駐屯地祭・基地祭 取材記録 / 海上自衛隊 館山航空基地

 3Dモデリングのために撮影してきた写真です。海自・館山基地の分。

Taken by own photos (for making 3D model reference materials) log - Tateyama Air Base, JMSDF

更新履歴
2018年11月17日 新設。
2018年12月08日 2015年分を追加。

2014年 2015年

取材記録ページへ to photos main page / MMDモデルのページへ to MMD models page / トップページへ to top page

館山航空基地 2014年07月27日

 Tateyama air base, 27 Jul 2014. Sky clear.

 まず岸壁地区にて。工事で削石していて埃が凄かったです。それよりも、またミラーにほこりが付いていたのに気付かなかったのは不覚でした。

「輸送艇2号 (LCU-2002)」、ランプを開けたところ。(*1)
LCU #2 (LCU-2002) open up the lamp.
海上保安庁の35m型消防巡視艇「たかたき (PC57)」。
Firefight and Patrol Craft "Takataki (PC57)",
Japan Coast Guard, from LCU #2's lamp.
輸送艇2号の上部構造、6砲身20mm機関砲が見える。
Upper structure of LCU #2, you can see 20mm gatling
gun (six barrels).
260t型曳船「YT-66」
260t tugboat (YT-66)

*1 3トン半トラックなら2台を積載・卸下可能。この艦種は海外の類例と比較すると非常に少ない。なお、後ろに国交省の油回収船がいましたが、撮影チャンスを逃しました。

 館山航空基地へ移動。

SH-60J (21空8272) SH-60K (21空8416)
即席版 SH-60JとSH-60Kの見分け方 SH-60Kの左後部。SH-60Jのフレア・ディスペンサーは
右側面1基だが、SH-60Kではここに2基増設され、
合計3基となっている。

注)下手なので断っておきますが、以降の写真は、ほこりをフォトショでレタッチしたりしなかったりしてあります。
note) From next photos were retouched for erase dusts using with photoshop (or not).
タキシングするUH-60J救難。73空の8978と8975
UH-60J rescue ver taxing 73FS 8978 and 8975
ローター端にベイパーが見える(*2)。
You can see vapor at rotor tip.
78号機の消火デモ。
Firefighting demonstration by #78.
75号機の救難デモ、救助員の降下。
Rescue demonstration by #75, rescue clue doing
"down the rope".
塩害対策の洗浄。
Washing salt.
地上展示のためのトーイング。
Towing, prepare for ground display.

*2 ヴェイパーが片側にだけ見えるのは、ローターの空力や速度が左右で違うため。この現象についてフェザリング・フラッピングと、ヒンジの機構的な特徴などなど色々踏み込んで書くと、ヘリの飛行原理の説明になってしまう。とりあえず簡単バージョンの説明としては、写真向かって左のローターは空気を切っているため、ローターの回転速度が遅くなる。それに対し、向かって右のローターは逆側ほど空気を切っていないため、相対的な速度が増す(左右のローターが直線を為していない点にも注目)。相対的と書いたのは、メインローター全体の回転速度は当然ながら一定のため。

展示飛行を終えたUH-60J 75号機への給油の模様。
Refuel to UH-60J #75.
海自はモリタと思っていたらストライカーが入ってました。
Oshkosh Striker firefighting vehicle.
厚木51空のUSH-60K。
USH-60K (51FS, Atsugi).
USH-60Kの機内。SH-60K量産機と異なる点が多数ある。
Inside USH-60K. Different point exist between mass-
product version of SH-60K.
帰投準備をする陸自4ATH(木更津)のOH-1。
JGSDF OH-1 of 4ATH (Kisaradzu), prepare to RTB.
機体を風に立てて離陸するOH-1(*3)。
OH-1 taking off, against wind flow.
海上保安庁のBell 412。
Bell 412, Japan Coast Guard.
離陸。始動性、離陸まで必要な時間、機敏さ、全てに
おいてUH-1系と違うのが見て取れました。
Taking off. Sequence of engine start, using time of take off,
agility ... clearly see diferent between UH-1s.

*3 ヘリに限らず固定翼機も、風に向かって離陸するのが基本です。自前の推力だけではなく、向かい風を揚力の足しにします。この要因が重要なので、風向きによって滑走路の使う向きが変わります。斜めないし直交の滑走路が必要なのは、横風だと揚力が稼げないどころか、風力によっては危ねえからです。

館山航空基地 2015年10月04日

 まず、まともに撮っていなかったゲートガード gate guards から。

HSS-2B 南極観測仕様 (21 8185)
HSS-2B, for antarctic observation.
HSS-2B 対潜仕様 (124 8085)
HSS-2B, ASW version.
SH-60J (124 8221) B-65 (オ 6726)

※「HSS-2」はこの機種の初期の米海軍制式名を踏襲したもので、米海軍は後に「SH-3」と改名した。シコルスキー社の型番は「S-61」。

 飛行展示:

SH-60K 3機による編隊でのフライバイ。この後、
機動をみせておりました。
Fly-by with Three SH-60Ks. After this, we performed
demonstration of the mobile flight.
こちらは救難仕様のUH-60J 2機。
Two UH-60J rescue version.
水の入ったバケットをスリングするUH-60J。
UH-60J sling fire extinguishing demo.
ホイスト救難展示に入るUH-60J。
UH-60J preparing rescue demo.
地上で救助の準備を行う救助員。
Rescuers are preparing for rescue demo on the ground.
ホイスト吊り上げ。
Lifting up with hoist, demonstration of rescue.
塩害対策の洗浄。
Washing against salt damage.
体験搭乗はSH-60Kが2機使われておりました。
うらやましい。
Flying for flight experience with two SH-60Ks.

 地上展示機:

陸上自衛隊 CH-47J (HGPV JG-2917) 陸自 AH-1S (4ATH JG-3463)
陸自 UH-1J (EH JG-1804) (*1) 海上保安庁 Japan Coast Guard AS332L1
(JA6805, MH805 わかわし)
横浜市消防局 Yokohama city Fire Dept.
AW-139 (JA152Y, はまちどり2)
神奈川県警 Kanagawa pref. Police Dept.
AS365 (JA03KP, たんざわ)
毎日新聞 The Mainichi Newspapers
EC135 (JA20MP)
読売新聞 The Yomiuri shimbun
Bo105 (JA134Y)

【追記】 *1 IRジャマーが付いている点に注目

 帰投 RTB

海上保安庁 AS332L1 (JA6805, MH805) 神奈川県警 AS365 (JA03KP)
横浜市消防局 AW-139 (JA152Y) 毎日新聞 EC135 (JA20MP)
読売新聞 Bo105 (JA134Y) 陸自 UH-1J (EH JG-1804)
陸上自衛隊 CH-47J (HGPV JG-2917) 陸自 AH-1S (4ATH JG-3463)

 1,853枚撮影。


(謹告)不審な点、誤記・記述の誤り、リンク間違いなどの建議的な連絡がありましたら、電子メール(diagraph01@ab.auone-net.jp)までお願いします。Discordにサーバを立てていますので、そちらを掲示板代わりにすることも歓迎します。
(ご注意)twitter上では見逃す可能性が高いので、個人的には歓迎しておりません。FaceBookのアカウントはありますが、事実上、利用していません。
(一般的ではないご注意)防衛省・自衛隊・在日米軍など関係各所の皆さんで「それは困る」といったものがありましたら(ないと思いますが)、同じようにご連絡下さい。
(Notice) Please e-mail to me (diagraph01@ab.auone-net.jp) if you have any constructive suggestions, susch as suspicious points, typos and errors including link error. And I have server in Discord, so it's also welcome to use that as a bulletin board.
(Caution) It's not likely to be personally welcome as it's probably missed on twitter. I have a FaceBook account, but I'm not using it actually.
(Not a general notice) If you have something trouble or inconvenient in the MoD Japan, JSDF, U.S. Forces Japan or related stations, please contact me as well (I think there's no problem, just in case).

取材記録ページへ to photos main page / MMDモデルのページへ to MMD models page / トップページへ to top page