) および 海上自衛隊 いせ (DDH-182) 2012年06月17日

USS Blue Ridge (LCC-19), U.S.Navy and JS Ise (DDH-182), JMSDF, Harumi wharf, 17 Jun. 2012

※掲載は時系列順ではありません Non chronological order

アメリカ海軍 第7艦隊 旗艦 ブルーリッジ USS Blue Ridge (LCC-19), U.S.Navy

「いせ」の艦尾から撮影したブルーリッジ。
USS Blue Ridge (taken from Ise's stern).
ブルーリッジの艦尾。ヘリはHSM-51のVIP仕様SH-60F
Stern of Blue Ridge. You can see VIP configured SH-60F
of HSM-51.
フェリーターミナル(の本館)から撮影。
Taken from ferry terminal (of main building).
Battle "E". (*1)
 
25mm機関砲ブッシュマスター、FLIRターレット付き。
Bushmaster 25mm cannon w/ FLIR turret
部隊員(所属不明)による装備品展示状況。
Display of equipment by members (unit unknown).
スポッティングスコープ(FLIR付き)を構えていただいた
ところ。
Demonstration of spotting scope with FLIR.
無線が通じにくい地域・地形も多いので、衛星携帯電話機は
必須の装備と思われる。
Satellite mobile phones are considered to be essential
equipment because there're many areas and topographies
where radio rig is difficult to communicate.

*1 Battle Effectiveness Award. 黒のEはMaritime Warfare (Black "E")、赤のEはEngineering/Survivability、青のEはLogistics Management。緑のHはForce Health and Wellness Unit Award。斜線と星は獲得回数を示す(斜線は1回、星は5回)。Eと各マーク(斜線か星)は獲得できなかった年に削除される厳しい決まり。

海上自衛隊 いせ JS Ise (DDH-182), JMSDF

ブルーリッジの待ち行列から撮影した「いせ」。
JS Ise, taken from waiting line of Blue Ridge.
艦首方向から撮影。
Taken from direciton of bow.
艦首側のエレベータで上昇してきた見学者。艦橋の
大きさが分かると思います。
Bow side of elevator lifts visitors. You can see size
of the bridge immediately behind.
そのエレベータに乗ったうえで撮影。
Shoot from elevator (same as previous picture).
こちらは艦尾側のエレベータ。
Stern side of elevator.
艦尾のCIWSファランクス。
CIWS Phalanx, stern of Ise.
艦首側に展示されているSH-60K。フェリーターミナルから
撮影。
SH-60K being displayed at bow side, taken from
ferry terminal.
特徴ある艦橋構造物。12.7mmの機銃架が画面中央下に
見える。
Unique bridge structure. A machine gun rack of .50 cal
machine gun can be seen at the bottom center.

晴海埠頭 第67回東京みなと祭 2015年05月23日

At the 67th Tokyo port festival, Harumi wharf, 23 May. 2015

陸自も車輌を出しておりました。手前から高機動車、
軽装甲機動車、82式指揮通信車。
JGSDF Vehicles. From front, High Mobility Vehicle,
Light Armoured Vehicle, Type 82 Command and
Communication Vehicle.
艦艇公開で真っ先に向かったのが、ゆうぎり DD-153
JS Yūgiri (Yuugiri) (DD-153), JMSDF
ASROCランチャー。対潜装備の決定版ですが、VLS対応
バージョンがある今となっては(略
Yuugiri and her ASROC launcher.
OTOメララ・76mm速射砲。周りの人と見比べても、
コンパクト設計なのがお分かりいただけると思います。
OTO Melara 76mm rapid gun
艦対艦誘導弾の発射筒。
Launch tube of "Ship-to-ship guided missile
(艦対艦誘導弾)".
左舷の魚雷水上発射管。
Triple torpeed tube, port side.
シースパロー発射器。模擬弾が見えるように、カバーが
1枚外されている。
Sea sparrow launcher and dummy missile (most bottom
left).
その部分のクローズアップ。ここぞとばかりに撮りました。
Dummy of sea sparrow (for loading training).
SH-60J。艦載のため、メインローター・テールブームを
折り畳んでいる。
SH-60J helicopter, in folded state.
別の角度から。水平安定板も折り畳まれている。
SH-60J, from another angle. The tail part and holizontal
stabilizer were also folded.
海上保安庁の測量船 HL 05「海洋」。
Survey vessel Kaiyou (HL 05), Japan Coast Guard.
埠頭を離れる「海洋」。夕陽が当たって、比較的
良い感じになったのではないかと思いたい
JCG Kaiyou leaving the pier.

晴海埠頭 トルコ海軍 ゲディズ (ホスト艦:海上自衛隊 たかなみ) 2015年06月07日

(en) Turkish Navy Gabya-class Frigate TCG Gediz (F-495), Host ship : JS Takanami (DD-110), JMSDF, Harumi wharf, 07 Jun. 2015
(tr) Türk Donanması Gabya sınıfı Fırkateyn TCG Gediz (F-495), Ev sahibi gemi: JMSDF JS Takanami (DD-110), Harumi iskelesi, 07 Haziran 2015

 エルトゥールル号 Ertuğrul 遭難事故125年行事の一環として、トルコ海軍のGabya級フリゲート(*1) TCG Gediz (ゲディズ) F-495 が訪日しており、晴海埠頭で一般公開されておりました。ホスト艦は海上自衛隊の たかなみ DD-110。

「たかなみ」から見た「ゲディズ」
The TCG Gediz, from the JS Takanami.

*1 艦首に自国の国旗を、マストに相手国の国旗を掲揚する(軍用艦なら巻尾に自国の軍艦旗)。国際的な礼儀。その礼儀が出来なかった国が、日本のすぐ隣にある訳だが

 以下、Gediz ゲディズ F-495。 (もとアメリカ海軍オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート「ジョン・A・ムーア (FFG-19)」)

 TCG Gediz (F-495) (note that former Oliver Hazard Perry-class firgate USS John A. Moore (FFG-19), U.S. Navy).

記帳の列。艦上は(国際法上にも)トルコ共和国なので、
必要な措置だったようだ。
Visitors making line for booking. It seems that it was a
necessary measure because on the ship is a Turkish
republic (under international law).
右舷側の徽章とプレート。
Emblem and nameplate on the starboard side.
ターター・ランチャー。軸の蓋にトルコの国章が入っている。
Tartar system missile launcher (Mk. 13). You can see
Turkish national emblem painted at the cap of the axle.
右舷のMG3。後付けされたSTANAGレールに注目。
MG3 on the starboard side. Note the retrofitted
STANAG rail.
VLS艤装状況。8セルのMk.41だが、Quadpackで4発の
ESSMを装填できるため、合計で対空ミサイル32発となる。
VLS fitting on the ship. It's Mk. 41 of 8 cell, but because
it can load 4 ESSMs with quadpack canister, the total
number of SAMs is 32.
上の甲板に設置された76mm速射砲。
An OTO Melara 76mm/62caliber rapid fire naval gun
on the upper structure.
76mm速射砲を反対側から。
76mm rapid fire naval gun, from opposite side.
速射砲と同じ甲板に設置されたCIWS。
CIWS Phalanx Mk.15, on the same structure as the
76mm rapid gun.
ヘリ甲板。残念ながらLAMPSヘリ自体は見ることが
できませんでした。
Helicopter deck. Unfortunately I couldn't see the
LAMPS helicopter itself.
ヘリ格納部、この写真では分かりにくいですが画面左側に
CIWSが見えるので、位置関係が掴めると思います。
Helicopter Hanger. I think that you can understand
relationship of setting positions because of fitted location
of the CIWS.

 以下、海自「たかなみ」。 JS Takanami (DD-110), JMSDF.

開門直後に1枚。「ゆうぎり」と比べると大きく、配置に
若干の余裕がある。
It's large compared with "Yuugiri", thus there's some
space for placement.
艦橋とマスト。対空捜索3次元レーダーはAESA方式の
OPS-24B。
Bridge and mast. The 3D air search radar is OPS-24B,
AESA method.
127mm砲、VLS、CIWSの配置がお分かりいただけようか。
You can see fitting localtion of 127mm naval gun, VLS,
CIWS Phalanx.
ヘリ甲板。
Helicopter deck.
127mm砲。無人砲塔(遠隔操作)だが、メンテハッチが
開いていた。なお、このすぐあとに閉じられました。
OTO Merala 127mm/54 caliber compact (127/54c).
艦橋にて。何気なく置いてあるものの、とても重要な装備。
つまみに海自のマークが入っている点に注目。
Binoclulars on the bridge. The mark of the JMSDF is
painted on the focus knob.
信号らっぱ。
Signal bugle.
レンジファインダー(測距儀)。
Rangefinder.

晴海埠頭 イギリス海軍強襲揚陸艦アルビオン 及び ホスト艦「うらが」 2018年08月04日

HMS Albion (L14), Royal Navy and JS Uraga (MST-463), JMSDF as host ship, Harumi wharf, 04 Aug. 2018

 2018年の夏は記録的かつ致命的な、それこそ文字通り命に関わる暑さでしたが、その炎天下の中、途中でぶっ倒れそうになりながら行ってきました。記憶が正しければ、たしかこの日は36℃か37℃あたり。
The summer of 2018 is markable high and deadly temperature, literally the heat had danger of life. I went while I was alomost knocked down due to scorching sun and temp. Certainly this day is around 36 or 37 Celsius (96.8 or 98.6 Fahrenheit) if my memory is correct.

HMS Albion (L14) from JS Uraga (MST-463) HMS Albion (L14) from JS Uraga (MST-463)
うらが艦上からアルビオンを望む
HMS Albion, taken from JS Uraga.
「うらが」も大きなフネですが、アルビオンのサイズも
非常に大きいのが分かると思います。

イギリス海軍 アルビオン HMS Albion (L14), Royal Navy

 アジア太平洋地域でのプレゼンス(すなわち存在感)を高めるため、ぶっちゃけ対北朝鮮への圧力の一環として日本にも寄港したもの。(記事:The Straits Times
In order to increase presence of UK in the Asia-Pacific region, also port of call to Japan as a part of international pressure against North Korea.

HMS Albion (L14) and doubled line of guest BvS 10 all terrain armored vehicle
アルビオン(と、二つ折り(以上)になった見学待機列)。
セキュリティは持ち物検査を含め、非常に厳しかったです。
HMS Albion and visitor making queue line that has been
folded at least twice. Security was very strict, including
inventory inspection.
BvS 10がお出迎え。連結式の全地形車両(それこそ
水陸両用から雪上まで)。さすがに卸下した状態では
機銃類は取り外されておりました。緑ベレーは英海兵隊の
隊員です。
BvS 10 welcomes visitors. All terrain vehicle with
articulated, from amphibious to snow. Green beret means
member of the Corps of Royal Marines; RM.
LCVP mk5 onboard HMS Albion Bow of HMS Albion (and CIWS)
2番目の煙突のうしろあたりに上陸用舟艇LCVP Mk. 5が
吊下されていました(画面中央から少し左の黒い船体)
Landing vessel LCVP Mk. 5 was suspended at the end of
second stack (black hull, slightly left from the centre of
this picture).
艦首。そしてCIWS Phalanxの存在感。
Bow, and the presence of CIWS Phalanx.
Flag and badge of HMS Albion well deck of HMS Albion
イギリス海軍とHMSアルビオンのシンボル(徽章)。
The emblem of the Royal Navy and HMS Albion.
ウェルデッキのバナー。画面左下に車輌群が見える。
画面右下の方は実際に入って見学できた(下記)。
Banner at Well deck. You can see vehicles in the lower left
of this picture. The lower right can went actually and was
able to sight in front of visitors.

 搭載車輌。

Vehicles on board, HMS Albion LCU Mk 10, HMS Albion
ウェルデッキ左側。画面右側手前の車輌は
ドイツMAN社製のトラック HX 60 と思われる。
Well deck, left side. The vehicle in front of the right side of
this picture seems to be MAN HX 60 truck (Germany).
ウェルデッキ右側は見学者が入れるようになっていました
(通路に見える部分は、これ自体が上陸用舟艇 LCU
Mk. 10 の全通甲板です)。
Right side of well deck could enter for visitors (the
part visible in the aisle is entire deck of landing craft
LCU Mk. 10 itself).
Waterproofed Land Rover, HMS Albion Land Rover MWMIK Jackal, HMS Albion
ランドローバーの英海兵隊バージョン、
Waterproofed Land Rover。110ベースだと思います。
Land Rover of British Marine Corps version,
Waterproofed Land rover. I think it's based 110.
ジャッカル
Land Rover MWMIK Jackal
Hippo BRV, HMS Albion Pinzgauer 716M 4X4
Hippo BRV、レオパルト1A5戦車のシャシーを使った
Centurion BARVの後継車。大きすぎて最大広角でも
収まり切りませんでした。
Hippo BRV, A successor to the Centurion BARV using
chassis of the Leopard 1A5 tank. It was too big to fit
even at the widest angle (18mm of my camera).
Pinzgauer 716M 4X4 (BAE systems)。
Land Rover系汎用車輌の置き換え用。
Pinzgauer 716M 4X4, BAE systems. For replacement of
Land Rover series utility vehicles.
trailer, HMS Albion Bottled water made in Brunei
トレーラーにもきっちりナンバープレート(2桁ずつ区切って
表示)が付いているあたり、シンパシーを感じます。
I feel sympathy because the trailer als has a license
number plate (divided by 2 characters).
お水ごちそうさまでした(ブルネイ製)。
来場者の多さは嬉しい誤算だったようです。
A water I received (made in Brunei). The number of
visitors seems to be a good miscalculation.

 私の理解が正しければ、機銃等の展示をしていたのがヘリ甲板のはずです。そこ自体もチヌークが余裕で降りられる程度には広いです。
In my comprehension is correct, the helicopter deck should have been displaying space for vehicles, machine guns and other equipment. This deck is also wide enough to allow a Chinook HC2 helicopter (CH-47 series) to landing.

HMG/GPMG display at heli deck, HMS Albion Child with GPMG, HMS Albion
ヘリ甲板の一部が機銃(車載・卸下)と触れ合うスペースに
なっており、ご覧の通りのものすげえ大人気に。
A part of the helicoopter deck has become a space where
the machine guns (on vehicles or simply gun itself, as you
can see, it's very crowded and popular.
GPMGと触れ合うお子様という微笑ましい構図。
※公船上なので国際法上はイギリス領です
A lovely combination of a child who get training and
GPMG. Note that because on warship, this is British
territory by international law.
L7 series GPMG, HMS Albion 7.62mm minigun, HMS Albion
L7系GPMG。要するにFN MAG(ベルギー製)です。
L7 series GPMG. In short, FN MAG (Belgian).
7.62mm ミニガン。光学照準器とレーザー照準器も
マウントされていました。
7.62mm Minigun. Optical and laser sights were also
mounted.

* GPMG = 汎用機関銃 GPMG stands for General Purpose Machine Gun.

海上自衛隊 掃海母艦 うらが (MST-463)

Mine warfare command ship JS Uraga (MST-463), JMSDF

Stern, JS Uraga Bow, JS Uraga
うらがの艦尾。
Stern of Uraga.
艦上から艦首方向。
Seeing bow direction on the ship.
Bridge, JS Uraga Electrical cable, JS Uraga
艦橋を見上げる構図。左は晴海フェリーターミナル。
A composition to look up at the bridge. Building of left side
is the Harumi ferry terminal.
電纜。機雷処理の際に重要となる (*6)
Electric cable, becomes important at the mine sweeping.
Mock of K-13 mine, JS Uraga Mock of Itarlian Manta mine, JS Uraga
K-13機雷(無火薬)
K-13 mine (inert)
機雷「Manta マンタ」の模型(無火薬)
※イタリアが売ったものが中東で見つかった実例あり
Mock of mine "Manta" (inert). Note: there's actual sample
that mines sold by Italy are found in the middle east.
Helicopter deck, JS Uraga Back side of bridge (and line of guest), JS Uraga
ヘリ甲板から格納庫を見る。MH-53EやMCH-101など、
掃海ヘリはかなり大型なため、相応の大きさがある。
Look at the hangar from the helicopter deck. Since the
minesweeping helicopters such as MH-53E and MCH-101
are quite large, so this ship and hangar has
corresponding sizes.
艦橋への見学者列(艦橋の裏側に位置する)。
これを撮った数分後に私も登りましたが急峻でした。
Visitor makes line to the bridge (located behind the bridge).
A few minutes after I took this picture, I climbed too,
but it was quite steep.
Binoculars, JS Uraga Omamori, JS Uraga
20倍双眼鏡。炎天下だったので、持てないぐらい
熱かったです。
x20 binoculars. It was so hot that I couldn't hold.
艦橋に貼ってある交通安全のお守り。
A Japanese style amulet for traffic safety, at the bridge
of the Uraga.
Naval navigation console, JS Uraga Stern, JS Uraga
こういうコンソールがあると心が躍るのは
私だけではないはずだ
It's not only me that makes excited when saw a console
like this.
帰る直前に。フェリーターミナルの3Fに相当する
場所から撮影。
Just before going home. Taken from a location equivalent
to the 3rd floor of the ferry terminal.

*6 音響感知や磁力感知など、機雷にも色々な方式がある。これらに対処するため、電力を消費する処分具を船体から十分に離しながら電力を供給する必要があり、長いケーブル(電纜 でんらん)が必要となる。

晴海埠頭 2019年03月09日

イギリス海軍 23型フリゲート モントローズ 及び ホスト艦「むらさめ」 2019年03月09日
HMS Montrose (F235), Type 23 Frigate, Royal Navy and JS Murasame (DD-101), JMSDF as host ship, Harumi wharf, 09 Mar. 2019

いつも通り、掲載は時系列ではありません。
As always, picutures postings are not chronological.

イギリス海軍フリゲート モントローズ HMS Montrose (F235), Type 23 Frigate, Royal Navy

モントローズ全景および見学者の待機列、フェリー
ターミナル3Fから。
HMS Montrose and visitors who makes line, from 3rd floor
of ferry terminal.
艦番号は艦橋のあたりに書かれています。
Ship number is written at the bottom of the bridge.
エンブレム("T23" は23型フリゲート)。
The emblem, "T23" means Type 23 Frigate.
乗組員に対するセキュリティ警告。脅威レベルはLow、
テロ対処レベルに至ってはカードがない。
Security alert for crew. Threat level is "LOW", and the
card has been not placed at the level of counter
terrorist response.
4.5インチ(114.3mm)砲。
The 4.5-inch Mk 8 naval gun (BAE Systems)
30mm DS30M (2門のうち1門)、基本的には遠隔操作だが
砲手席が見える。
One of two 30mm DS30M(s) (MSI Defence systems),
note basically a automatic and remote control gun but
with the gunner seat can visible.
皆さんが4.5インチ砲の内部に興味津々なところ撮影した
訓練弾(左上はフードによるケラれです)。
Visitors are curious about the inside of a 4.5-inch gun,
I turned around and shoot a training round.
高く評価したい。
I want to appreciate about this display.
レタリングが手書きで印象的でした。
FAMRは前部機械室とでも訳しましょうか。
Lettering was impressive because handwriting.
(FAMR stands for "Forward Auxiliary Machinery Rooms")
ハープーン発射筒。
Harpoon launching tube.
GWS.26 VLS(32セル)、Sea Captor対空ミサイル(ASRAAM
ベース)を格納。手前に写っているのはハープーン発射筒の
発射炎反射板。
GWS.26 VLS (32 cell), contains Sea Captor anti-aircraft
missiles. Fire flame reflector of Harpoon tube is seen in
the front of this picture.
艦尾の機銃用ピントルと防楯。
Stern, machine gun pintle and shield.
何の説明もありませんでしたが、こちら魚雷発射管
(片舷2門ずつ、合計4門)の蓋となっております。
There was no explanation but this is the hatch of
torpedo launcher (two launcher for each side, four in
total).
お子様も(あと、大きなお友達も)興味津々の小火器類。
Children (and "big friends" too) are curious about small
weapons (note Japan has heavy strict gun regulations).
アグスタ・ウェストランドAW159 ワイルドキャットHMA2
(ZZ515) のテール部分。撮影環境は厳しいですが
(照明の制限+見学者が事実上1列になるぐらいの幅の
ヘリ庫)、展示そのものは非常に嬉しいことです。
Tail part of of AgustaWestland AW159 Wildcat HMA2
(ZZ515). Shooting environment is tough, but this display
itself is very lovely.
同機 (ZZ515) の機首。下部のドームは探索レーダー
Seaspray 7000E (Leonard, 旧Finmeccanica)のもの。
Nose part of same helicopter (ZZ515). The lower dome is
search radar Seaspray 7000E (Leonard, formerly
Finmeccanica).
 
細かいことは分かりませんが、おそらく Sting Ray 魚雷
(の訓練弾)と思われます。
I don't know the details, but this is probably inert of the
Sting Ray torpedo.
艦尾にはためくイギリス海軍旗。艦名表記の左下にも注目。
The Royal Navy flag of the stern. note ship name notation
at the lower left of picture.

海上自衛隊 むらさめ (DD-101) JS Murasame (DD-101), JMSDF

むらさめの艦首。
Bow of the Murasame.
護衛艦旗と艦名表記。画角上、ツインホイップアンテナの
おかげで半旗のように見えるかも知れませんが、もちろん
そうではありません。
Japanese naval flag and ship name notetion. On the
angle of view, it may looks like a half flag thanks to twin
whip antennae, but of course not.
76mm砲なめてブリッジ方向。
Photographed the 76mm naval gun centred, direction
of the bridge.
魚雷発射管(水上発射管)HOS302。
HOS302 torpedo tube.
SSM発射筒(4連)×2。カバーがかけられているのは
クレーン。
Two set of four tube SSM launcher. The crane is covered.
イギリス海軍の皆様のおもてなしで使用した屋台の
資材とのこと。
The materials of stalls used at reception of the Royal Navy.
VLSにはESSMとVL-ASROCを装填。こちらは艦首の
Mk 41。
VLS can be contained with ESSM and VL-ASROC.
This is the bow side VLS Mk 41.
62口径76mm砲。
OTO Melara 76/62C, 76mm rapid fire naval gun.
格納庫の上に位置するCIWS Phalanx。
CIWS Phalanx placed on the hangar.
艦橋のまわり。窓の下に防弾板が見える。
Around the bridge, you can see a bulletproof board
under the window.
艦尾、ヘリコプターデッキの周りは一段低くなっている。
The stern, around helicopter deck are one step lower.
艦尾方向から全体像。
Whole picture from the stern direction.

 909枚撮影。

晴海埠頭 2019年05月18日

第71回東京みなと祭 2019年05月18日
At the 71st Tokyo port festival, Harumi wharf, 18 May. 2019

 まず度肝を抜かれたのが「冷凍コンテナ体験(※お子様のみ)」でした。

コンテナ番号の下、「45R1」は背の高い冷凍コンテナを
表します。
Below the container number, "45R1" represents a high
(9ft 6in) refrigerator container.
トレーラーに載せられたままでした。
冷凍冷蔵装置はこの面に組み込まれています。
These were still on the trailer.
Refrigeration system is integrated into this side.

海上保安庁 測量船「明洋」 (HL 03) Survey Vessel "Meiyou" (HL 03), Japan Coast Guard; JCG

海保「明洋」。艦首方向から撮りたかったです。
Meiyou, JCG. I wanted to shoot from the bow.
煙突に誇らしくも海保のマーク。
Even though the emblem of JCG on the stack.
銘板。「運輸省」という表記がなつかしい。
Nameplate. The word "Ministry of Transport" making up
my nostalgia.
観測室の一部。計測用の器材がぎっしり詰まっている。
Part of the observation room. Equipment for
measurement is heavily packed.
自律型海洋観測装置(AOV)の模型。
A model of Autonomous Ocean Vehicle; AOV.
多層音波流速計。最大750mまでの深度を最大128分割して
流れの速さを観測することが可能。
Acoustic doppler curent profiler; ADCP. It is possible to
the depth up to 750m, up to 128 divide layers and
observe the speed of ocean current.
投下式鉛直水温連続測定装置(先ほどの装置の測定
対象は水流で、こちらは水温)。
eXpendable Bathy Thermograph.
表層探査機。複数の超音波を海底に向けて発射し、
海底下数十mの地層を観測可能。
Sub bottom profiler. A number of ultrasonic waves can be
launched toward the floor, to observe strata several tens
of meters below the ocean floor.
(青画面が出ていたのでびっくりしましたが、そういうことでは
ありませんでした)
(I was surprised to think the blue screen appeared but I
was wrong, it's normal operation).
マルチビーム音響測深機
Multi-beam echo sounder,
Kongsberg EM-302 EM-3002 w/ Seapath 200
用途はわかりませんでしたが8chデジタルオシロスコープ
((許可があれば)私も操作できる唯一の器材)
I didn't know the application but , 8ch digital oscilloscope
( (only equipment that I can operate (if under permittion) )
方位、緯度・経度、ロールやピッチ、ヒーブ(上下動)などが
一目で分かる素敵な画面。
A nice screen that shows the heading (azimuth), latitude
and longitude, roll, pitch, and heave (up and down) etc.
可変ピッチプロペラのコンソール。
Console of Controllable-Pitch Propeller; CPP
操舵輪  Ship's wheel

東京都港湾局 浚渫船「海竜」 Dredger Vessel "Kairyuu", Bureau of port and harbor, Tokyo Metropolitan Government.

浚渫船「海竜」、東京都港湾局
Dredger vessel "Kairyuu", Bureau of port and harbor,
Tokyo Met. Govt.
船がつっかえたり座礁したりしないように、定期的に
海底を浚(さら)うという縁の下の力持ち。
Hold the bottom of the sea refularly to another ship
doesn't stuck or stranded on the seabed.
右舷。赤い部分が海中に入れる浚渫部。
Starboard side. A buttock where the red painted part
goes into the sea.
ドラグヘッド。泥を吸い込む部分。
Drag head. The part of sucking in mud.
   
航海用レーダー。目の前で「AISで他船情報を取得する」
手順を実践していただきました(本当は私がやりたかった
Navigational radar. In front of me, I can see operation
about "Obtain other ship information with AIS" (actually
I wanted to do this
).
360度旋回式プロペラの操作卓。
The Console of 360 degree swivel propeller (like an azimuth
thruster).
ライトメール・コントローラー。日本語以外(*1)もボタンで
選べるようになっています(海保の艦船にも同種のものが
付いているものがあります)。
Light mail contoroller. Other than Japanese (*1) can also
be selected with the button (Some ships or vessels of
the JCG has same system).
艦橋構造を艦尾方向から。画面中央上あたりに、
ライトメールの発光部が見えます。
From the stern direction of the bridge structure. At the
top center of this picture, you can see the light emitting
banner part of light mail system.

*1 日本語 Japanese 、英語 English 、ロシア語 Russian 、韓国語 Korean 、中国語 Chinese

海上自衛隊 護衛艦「てるづき」 (DD-116) Destroyer "Teruzuki" (DD-116), JMSDF

「海竜」から見た「てるづき」。
"Teruzuki", watching from "Kairyuu".
Teruzuki (DD-116), JMSDF.
最新鋭のステルス指向艦船と筆書き風フォントの
組み合わせ。
Combination of a state-of-the-art stealth-oriented
vessel and brush-style font.
艦橋からマスト頭頂部まで。AESAレーダーも特徴的です。
From the bridge, to the top of the mast head. The AESA
radar is also distinctive.
127mm砲と見学者。砲身の基部に付いているのは
初速測定器。
A 5-inch naval gun and visitors. Attaching to the base of
the barrel is an initial speed measuring instrument.
ジャマーランチャー。
The jammer launcher.
デコイランチャー。
One of a decoy launcher.
水上発射管 HOS-303 (魚雷発射管)
Torpedo tube HOS-303
魚雷発射管の基部近くの監視窓。
Watch window near the base of torpedo launcher.
艦尾からヘリ格納庫を望む。人出が絶えませんでした。
View of the helicopter hangar from the stern. The flow
of visitors didn't stop while I'm shooting.

 849枚撮影。


(謹告)不審な点、誤記・記述の誤り、リンク間違いなどの建議的な連絡がありましたら、電子メール(diagraph01@ab.auone-net.jp)までお願いします。Discordにサーバを立てていますので、そちらを掲示板代わりにすることも歓迎します。
(ご注意)twitter上では見逃す可能性が高いので、個人的には歓迎しておりません。FaceBookのアカウントはありますが、事実上、利用していません。
(一般的ではないご注意)防衛省・自衛隊・在日米軍など関係各所の皆さんで「それは困る」といったものがありましたら(ないと思いますが)、同じようにご連絡下さい。
(Notice) Please e-mail to me (diagraph01@ab.auone-net.jp) if you have any constructive suggestions, susch as suspicious points, typos and errors including link error. And I have server in Discord, so it's also welcome to use that as a bulletin board.
(Caution) It's not likely to be personally welcome as it's probably missed on twitter. I have a FaceBook account, but I'm not using it actually.
(Not a general notice) If you have something trouble or inconvenient in the MoD Japan, JSDF, U.S. Forces Japan or related stations, please contact me as well (I think there's no problem, just in case).

取材記録ページへ to photos main page / MMDモデルのページへ to MMD models page / トップページへ to top page