駐屯地祭・基地祭 取材記録 / 陸上自衛隊 久里浜駐屯地

 3Dモデリングのために撮影してきた写真です。久里浜駐屯地の分。

Taken by own photos (for making 3D model reference materials) log - Camp Kurihama, JGSDF.

更新履歴
2018年11月17日 新設。
2018年12月08日 2015年分を追加。

2014年 2015年

取材記録ページへ to photos main page / MMDモデルのページへ to MMD models page / トップページへ to top page

久里浜駐屯地 2014年10月25日

Camp Kurihama, 25 Dec. 2014

 土浦駐屯地でカメラが水没同然の状態になったため、撮影中にカメラが不調になる有様でした。マニュアルで操作できる部分はそうしましたが、(他の写真もそうですが)完全にフォトショに頼っています。あと、この日は不覚にも寝坊し、出発が遅れました。

遅れて入場した直後。
車輌行進を終えて出場してきたJMRC-C17。
訓練展示、偵察のため進入してきたOH-1(EH)。
迷彩効果が高いことがお分かりいただけるといいな
カメラの調子が(中略)露出もアレな有様でもうフォトショが
前提、ただ、こういう撮影をする時は、断然マニュアル
31普のLAV、指揮通、KLX250が警戒する中、
通信の車輌が進入
装備展示に並んでいなかった衛星単一通信可搬局装置
JMRC-C4(中央手前の高機)
空砲は最初の10発程度、あとはもくもくと通信の準備を
するという地味さが、ここの展示の特徴
バラクーダ(偽装網)用の支柱を組み立てたり(手前)
アンテナを立てたり(奥)、
ヘリ進入が1200、車輌進入・アンテナ設営などを
含めて、ここまででわずか15分

 状況終了後、展示に。写真を選ぶのが大変で、軽く2時間は使いました。

展示のために着陸するOH-1。迷彩効果が(略 展示のため移動準備をする車輌。JMRC-C17は
アンテナがごつく、展開・撤収が大変そうでした
UAV(近距離用) JUXS-S1のセット。ノートPCは
米軍や英軍からも定評のあるタフブック
展示車両。装備の名称を書き込んでおきましたが、
もちろんのこと、間違っていても保証はできません

 新野外通信システム バックボーン・ノード装置は教材で、ナンバープレートやバンパーの桜のマークが技本のままでした。

久里浜駐屯地 2015年10月24日

Camp Kurihama, 24 Dec. 2015

 部隊観閲の一環の車輌行進。

この装備の正式な名称を未だに知りません(*1)。 JMRC-C60 師団通信システム・局地無線搬送装置。
JMRC-C17 無線搬送装置1号。(*2) 控えていた重レッカ(直支)が最後に行進しました。

*1 電波妨害用の機材ということしか知りません(場内アナウンスでも、そういう内容のことを言っていました)。用途が用途だけに、秘度が高いのはやむなしでしょう。他にもそういう装備、つまり「写真は撮っているんだけど正式な名前が分からない」というものがあります。
*2 急に目の前に来た場合、とっさに撮るとこれが精一杯です。

 装備品展示(1偵と4ATH)。空砲発射はありませんでした(訓練展示にも参加していない)。

4ATHのOH-1 (JG-2637)。敢えて、背景に植生がある
写真を選びました。
1偵(練馬)の軽装甲機動車。
ミニミを搭載していない点に注目。
1偵のKLX250。89式小銃を背負っていない点に注目。
ターンのみの披露でした。
4ATHのAH-1S(JG-3444)。(*3)
※こちらは飛行展示はありませんでした

 訓練展示(今回バラクーダなし)。状況開始から終了まで、手元の記録が正しければ11分。

JMRC-C4 衛生単一通信可搬局装置。周りの隊員は
小銃を持ちながら全力疾走。
画面奥・左手から進入するJMRC-C17。
JWYC-AA2 アクセスノードにリガーを取り付けている
ところ。画面右手は1トン半。
JMRC-C17のリガーを展開。
JMRC-C41 無線搬送局装置のアンテナ設営。 JMRC-C17の展開が完了。いつ見てもごついです。
JMRC-C60の空中線(アンテナ)を地面に
立てているところ。
左写真の引きの構図。空中線がかなり高く、見ているより
大変であろうと感じました。

 装備品展示の一部。

JMRC-C60 師団通信システム 局地無線搬送装置。 JWYC-AA2 野外通信システム アクセスノード
嬉しい誤算、JTPS-P26 捜索評定レーダ装置。
地対艦ミサイル・システムの目。
OH-1と航空電源車。
構図の都合上、AH-1S(奥)が隠れています。

 歴史館の展示品(のごく一部)。

JAN-GRC9。AN/GRC-9の日本版。 ロスケの無線機。РБМ-1(RBM-1)と思われる。

 たぶん1,330枚撮影。


(謹告)不審な点、誤記・記述の誤り、リンク間違いなどの建議的な連絡がありましたら、電子メール(diagraph01@ab.auone-net.jp)までお願いします。Discordにサーバを立てていますので、そちらを掲示板代わりにすることも歓迎します。
(ご注意)twitter上では見逃す可能性が高いので、個人的には歓迎しておりません。FaceBookのアカウントはありますが、事実上、利用していません。
(一般的ではないご注意)防衛省・自衛隊・在日米軍など関係各所の皆さんで「それは困る」といったものがありましたら(ないと思いますが)、同じようにご連絡下さい。
(Notice) Please e-mail to me (diagraph01@ab.auone-net.jp) if you have any constructive suggestions, susch as suspicious points, typos and errors including link error. And I have server in Discord, so it's also welcome to use that as a bulletin board.
(Caution) It's not likely to be personally welcome as it's probably missed on twitter. I have a FaceBook account, but I'm not using it actually.
(Not a general notice) If you have something trouble or inconvenient in the MoD Japan, JSDF, U.S. Forces Japan or related stations, please contact me as well (I think there's no problem, just in case).

取材記録ページへ to photos main page / MMDモデルのページへ to MMD models page / トップページへ to top page