駐屯地祭・基地祭 取材記録 / 陸上自衛隊 松戸駐屯地

 3Dモデリングのために撮影してきた写真です。松戸駐屯地の分。

Taken by own photos (for making 3D model reference materials) log - Camp Matsudo, JGSDF.

更新履歴
2018年12月13日 新設。

2016年 2017年

取材記録ページへ to photos main page / MMDモデルのページへ to MMD models page / トップページへ to top page

松戸駐屯地

JGSDF Camp Matsudo

松戸駐屯地 2016年11月26日

Camp Matsudo, 26 Nov. 2016

 この直前に開催された土浦駐屯地(2016年開催分)に行けなかった憂さを晴らすぐらいの勢いでした。身体は思うように動きませんでしたが。写真また傾いてるし(資料を撮りに行っているのだから、もう諦めてます)。

浄水セット。 野外炊具1号(後ろのトレーラ)。
燃料タンク車。 水タンク車。73式大型トラックがベースで、今となっては
レア度が高くなっている。
03式中SAMの構成車輌の一部(335高射) 高機動車と軽装甲機動車。習志野からの増援。 
NBC偵察車と除染車3型(B)。大宮からの増援。 走行中の3トン半水タンク車。 

 訓練展示。

誰が何と言おうとこれは湖。
ビニールシートとは関係ない。いいね?
輸送のため走行中、水タンク車が行動不能となった、
という想定。
救援に来た重レッカ。 03中SAMのレーダー車。不整地でも走行能力が
高そうだということが理解できる
03中SAM発射器のアウトリガーを設置しているところ。 リガーを展開し終え、警戒にあたっている状況。
比較的どうでもいい話ですがWACさんでしょうか。
12.7mm重機関銃を搭載した3トン半が
不整地に入ったところ。
この地形でも3トン半積載して走行可能
(舗装してあればもっと積めるということです)。
仮設の給油所を設営している状況。 給油を受けて走り出す3トン半が牽引している
水タンクトレーラ。
水タンク車の牽引準備が終わり、移動を開始したところ。 慌ててシャッターを切ったので、本当に斜めになって
いますが、実はなかなか見られない光景です
(土浦はもっと無茶をやりますし)。

 装備品展示(ごく一部です)。病み上がり&体調低下中であることが本当に悔やまれてなりません。

展示位置に移動中の水タンク車。 普通の3トン半トラックと比べると、細かいところが
異なります。アダプタを付けて散水車代わりにもできます。
給水を実施するための蛇口取り付け位置、
蓋を開けていただいたところ。
燃料タンク車。実はこのアングル、霞ヶ浦では(生け垣の
おかげで)なかなか撮れません。
野外炊具1号。22改ではないタイプで、コックが4種類ずつ
付いています。
「自衛隊最強の車輌は?」と聞かれたら、迷わずに
「野外炊具1号です」と答えます。冗談抜きで。
浄水セットを登り台にしている状況。ごめんさい冗談です 10式は展示のみで、走行はありませんでした。
私はともかく、どうしても主役を食ってしまいますし。

 875枚撮影。

松戸駐屯地 2017年09月30日

Camp Matsudo, 30 Sep. 2017

 この年は横田基地に行けなかったので、カメラだけもって松戸駐屯地に行ってきました。需品学校ということで地味になるのは仕方がないのですが、被服、燃料、水などなど後方を支える重要な場所です。

関東補給処松戸支所の隊員だったと思います。
ご覧の通り64式でした。
ヒゲの隊長。原稿なしで重要なことを喋りきるのはさすが。
水タンク車。災害派遣等でますます重要に。 燃料タンク車。自衛隊の車輌は基本的にディーゼルなので
これも重要な車輌です。
浄水セット、逆浸透2型。 軽装甲機動車(LAV)。空挺(習志野)からの応援
NBC偵察車。大宮からの応援 03式中SAM。展示を終えてランチャーを畳んでいるところ。

 あ、いつも通り、写真は時系列ではありません。

コンテナを搭載したトラック。
少なくとも私は初めて見ました。
コンテナ専用ではなさそうだということが、緊締具で
分かるような気がします(もちろん自信はありません)
野外炊具1号(22改)。左の天幕には調理用の用具が
展示されていました。
PDS、C-130やC-1から空中投下するための
プラットフォームなパレット。

 撮影は1,200枚でした。


取材記録ページへ to photos main page / MMDモデルのページへ to MMD models page / トップページへ to top page