駐屯地祭・基地祭 取材記録 / 陸上自衛隊 広報センター

 3Dモデリングのために撮影してきた写真です。陸上自衛隊 広報センター(朝霞駐屯地隣接)の撮影分。

Photos for making 3D model reference materials log - Camp Koga, JGSDF.

 「どの写真を載せないか」で悩むより、「どれを載せるか」で悩む始末。

更新履歴
2019年07月10日 新設。

2019年07月03日

取材記録ページへ MMDモデルページへ トップページへ

to Photos page - to MMD model page - to Top page

陸上自衛隊 広報センター 2019年07月03日

JGSDF PR Center, 3 Jul. 2019

 いつだったか忘れましたが前回の訪問の印象が最悪だったので脚が遠のいていた広報センターですが、数年単位のスパンをおいて出掛け直しました。

 なお一般の訪問者の皆様のほか、教育隊の生徒が途中から結構な人数(たぶん2コ班ぐらい)見学に来ておられました。結果、お顔が写真に写り込んでいるケースがありますが、このサイトでは、次の例外を除いてプライバシー保護加工はしておりません。 (例外1) 初期の写真 (例外2) Wikipediaに載せたもの

 まず屋外展示。

軽装甲機動車(LAV)。イラク派遣時の仕様、アラビア語での日本国「اليابان」表記付きの標識が残されている。発煙弾発射器の基部が残っている点に注意。
Light Armored Vehicle; LAV. A specification for dispatching Iraq, signs with arabic language "اليابان" (means "(State of) Japan") has left. Note that base of the smoke discharger remains.
屋外展示のうち、建物を出て右側にあたる箇所。
Of the outdor exhibitions, location that comes out of the building and corresponds to the right.
左側の箇所。建物の拡張工事をするようで、立ち入りが制限されていました。
Location on the left side. It will expand the building, thus access was rectricted.
こうして見ると、74式自走105ミリ榴弾砲(手前)と75式自走155ミリ榴弾砲(奥)の違いがよく分かります。
In this way, you can clearly see the difference between the Type 74 self-propelled 105mm howitzer (front) and Type 75 self-propelled 155mm howitzer (rear).
10式戦車(10TK)の試作1号車。手短に言えば、砲塔後ろのカゴで見分けがつく。
Prototype #1 of Type 10 tank (10TK). In short, you can identify the cage behind the turret.
74式戦車(74TK) 126号機
Type 74 tank (74TK), #126
96式装輪装甲車(96WAPC)、量産1号車と推定。
Type 96 Wheeled Armored Personnel Carrier (96WAPC), I estimate as production #1.
89式装甲戦闘車の試作車。
Prototype vehicle of Type 89 (Infantry) Fighting Vehicle (89FV).
87式自走高射機関砲(87AW)、試作1号車。
Type 87 Self-Propelled Anti-Aircraft Gun (AW / 87AW), prototype #1.
UH-1H (41672)
94式水際地雷敷設装置(94APH)。
Type 94 (Waterfront) Minelayer Device (94APH).
94APHの後部、水際地雷(のダミー)が搭載されている。上段が沈底式地雷、下段が係維式地雷。
74式自走105mm榴弾砲。
Type 74 Self-Propelled 105mm Howitzer.
75式自走155mm榴弾砲。
Type 75 Self-Propelled 155mm Howitzer.
中距離多目的誘導弾(の試作車)。
Middle Range Multi-purpose Missile (prototype).
遠隔操縦観測システム(無人機) (FFOS)
Flying Forward Observation System (UAV) (; FFOS).

 次に屋内展示。

展示するブツが大きいだけに日本の展示館としては広い方ですが(海外のそれと比べると小さいのは言うまでもありませんが)、限界まで広角に振ってもご覧のように全体像が収まりません。
As the quipment to be exhibited is very large as Japanese exhibition facility (It's needless to say that it's smaller than that of foreign), end even if I'm using the limit of wide angle, the whole image does not fit as you see.
90式戦車(試作車と推定)。
砲塔の上に登れるように見えますが、階段の入り口に鎖がかけてあり、実際には登ることができませんでした。
Type 90 tank (90TK) (estimated as prototype).
It looks like visitor could climb on top of the turret, but there was a chain at the entrance of the stairs and, actually couldn't climb.
排土板(や、おそらくは地雷原処理装置)の取り付け試験をしたと思われる固定用の金具。
Fixing brackets that are considered to have been subjected to installation tests for plows (and probably minefield sweeping equipment).
90式戦車の砲手用照準潜望鏡。
Aiming sight and periscope for gunner of Type 90 tank.
120mm砲弾の訓練弾、90式戦車の120mm戦車砲(120TKG)用。手前がAPFSDS、奥がHEAT-MP。
120mm rounds (training ammunition) for 120mm tank-gun (120TKG) of Type 90 tank. APFSDS (front) and HEAT-MP (rear).
AH-1S (73401)
AH-1S用の20mm機関砲用弾薬JM51A1(の訓練弾)。
Training ammunition of JM51A1 for 20mm machine gun of AH-1S.
AH-1S用の70mm空対地ロケット弾70RL(の擬製弾)。
(Dummy of ) 70RL (Hydra 70) Air-to-Surface rocket ammunition.
89式5.56mm小銃(固定式銃床)(上)、5.56mm機関銃ミニミ(中)、74式車載7.62mm機関銃(下)。
Type 89 5.56mm Rifle (fixed stock version) (above), 5.56mm machine gun MINIMI (middle), Type 74 7.62mm Coaxial gun (below).
91式携帯地対空誘導弾(の試作品)。
(Prototype of) Type 91 portable surface-to-air missile.
戦闘糧食I型、いわゆる缶メシ。回りにあるのは戦闘糧食II型、市販のレトルト食品と変わらないおいしさです。
Combat Ration, type I (canned foods), and type II (around, Pouched foods).
個人用の装備いろいろ(一部)。双眼鏡、フェイスペイント、方位磁石、懐中電灯、雑嚢、吊りバンド、弾帯。
Various personal equipment (part of). Binoculars, face paint, compass, flashlights, bag, suspender, bandlier (belt).
ガス検知器2型。
Chemical agent detection kit type 2.
訓練弾(フィンを含む尾部なし)。AN/M57(200ポンド、約90.7kg)のPTMと推定 (*1)。
Training bomb, lack of tail (including tail), I estimate Practice and Training Munition (PTM) of AN-M57 (200 lbs) (*1).

*1 私が知る限り、陸上自衛隊はこの種類の爆弾を装備したことがないので、訓練でどこかの演習場に投下された空自ないし在日米軍のものと想定される。
このほか、2,000ポンド爆弾(米軍が二次大戦中に投下したもののうち不発弾)AN-M66A1の展示もあった。
As far as I know, the JGSDF has never been equipped this type of bomb. Therefore, it's used for practice by JASDF or U.S. Forces Japan to some training grounds.
Besides this, there was also displayed 2,000 lbs bomb AN-M66A1 (unexploded bomb of what the US Army air corps during WWII).

 955枚撮影。


(謹告)不審な点、誤記・記述の誤り、リンク間違いなどの建議的な連絡がありましたら、電子メール(diagraph01@ab.auone-net.jp)までお願いします。Discordにサーバを立てていますので、そちらを掲示板代わりにすることも歓迎します。
(ご注意)twitter上では見逃す可能性が高いので、個人的には歓迎しておりません。FaceBookのアカウントはありますが、事実上、利用していません。
(一般的ではないご注意)防衛省・自衛隊・在日米軍など関係各所の皆さんで「それは困る」といったものがありましたら(ないと思いますが)、同じようにご連絡下さい。
(Notice) Please e-mail to me (diagraph01@ab.auone-net.jp) if you have any constructive suggestions, susch as suspicious points, typos and errors including link error. And I have server in Discord, so it's also welcome to use that as a bulletin board.
(Caution) It's not likely to be personally welcome as it's probably missed on twitter. I have a FaceBook account, but I'm not using it actually.
(Not a general notice) If you have something trouble or inconvenient in the MoD Japan, JSDF, U.S. Forces Japan or related stations, please contact me as well (I think there's no problem, just in case).

取材記録ページへ to photos main page / MMDモデルのページへ to MMD models page / トップページへ to top page