駐屯地祭・基地祭 取材記録 / 陸上自衛隊 練馬駐屯地

 3Dモデリングのために撮影してきた写真です。練馬駐屯地の分。

Taken by own photos (for making 3D model reference materials) log - Camp Nerima, JGSDF.

更新履歴
2018年11月17日 新設。

2014年 2015年

取材記録ページへ to photos main page / MMDモデルのページへ to MMD models page / トップページへ to top page

練馬駐屯地 2014年4月13日

Camp Nerima, 13 Apr. 2014

手前左から 野外炊具1号(22改)、電源トレーラ
奥 野外手術システムのうちの2輌セット。
Front left:Field kitchen type 1 (mod 22), right: trailer for
electric power generator / Back : Field medical operation
system (connected two vehicles).
屋外展示の87RCV、CRV(装輪)。屋根の下では迫撃砲や
誘導弾等が展示されていた。
Type 87 Recon combat vehicle (front) and Chemical
Recon vehicle (back).
中砲牽引車。FH-70の経年に伴う代替装備が
秒読み段階に入りつつある。ような気がする。
Middle-howitzer towing vehicle w/ platoon member and
FH-70 (towed).
81短SAMの射撃統制車。索敵レーダーを自前で
持っていて、2輌の短SAMを統制できる
FCS vehicle for type 81 short-range SAM, has own radar
and control syste and command two SAM vehicle.
道路障害作業車。穴を掘って地雷を埋めたふりをした
だけでも、相手戦車・装甲車などの進行を遅らせることが
できます(*1)。電柱の建植などにも利用可能。
運転席に幌を被せていない点に注意。
Obstacle operation vehicle i.e. make a hole and set
anti-tank mine(s), construction tele-poles, etc.
7tトラック(旧:74式特大型トラック)。
民生車と違い、全輪駆動(前輪の部分にデフが見える)。
7t truck (former name: type 74 heavy large truck). In
different of civillian truck, AWD (you can see differential
between front wheels).
ここ退場の場所で、それほど速度は出てないんですが、
わずかにドリフトし、かなりの迫力でした。
Type 10 MBT. Low speed but slightly drift.
73式大型トラック(改良型)と、3トン半(25年度以降?調達
車)との並び。右は業務トラック(冷蔵車)。(*1)
Type 73 Large truck (left) and 3.5t truck (mod 25?),
Refrigerator truck (right, modified civilian truck, not AWD).
こちらは展示の10式。少し高い場所から撮ってみた。
いまさら感は払底できないが。
Tyep 10 MBT, view from little bit higher place.
貴重な11CVR(11式装軌回収車)。この展示の前で延々
自衛隊にも関係ない雑談をしていた中年リア充 お客様が
いらっしゃいましたので、採りうる手法の中でいちばん
有効、かつ、穏便な手法で移動していただきました
Type 11 CVR (Crowled Vehicle Recovery?)
Recovery vehicle.
自衛隊装備は桜とよく似合います。遅咲きの八重桜も
りっぱな桜です。
3.5t truck. JGSDF equipment matces with
cherry-blossoms (this blossom is double flowered).
構内専用の消防車ならではの、逆転の発想。小回りが
効くし、構内の初期火災には有効。それに、かわいい。
Fire fighting vehicle, based on "Kei" vehicle.

練馬駐屯地 2015年4月12日

中砲牽引車とFH70。去年より出口が広く確保されて
いたが、このように、けん内による内輪差が(続く)
(続き)あるので対策されたものと理解したが、
如何なものか
バックボーン・ノード装置 アクセスノード装置。 去年より控えめだった隊長車の走り。
計4輌が行進に参加していた(去年は3輌)。展示車両は
これと別の場所にいた。
備え。手前より重レッカ、高機動車、11式装軌回収車。
体験搭乗のWAPC。
当然ながら、車内は撮影禁止でした。
アトラクションに出た1偵のKLX250と思われる
(泥の様子から推測)。

取材記録ページへ to photos main page / MMDモデルのページへ to MMD models page / トップページへ to top page