駐屯地祭・基地祭 取材記録 / 陸上自衛隊 立川駐屯地(立川防災基地)

 3Dモデリングのために撮影してきた写真です。立川駐屯地の分。

Taken by own photos (for making 3D model reference materials) log - Camp Tachikawa, JGSDF (and Tachikawa disaster prevent base).

更新履歴
2018年11月17日 新設。
2018年12月02日 2015年分を追加。
2018年12月12日 2016年分を追加。
記述を一部訂正・改善。

2014年 2015年 2016年

取材記録ページへ to photos main page / MMDモデルのページへ to MMD models page / トップページへ to top page

立川駐屯地 2014年09月28日

JGSDF Camp Tachikawa, 28 Sep. 2014

陸上自衛隊 CH-47整備用の野外作業台車(手前)
装輪ショベル(グラップル・アタッチメント付き)(奥)
野外洗濯セット(左) 浄水セット(右)
人命救助システム(奥のアルミ・シェルターの車輌)
警視庁の機動救助車(手前) 
機材運搬車(奥)
東京消防庁のハイメディック(200系 '04ベース)
東京消防庁 Tokyo Fire Dept.
EC225LP JA71KT
警視庁 Metropolitan Police Dept.
EC155 JA11MP
手前から OH-1 UH-1J AH-1S AH-64D 展示ではない方(スタンバイ)のUH-1J

 以下、帰投機 RTB

海上自衛隊 SH-60J 21空8272(館山) 航空自衛隊 UH-60J 48-4561(百里)
AH-64D(SK) 奥はCH-47J AH-1S(4ATH) 奥はCH-47JA
EC225LP(STH) 特別輸送機
(政府専用、運用は陸上自衛隊)
手前:CH-47JA(HGP6) 奥:CH-47J(SK) 右側中央、
ローター端の近くに3機のAH-1S RTBが写っている

立川駐屯地 2015年09月19日

JGSDF Camp Tachikawa, 19 Sep. 2015

東消のAS332は胴体底部に消火用のアタッチメントが
装着されている。
車輌の揃い踏み。高機動車にスリングがついているが、
ホイストされていたのであろう。
回転灯付きの1/2tトラック。 東消のレスキュー専用車両「救助車」
航空野外高所作業台車(大型) 同じ車輌が移動して展示を行っているようす
1 1/2t救急車、73式中型がトラックベース。 1 1/2t救急車(新)、1 1/2tトラックがベース。
化学防護車。プローブが出ている点に注意。 LR-2。機内を見学できた模様だが、写真を撮って回って
いる間に虎ロープの準備が進んでしまっていた。
東消 AS332 (JA119B) 東消 AS365 (JA119G)
警視庁 EH101(JA01MP) 陸自 UH-1J (EH, 機番読み取れず)
OH-1(EH, JG-2630) UH-60JA (SK, JG-3118)
陸自 AH-1S (4ATH, JG-3439) 海自 SH-60K (21-8432)
米陸軍 UH-60L (26703) 米空軍 UH-1N (96639)
体験搭乗に使用されたうちCH-47J (SK, JA-2934) 別アングル。

立川駐屯地 2016年10月01日

JGSDF Camp Tachikawa, 01 Dec. 2016

展示が終わると、この手前に大型のシザーズ式
高所整備車が入ってきます。
離陸準備中のOH-6D (31286, EH)。直前の車輌は
航空電源車(高機動車ベース)。
軽装甲機動車。1偵(練馬)ではなく
12偵(宇都宮)が来ていました。
気になったので不審者扱い覚悟で撮った、
旧称「73式大型トラック(新)」の方の3 1/2tトラック。

 警視庁と東京消防庁の展示。

パトカー大人気。これは8交機の車輌。 ハイパーレスキューの車輌ラインナップ。もう少し画角を
工夫したら良かったと反省しています。
立川署の照明車。 陸自・警視庁・東消の共同による救助展示。
救助用の工具や装備品を満載した救助車。 東消AS365 (JA119E) 3号「かもめ」
Tokyo Fire Dept. AS365
東消AS332 (JA119B) 2号「ひばり」
Tokyo Fire Dept. AS332
地上展示の東消EC225 (JA62HC) 6号「はくちょう」
Tokyo Fire Dept. EC225
警視庁AW139(AB139) (JA14MP) おおとり4号
Tokyo Met. Police Dept. AW139 (AB139)
警視庁AW139 (JA16MP) おおとり6号 ホイスト吊下状況
Tokyo Met. Police Dept. AW139 with using hoist

 在日米軍(陸軍および空軍)。機内が見学できるのは米軍機だけでした。

米陸軍UH-60L(96-25716)。数年前までUH-60Aでしたが、
更新で防御装備が充実しています。
US Army (US Forces in Japan) UH-60L
陸自のものよりも大きく頑丈なパイロン。
増槽は同じサイズと見える。
米空軍UH-1N(69-6646)。
US Air Force (USFJ) (Yokota) UH-1N
ついつい撮ってしまうツインパックエンジン。

 〆に陸自。

OH-6D (31286, EH)。かわいい UH-1J(41897, EH)。少なくとも9機飛んだUHの中でこれを
選んだのは、いちばんまともに写っていたからです。
軽快な飛行展示を見せたAH-64D (74508, SK)。
ゴジラへの対処も防災ということであろう か
地上展示のために移動するAH-1S (73463, 4ATH)。
迷彩が植生とマッチして(略
地上展示状態のCH-47JA (52980, HGPIII)。 同機が体験搭乗準備のためトーイングされている状況
左:航空電源車(高機動車ベース))
右:航空牽引車
左:気象レーダ装置
右:航空管制装置(着陸誘導装置)JTPN-P20
展示のみであったLR-2(23055, LR)。機内を撮りたかった
JGSDF LR-2 (Beech Super King Air 350)
OH-1 (32620, EH)
UH-60JA (43126, 12H) UH-1J (41808, EH)
AH-1S (73463, 4ATH)。 AH-64D (74508, SK)。

 1,994枚以上撮影したところで、カメラの予備電池を忘れてきたことに気付く有様。RTBを撮れなかったのは悲しく、もう半泣き状態でした。


取材記録ページへ to photos main page / MMDモデルのページへ to MMD models page / トップページへ to top page